人生で色んな人と出会ってきた。
悪いやつもいい人もいた。
記憶の中で忘れられないこともある。

みんなこの人生という物語をどう生きるのだろう。

僕はもうこの道へ進みたい
そういう気持ちでいるのに
遮られてももう気持ちがついていかない。
逃げでも負けでもないし
新しい旅立ちだからそう行ける

悲しい部分や辛い部分もあるけど
気にしてちゃ前に進めない。

偽りの自分にサヨナラして
本当の自分に出会おう。

僕の人生は僕のものだ。


職場の人に
『生き急ぎすぎちゃう?』とよく言われる、

たしかにそうかもしれない。
すごく『死』を意識してる。
だからこそ大胆な行動がとれるんだとも言える。

なぜこんなに死が身近に感じられるのだろう。
色んな人があっけなく儚く
死んでいく様を見てきたからだと思う。

だからこのまま死にたくない。
生きた証を残したいって
強烈な動機が僕を無謀な走り方をさせる。

死ぬまでひたすら走り続ける
夢へと向かって
もう誰にも止められない。

世の中には2種類の人間がいる。
周囲と同調して
協調してはみ出さないように生きていく人
もうひとつは対立を恐れず
自分の生き方を貫く人

僕は後者だ、基本的には喧嘩はきらいだし、恐ろしいぐらい我慢強い性格だと思う。
けれど絶対許せない一線を超えたり
家族や仲間を侮辱されたら
もう怒り爆発。絶対に闘う。絶対に許さない

それが僕の生き方、信念だから
誰が相手でも、どんな利害得失があっても関係ない。命懸けで闘う。

この生き方はぶれない。
信念を放棄するぐらいなら死んだほうがマシ
信念を守ることに人生かけているから

信念に生きて信念に死ぬのが
僕の目標

どんなけボコボコにされようが
どんなけ不利でも
迫害されようが
自分が正しいと思ったら貫くのが信念 

生涯貫いてこそ信念



権力や不正義、不道徳な輩には
反骨精神で絶対に負けない。必ず最後には勝つ。絶対勝つ。


↑このページのトップへ