月別アーカイブ / 2016年11月


TOKYO NADESHIKO MERIです。


今日は事実婚について
考えてみます。










かなかなちゃん


私なりに考えた事を書いてみますね!
辛口だったりする部分もありますが、
あくまで「MERI個人」の考え方なので、
なにが正解だとかという訳では
ありません。m(__)m




義実家との揉める理由
あるある


義実家視点
「自分ファミリーの傘下が増えた」

夫婦視点
「自分達は独立したファミリー」



自分達の傘下感覚だから、
あれこれ指図するのが
当たり前だし、
自分達の都合に合わせて行動させるw

傘下がいう事聞かないなんて、
飼い犬に手を噛まれたも同然w
とんでもない言うこと聞かない鬼嫁w
 

私もこういう感覚、
絶対無理w


自分の親にも
私生活はじめ生き方等
干渉されるの 
苦手なタイプですw




かなかなちゃんが、
事実婚選択と聞いて、
義実家問題だろうなぁーと
思ってました。
念のため聞かせてもらいましたm(__)m


過干渉な義実家(主にお姑さん?)
と一生付き合うには、
旦那が盾になってくれなければ
無理です。


ストレスで精神的に潰されるし、
ちゃんと盾になってくれない
旦那への愛も冷めます。


お姑さんにイビられて
旦那も庇ってくれなくて
離婚した夫婦が周りに数組います。



かなかなちゃんが最初に書いてある、

「結婚しない人生、
子供もいない人生はダメなのか」

これって、第三者から見てですよね?

他人から見てどう思われようと
関係ないですよ。



大切なのは、
自分自身が人生に
納得しているか?

この一点です。



この一点が大切だからそこ、
自分の本音と
とことん向き合う必要が、
あると思います。

時に本音というのは
自分自身にすら
不都合だったりもします。

でもここから逃げちゃいけないと
私は常々思っています。



私は離婚という選択を
選んだのですが、

「本当にこれでいいのか?」
「本当に後悔しないのか?」

「自分が死ぬ間際、
いったいどんな人生だったら
良かったと思えるのか?」


夫婦のこと
専業主婦であった自分の立場
世間体
年齢
双方の親のこと


背負っているもの
全てを一回置いておいて、

「自分は人生どうしたいのか?」

とことん向き合いました。


その上での決断でした。





私がかなかなちゃんだったら、


「本当は彼が盾になってくれるのなら
結婚したいのではないか?」

「本当に結婚したくないのか?」

「事実婚でも彼と添い遂げたいのか?」


ここを逃げずにとことん考えます。



それで、
本当は結婚したい!
という本音に
ぶつかった場合、



彼と結婚したいのか?
      ↓
きっと長い付き合いの中で、
自分が去らないと安心している。
お姑さんもめんどくさい人だから
今のまんま楽にしてたいんだろう。
    ↓
彼が意識改革するには?
    ↓
安心させすぎていた。
    ↓
彼から去る前提で動いて、
彼にどうしたいのか、
こちらから言わずに考えて貰おう!
    ↓
本気で手放しなくないなら
彼は動く。





結婚がしたい。
でも彼との結婚は難しいだろう。
   ↓
全てを白紙に戻して人生をやり直す。




事実婚という選択肢に
戻ったなら、


徹底的に事実婚について調べて、
法的にできる範囲の事を
速やかに対応しつくす。



昔、派遣で信託銀行で
働いた事があって

1番驚いたのが

「事実婚でも遺族年金は受け取れる」

事でした。
※企業によります。


その一方で、
遺産の相続権はありませんよね。



これから、事実婚として
長い人生を共に過ごし
老後に備えて二人で協力し
財産を築き上げても


法的に対策していなければ、
彼の財産は
全部親族に持っていかれます。


彼の老後の介護等、
いくら献身的にしていようが…


お金のことってすっごく大切です。

しかも血の繋がった身内であっても
遺産問題は揉めます!


これから、40代、50代、60代と
歳を重ねる中で
身に染みてお金のありがたみが
分かるはず。




事実婚で内縁の夫婦として、
共に助け合いやりくりしてきても
相続権がない。


もちろん、彼にとってもですが…。


「いいですよ、
私達は事実婚でしたから。
財産は全てお持ちください。」


自分が60代になって言えますか?
私には無理です。




後は、嫌な話。

彼が50代になって
突然他の女性と結婚した場合。

法的な妻の様に
護られる立場ではない。



結婚って、妻って、
そういう意味で、
社会的に護られる立場なんですよね。


結婚しなければどうのこうの、
ダメな人生うんちゃら

という問題じゃなく、


私がかなかなちゃんの親族なら、

「本当にその覚悟出来てるの?
それでも彼がいいの?
どうして盾になってくれないの?
結婚して共に人生あゆむ
選択肢はないの?他の男性とでも。」


と、投げかけると思います。





事実婚を選択しているなら、
とことん
シビアに対応
してみてください。



カネカネうるさいと引いちゃうんでw
相手を立てて、
可愛いく甘えながら(*´-`)




