2022.5.4
東京女子流 12th Anniversary Live
 *物語の1ページ* 
@ LINE CUBE SHIBUYA

















とっても愛おしくて温かい時間を
ありがとうございました。


今でもふとした瞬間に
あの日の景色が蘇ってきます。















独りで居るとネガティブで
様々な感情と向き合いながら
時には葛藤しながら
な毎日だけど、
ライブをしている時だけは心から
楽しくて、嬉しくて、幸せで、
私はこの時間が、
みんなと過ごすこの空間が、
そして、歌って踊って表現することが
好きなのだー!
と。

写真やアーカイブを見返した時に、
偽りのない自分の姿がそこにありました。





























夢の中に連れていってくれてありがとう。




























12年。




"12年?!凄いね!"
"12年間同じことをやり続けるの凄いね!"
と言われることが増えました。



確かに。
12年って、凄いのかもしれない。

自分でも驚くし、不思議だと感じる時もある。

けど、思い返してみた時に
"同じことをやり続けている"という感覚は
良い意味で、あまり無いのかもしれない
なーんて思ったのでした。



声も身体も、生活する中での感情も
些細なことでさえ日々変化していて、
その度に自分はどう表現していくのか、
常に変化に向き合い、
それと同時に刺激になり、
結果、今の自分がある気がしました。




自分の変化、時代の変化と向き合ってきた
12年間だったな。





どんな時でも
メンバー、
スタッフさん、
女子流を好きになってくれた皆さん、
の存在がそこにはあって、
みんなと少しずつ重ねてきた時間が
気付いたら12年。
一緒に歩んできた12年。
凄いなー。
本当にありがとうございます。












ここまで続けてきた理由は色々あるのだけど、
その中の理由のひとつがこのライブを通して
自分の中ではっきりした気がしました。

言葉足らずだったかもしれないけど、
MC中に自分の言葉でお話しさせていただいたので
伝わっていたら嬉しいな。













そして、12年間
様々な出来事を共に過ごし
もう十二分な程の時間を過ごしてきたのに
それでもまだ一緒に叶えたい夢があって
全員がおんなじキモチで歩み続けられている
メンバーがいるという事。

私はとっても誇りに思っています。

同じ歩幅、同じ熱量で歩み続けられることって
当たり前ではないと思うのです。

そんなメンバーに出逢えたことが
私にとっての大きな財産。













1/1にサプライズで発表され、
5/4までの約5ヶ月間、
自分自身の在り方やライブへの身体作り、
様々な面で向き合い直し、
全てをこの日にかけてきました。



1週間前からずっとそわそわしていて
なかなか眠れない日々が続いていたのは
ここだけの話(笑)

(当日の朝はアラームの音が聞こえない程
熟睡していたけどねっ笑)

ライブ中は夢の中にいるかのように幸せな気持ちになり、感情のダムが決壊。

終わってからはまた葛藤の日々…



そんなゴールのない、果てしない旅であり物語。



またみんなで笑い合える日の為に
きっと、これからの日々があるのだと思う。














この12年間、
応援してくれている皆さんの存在に
何度もパワーを貰ってきました。




私たちを照らし続けてくれてありがとう。

(ステージから見えたみんなの姿、素敵だったな。)
(今回会えなかったみんなにも早く会いたいな。)




私も、皆さんの心を動かせるような活動を
たくさんしていきたい。


12周年WEEKのときにもお話したけど、
まだまた叶えたい夢、女子流としてやりたいこと
がたくさんあるので、
ここからまた地に足を付け頑張っていきます。


たくさんの嬉しい報告と、
夢のような景色を届けられるように!



これからもどうぞ宜しくお願いします!
















大切な時間を女子流と一緒に過ごしてくれて、
新たな1ページを一緒に紡いでくれて、
ありがとうございました!
楽しかった!!!!!!!!!!!!!!!!
















全ては5/4のライブに込めたので、
是非アーカイブでもお楽しみください!




12:00〜SHOWROOMにて
一緒にアーカイブを観る会やるよ☺︎






最後まで目を通してくれてありがとう☺︎










Twitter

Instagram