月別アーカイブ / 2019年02月


に、なりました

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0868.JPG

こんばんは

Twitter、Instagramに
溢れてしまうほど、沢山のメッセージ
ありがとうございました

皆さんからおめでとうと言われ
そうか、私誕生日なのか、、
今日は祝われる日なんだ、、と

小さい頃は
あんなに誕生日が楽しみだったのに
どこか冷めてる自分に
ピュアさの老い
みたいなものを少し感じました


19の始まりは
なかなか濃い日でした

いつか終わってしまう
そして終わってしまったら
作品が作品として
残り続けたとしても
私はまた違う人の人生を
生きなければいけない

役を生きるって
なんて切ないんだろう、と

難しくて、寂しくて
こんなにも苦しくなるのは

役の気持ちなのか
自分の気持ちなのか
その揺れ動く境目を
上手くコントロール出来ず

向き合う相手の方には
上手くキャッチボールを
してあげられてないのかな、とか
きっと、気持ちが入りにくいことも
多々あるんだろうな、とか

技術とかテクニックとか
私はよく分からないし
私自身がその技術とやらを
持っていない
ものだと思っているので

相手と連絡を密に取る事も
撮影以外で会う事も
その時その役その人との
フィーリングの中で
沢山する場合はもちろん
なかなかしない場合であっても
距離と信頼は
とても大切にしてきました

けれど、正直
自分の行動や言動に

空回りすることも多いし
重くなることも多い

それでも相手はいるわけで

分かってもらえると信じるしか
信じてもらえると信じるしか
私には出来ないんだな、、

なんて改まりながら
自分の向き合い方を肯定してみました

"そんな簡単にハタチになれると思うなよ"
と、ばかりに
いつも以上にアップダウンが激しく
忘れられないくらいに
迷い 見失い 考え、戻り
大切で
大、切ない
誕生日でした

ほんと、なんて切ないんだろう

そんな日に
いつもと変わらず
そばにいてくれた3Aの皆さん
どうもありがとう

お祝いもありがとうございました

UIRUkZz3zL.jpg

撮影の後
はるぴょんと、堀田さんが
家に来てくれました

はるぴょんの手作りケーキと
堀田さんセレクトのプレゼント
私の温度を超えて我が家の温度が
とても上がりました

華も、私も
素敵な仲間に出逢えたな、と
ちゃんと、ちゃんと
噛み締めて
眠った気がします

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0871.JPG

19

やってみたいこと
自分から遠ざけてしまっていたこと
に、チャレンジしていけたら
もう一度触れられることが出来たら
いいな

その延長線上で
皆さんの元へ
少しでも届けることが出来たら
尚、いいな

と思います

変わらず、見守っていただけたら
嬉しいです

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0870.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0869.JPG
photo by 果耶

「力抜いて、素直になってみようか」

3A #8で
とても好きだった言葉

消えちゃうのが分かっているから
焦るんだろうな
寂しいんだろうな
だから距離を置こう、と
してみようとするんだけれど
それもそれで悔しくて
だいたいうまくいかなくて


素直になって、みませんか?
一緒に


ラストティーン!楽しみます!







oYh18kOXy7.jpg

こんにちは
日曜日です

珍しく、この一週間が
とても長く感じました

#7
沢山の感想
そして想像以上の反響に
何度もしみじみとなっておりました

とうとう#8です
途端にあと少し、、と感じてしまうのは
私だけではない、はず

まだまだ終わりません
ここからです

そして#7から一転
華の心も
少々慌ただしく、、荒々しく、、笑

お楽しみに


今夜も、是非




3A #7
ご視聴ありがとうございました

お気づきの方も
元々知ってるよ!という方も
いらっしゃるかと思いますが

ソロモンの偽証以来
約4年半ぶりに
3Aで再会出来た戦友が二人います

望月歩
若林時英 

二人の姿を見ると
色々なことが溢れます
新しい嬉しさを沢山見つける
と、言いますか

あの頃の考え方や、秘めている想い
それぞれのスタンスさえも
随分色がつき、変化している
だけどどこか
懐かしく感じたりもして

魚住や華と呼ばれることへの
新鮮さも、落ち着く声も
撮影が終わると
松子呼びに戻ることも

全部全部、安心する
そしてとても心強い
そんな存在です

dhn_vd0Oxe.jpg

#7は、歩が演じる
"瀬尾雄大"との大切な回でした

#7の撮影に入る前日
「信じて芝居するから宜しくね」
と、メールをくれた歩

おおきくなったね

年齢はひとつしか変わらないので
妙な気持ちだな、とも思いつつ

出逢った頃を思い出してみると
私と対して身長も変わらず
お目目がまん丸で
あどけなくて

なのに、なのか
やっぱり、なのか
もうその辺りの表現は
なかなか言葉では伝えにくいのですが

こい!と
両手を広げてもらえた気がして
メールを二度見した途端
目も心も熱くなったのを覚えています

おはよう、よろしく の コツン
おつかれ、またな の コツン

瀬尾と華のように
私もまた、撮影の始まりと終わりにする
歩とのコツンが
この上ない力になっていたことは
きっと作品にも
密かに溶けてくれたことと思います

8crKXqfhTX.jpg

ソロモンの偽証で出逢った戦友と
いつか、また
それがずっと目標のひとつでした

叶ってしまって
嬉しいような、寂しいような

だから
いつか、また
こい!と言ってもらえるように
正面に立って
ちゃんと目を見れるように
貪欲に頑張っていきます

大きな信頼と尊敬を込めて

歩ありがとう
時英ありがとう

最後の最後まで走り抜こうね

65jnw4EzI_.jpg

↑このページのトップへ