月別アーカイブ / 2020年04月

コロナも、

大気汚染と、グローバリゼーションと、経済発展と、関係が無いとは言い切れない。
と、言われている。てか、バリバリある。

となると、問題解決の鍵はSDGsにあるわけで。
_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4229.JPG
僕の心のスイッチが入った瞬間は、
炭素、石炭、エネルギー問題で、世界の最前線で長らく活躍して来られた、群馬大学の宝田恭之特任教授へのインタビューで、
先生が仰られた一言に尽きます。
僕「脱温暖化のためにはどうすればいいですか?」
先生「一人一人、みんなの感性を育てる、しかないでしょうね。」

これが今も変わらず僕の今の根っこです。


動画を一本どうぞ!秀逸です!

みんなが思ってる。感じてる。
どうして?は、すべてそこにつながると思ってて。
コロナも、気候変動も、楽しくて優しい社会も、
鍵はすべてそこにあると思ったら、

かえってスッキリしたってやつです。


楽しくて優しい社会を作る

▶︎YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCE-sXMRRK7Qi7hC35P3038A

▶︎Facebook:https://www.facebook.com/teppei.tomidokoro

▶Instagram:https://www.instagram.com/tomitetsu823/

▶Twitter:https://twitter.com/tomitetsu823

▶︎ブログ:https://lineblog.me/tomitetsu823/

最近、コロナの話題ばかりでしたので。

福岡の立てこもり事件。
3歳の妹を置いて先には出ていけないと、
開放を拒んだ6歳のお姉ちゃん。

ウチも姉妹だし、年齢差が一緒だし。
ウチのお姉ちゃんも同じこと言いそうってくらいに、
最近、お姉ちゃん、お姉ちゃん、してきました。

泣けたねー。
泣けたから、嫁にも聞かせて泣かしてやろうと思って。
嫁も泣いたけど、
向かいで僕もまた泣いてたねー。

_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4216.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_144APPLE_IMG_4215.JPG
いまだに #えんとつ町のプペル と #ちきさなあなたへ は、

子どもたちに、
最後まで泣く事なく読んであげられない。


声に出して、伝えようと思って読むと、
それだけ自分の心も震えてしまうって事なんだろうな。

声に出すって大事。
外には出れないけど、
声は出してこう。口角上げてこう。乗り越えよう。

楽しくて優しい社会を作る。

https://www.youtube.com/channel/UCE-s...
▶Twitter:https://twitter.com/tomitetsu823
▶Facebook:https://www.facebook.com/teppei.tomid...
▶Instagram:https://www.instagram.com/tomitetsu823/

毎日更新される日本地図の数字を追わなくていい。
怯えなくていい。‬
てか、テレビを見なくていい。

自分が保菌者だという意識を持って、
必要以上に怯えることなく、
他人に"うつさない"って意識を常に。
withコロナ

‪ひとりひとりが発信者になり、
情報が溢れ、転用されまくり、
提供側の責任は薄れ、
提供側の品位は地に落ちた。

受け取る側が情報の取捨選択が難しくなったように、
提供側も同様にその能力を失ってきていると思う。
それほどに情報量も多いってこと。

受け取る側の方で、それぞれが、ちゃんと考えなくてはいけない。
一億総発信できる権利から生じた、新しい責任。


だからこそ事実にのみ基づいて、そこから論理的に。ロジックで。積み重ねる。
(ファクトベースというそうです。)

‪アメリカの空母では600人感染の60%以上が無症状感染者。‬
‪ダイヤモンドプリンセス号で50%程度。封じ込めは不可能に近い。‬
‪ひとりひとりの、人にはうつさないという高い意識が必要。‬
‪日本はそれをやれるほどみんなの意識は高くないし、そうできるほどの正しい情報をみんなが共有できていない。‬

無症状保菌者が想像以上にいるって事だから、
"終息"のための自粛は終わりがない。終わらない。
選択としては、"収束"の方。
あくまで医療機関の混乱を防ぐための、
守れる命をできるだけ守るための自粛。
この感覚がwithコロナで、コントロール。

事実と、データを重ね合わせて、
知ることで見えてくる正しい戦い方。


何よりもいま、気をつけたいのは高齢者への感染。
医療系、介護系で働かれている方の日々の不安と緊張は、なによりも明らかで。
僕たちの辛抱は、そこ一点に集約される。
踏ん張ろう。

凄く怒る人がいる。
でも考えて欲しいのは誰にだってリスクはあるはず。
そんな中で、情報もなく、意味もわからず、実体もつかめないまま、心臓だけは握られている感じ。
終わりなき自粛に、心身共に疲れ果てるのもわかる気がする。


それでもこの結果は自分たちの選択の結果がもたらしていることだから。
国、地域、経済、組織、
一回ひっくり返すぐらいの勢いで考えてみた方がいいかもね。
そのあとに、楽しくて優しい社会ができるんだったらそれが一番、良いじゃんね?
本当に思うよ。


‪チェック‬
‪無症状でも肺には損傷?‬
‪年齢、人種、生活環境等での症状の差が激しい。‬
‪人為的に作られた可能性あり‬
例年、肺疾患で亡くなられる方の人数、インフルエンザで亡くなられる方の人数、
それに対しての今年のコロナ影響


↑このページのトップへ