ネットで話題の家事分担。
そしてナデジョ様のご相談に
お答えしつつ書きました。


とどのつまりが基本のメス力に
すべてかかってるという事です。

ところで今回の記事ですが、

やれ、うちは旦那が
家事負担多いからより幸せだ、

うちは全然してくれないから
愛されてないのか?

私は家事負担100%だけど
別に幸せだよ?
これ間違ってたの?


いえいえ、
そういう幸せ度を測る様な
話ではありません。

夫婦お互いが納得して、
心地よく過ごせる為には?

という話でございます。


ちなみに、
今、日本は約6割が共働きです。

共働きなのに、
家事育児丸投げされて
困ってる女性が
たくさんいるのだろうなぁと、
容易に想像出来ます。

専業主婦でも、
育児しながら家事となると、
とてもじゃないけど手が回らなくて
困ってる女性もいらっしゃるはず。


ドイツの叔母は共働きですが、
あちらの男性は
当たり前に家事しますし、

何といっても
家庭を第一に大切にする
土壌が社会全体を通して
日本よりはるかに整ってます。。。

ハウスキーパーも当たり前で、
週一来てくれると
叔母は話してました。



日本では、
働く母親ばかりが
優遇されてる様に感じ、 
不満のある方も
いらっしゃると思うのですよね。。。


ドイツでは、
体調不良でサクっと
休むのが当然らしいですし、
(⬆︎有給とは別に)
夏休み等も長い!!

そこには、子持ちだから、独身だからとか関係なく対等だと
叔母が語っていました。

もう少し時間は掛かるかもしれませんが、ひとりひとりのプライベートの生き方も尊重される世の中に変わればいいなぁと思います。

多少の不便さは覚悟でね。

サービス求め過ぎ、
長時間働き過ぎ、
そんなの精神的にタフじゃない人は
ぶっ壊れるわ。


誰だって幸せを感じる余裕が欲しい。
それにはお互いが協力したいよね。


_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1964.JPG



その1


その2
家事分担と男性の本音について
〜男性はロマンティスト〜


その3
家事分担と男性の本音について
結婚生活は男性が主演


その4
完結編


その5
家事分担、頼み方などなど。



全て読み終えた方、
ありがとうございました!

実戦感想お待ちしてます💋


LOVE AND FREE
神崎メリ