月別アーカイブ / 2019年02月

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2473.JPG

2019年2月10日、
愛媛県松山市で
開催された
愛媛マラソンに
参加してきました!

前日の荒天の影響で
松山行きの飛行機が
いくつか欠航になり、
まず、
スタートラインに
並べたことに感謝して
レースに臨みました。


これで3度目の
愛媛マラソン挑戦です。


これまでのレースでは
必ずどこかで
バッタリ止まって
歩いてしまうシーンが
あったので
今回は
まず止まらないように
注意して入りました。


慎重に
レースに入ったのですが
袋井、加古川に続き、
いい走りができました。


意識して、
「ここからここまでは
ゆっくり走るゾーン」
って自分の心の中に
設けることで、
突っ込み過ぎ、暴走を
抑えることができ、
最後まで走りきることが
できました。


はっきり言って
少しずつではあるけど、
43歳のおっさん、
進歩してます
(^O^)/


今回も
「ねこまどタマ」の
看板をつけての
参戦でした。

これつけて
レースに参加する以上、
歩くわけには
いかんよねー(^。^)
意地で
最後まで走りました。


レースを
企画運営いただいた
スタッフ、
ボランティアの方々
皆さまに感謝いたします!
ありがとうございます😊

愛媛マラソンは
知事も市長も参加しています。
お二人の激走から
このイベントをみんなで
育てていこうという強い意志を
感じます!

Qちゃんの
「愛媛マラソン、だいすき!」は
めっちゃいいです。


しっかり頑張れたやん!


ちょっと前に
読み終わりました。
会社の
書籍共同購入で
「上から目線」
キーワードが
目に留まって
購入しました。

SaFupXyw54.jpg


本書は
大まかにいえば、

・「上から目線」が
気になってしまう

・「上から目線」に
なってしまう

・なんでそうなる

の流れで
大まかに
構成されています。


私自身が
気合いを入れて
読んだのは、

・「上から目線」に
なってしまう

のところです。


職務上、
同僚、派遣さん、
パートさんや
上司、お取引先などに
指示、連絡、
依頼、交渉をする中で
「上から目線やな」って
勝手な被害者意識を
植えつけないように
するには、
どう振舞えばいいか?
事前に学びたいと
思ったからです。


どういう人が
「上から目線」を気にする。
逆にどういう人が
「上から目線」に
なってしまうか?
そして、なぜ
今、日本でここまで
「上から目線」が
自然なキーワードとして
取りざたされているのか?
その堀り下げは
しっかりしていますが、
それを
どう乗り越えるか?
については
少しアバウトかなぁ?って
私は思いました。


とはいえ、
それはそれで、
むしろ
自分で考えた方が
いいかも?
あるいは実は
「上から目線」なんて
気にしなくても
いいのか?と
思えた部分もあったり、
単純に答えが
書いてあるよりよかったと
受け止めてます。


色々考えさせるやん!



ラグビーワールドカップ2019の
キャッチコピーは
「4年に一度じゃない。
一生に一度だ。
- ONCE IN A LIFETIME -」


2019年2月2日、
BSの番宣で
見て気になっていた
この番組を見ました。


走るときに
心に留め置きたい言葉を
二つ学びました。


・走ることは喜びの表現

・早く走るためには
スピードトレーニング!


子どもたちへの
指導の中にも
フォームで
意識すべきことや、
レース中の
心がけなど学ぶことが
ギッシリ
詰まっていました。


見た後、
さっそく走ってみたら、
これまでと違う感じが!!
これからも練習の時、
教えを意識して
自分の身につけ、
より走りを
楽しく表現したいです。


それにしても、
このシリーズは
いつでも、どの種目でも
次のステップへ
行くために必要な事を
私たちに授けてくれます。


これはすごい番組やん!


ラグビーワールドカップ2019の
キャッチコピーは
「4年に一度じゃない。
一生に一度だ。
- ONCE IN A LIFETIME -」

↑このページのトップへ