当たり前のようにかけてくれる、その言葉一つ一つに幸せを感じてる。

たとえ勘違いでも、その瞬間ちょっとでも嫌な気分にさせてごめんなさい、言葉や配慮が足りなかったと反省してます。でも本当に会えるのを楽しみにしていたし、会えて嬉しかったし楽しかった、そして、そういう存在でいてくれてる事に凄く感謝してます。

またしばらく閉じます…少しだけ。

↑このページのトップへ