世界の二強の一角、中国
その最初の
統一王朝、
秦に続く、「漢」
漢字や漢民族といった
言葉にもあるように、
その後の中国の礎となった
この王朝の成り立ちを
理解したいと思ったからです。

特に「新」「後漢」の
しっちゃかめっちゃか感の
理解を
ちょっとでも深めたいと
思ったからです。

OdilvH29k1.jpg

自分にとってのポイント

1:
横山光輝好きとしては
外せない
「項羽と劉邦」
「三国志」
の、
項羽と劉邦の
イデオロギーの違い、
そしてその違いからくる
構造的な体力の違いと
そこからくる結果について
わかりやすく述べています。

同様に
三国志における
曹操と劉備の違い、
そして
この両者については
イデオロギーの違いの
背景まで
しっかり描かれていて
読み応えがありました。


2:
宦官と外戚
中国の歴史を
読み解く上で
欠かせない
ファクターの両者、
この両者が
なぜ権力を
持つことができるのか?
この両者の弊害を
知りながらも
抜本的な対策が
近代にいたるまで、
なぜ打てないのか?
考えられる理由、経緯が
本書で述べられており、
勉強になりました。


それでええ
やん!