見ようと思わんと見えんし、
一方から
光をあててても見えへん!

そんな当たり前のことに
ある出来事から
再認識させられました。


朝のジョギング中、
切り揃えられた
植え込みから
無数の
キラキラしたものが!

何や? 

と思って、
目を凝らして見たら
蜘蛛の巣🕸についた朝露が
太陽に反射して
キラキラと光ってたんです。

えっ、これみんなそうなん?
ってくらい沢山あり、

「ほとんど
毎日のように走ってたのに
今の今まで
気づかへんかったんや
ホンマ目、節穴やなぁ」と
自戒と同時に
「注意を向けないと
気づかへん・見えへんこと
一杯あんねんな」って強く
思わされる朝の出来事でした。


周りのこと見なアカンやん!