もし充分手を尽くしてるなら、
余計なお世話失礼しましたm(__)m





ちなみに…
お姑さんが亡くなるまで、
事実婚で暮らしてたご夫婦知ってます。

まだ時代的に「家柄が〜」
とかあった年配の方。

今も相応ラブラブですよ。


事実婚であれば、

「いつかぼくちん
捨てられちゃうかも?」

そう、経済的、精神的にも自立して
でも転がし上手の甘え上手で、
ほんのりスリルを
感じさせてあげるといいかもです💋(笑)

事実婚だからこその、
メス力どころって
あると思うのです💋


このまんま結婚したら
離婚になるだろうという勘は
絶対に当たっています!!

その辺見て見ぬ振りをして、
臭いものに蓋をして
結婚にすがる女性も多い中で
かなかなちゃんは芯が強いと思う。


結婚ってそこまですがりついてまで
するものじゃないと思うのね…。


素敵なマイホームに
一姫二太郎に恵まれ、
経済的にも豊かで
何不自由なく見えても、
どう言うわけか
満たされない人はたくさんいるもの。

大体、夫婦不仲、、、。



私はパートナーとの円満こそが、
人生を輝かせる秘訣と
信じています。




その為には、男性心理、
すなわち男性のこころを
知っておく必要があると。

メス力の事です💋


自分にとって納得のいく人生。

これが何なのかを
考えてみてほしいです。



もし、今の選択に充分納得が
いっているのなら、
外野の言葉は聞かなくていいのだと
私は思いますよ!!





なにか1つでも
ヒントになればm(__)m










LOVE AND FREE

MERI


おはしこー♡


先日こんな記事を書いて、
ナデジョの皆様の
面白い体験をたくさん読みました♡


↑読んでない方はコメントも
要チェック!
人間の不思議を感じます♡

KOTOちゃんとか
めっちゃ久しぶりじゃんねw


今朝の夢、
子供が出てきたよ〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
バッチリお顔を拝みましたww

正夢になるかな?w


現在妊娠7ヶ月↑


本当にあの顔で産まれたら、
ご報告しますw


ちなみに妊娠に
私が気がつく前に
お相手が夢見てましたw

 


あと3ヶ月…
信じられないなぁ。。

皆んなに頂いた
情報元に準備せなw







LOVE AND FREE

MERI


おはしこ♡


TOKYO NADESHIKO MERIです♡


マグロ女に
幸せは訪れない。



皆様、感謝・感激しやすい
ビンカンなハートをお持ちですか?

無反応な女はそれだけで罪。





さて。




金曜朝イチから


おいおい
MERIさん下ネタか! 

と思った人は
素直に手を挙げなさい。


   
         ∩
       ||
       ||
   ∧_∧    ||
      ( ´Д`  ;  )//
     /      /
    / /|        |
__||    |        |
\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
  ||\        \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  || |



良識はあります、
わたくちとてにもw




無い物ねだりばかりして、
パートナーがやってくれたことに
ケチばっかりつける。

マグロ女。




「えーでもこれって…」

「もっと○○っていいお店あるよ」

「○○が良かったあ…」

「へー」

「で???」



若い女の子が可愛いのは、
なんでもフレッシュに

「こんなの初めてー!!」

と反応してみせるからですよ。 

文字通り反応まで、
ピッチピチなわけですよ。
マグロじゃぁない!




アラサー・アラフォー女の
もうその道通ってきましたよ感。
ただ、可愛くないわけです。


ピンとこないあなた、

試しに、
ベッドの中でこなれた感じに

「前彼もそのテク使ってたわ」

とでも言ってみましょうか?
もう貴女には反応しなくなるかもです。
(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎責任は取れませんw



ベッドの中では、
不用意に男性を
傷つける言葉は慎む女性が多いのに、
(むしろ無駄に演技派)

日常生活では、
脳みそ使わず無作為に
失礼な言葉を
乱用すること、乱用すること。


男性がやってくれる事、

すなわち、
尽くしてくれる事には 
たくさん感謝の言葉の
シャワーを
浴びせるべし。



この人として当たり前の礼儀
パートナーには怠る女性が多い。


その辺の居酒屋やカフェでの
カップルのやりとりを
小耳に挟んでいても、


素直な私という名の元、
失礼な文句をつけて、

彼氏がつまらなそうに
生返事しながら、
スマフォをいじる。


よく見かける光景です。



  

マグロ女を続けると
略奪にも対応出来ない



彼氏とお付き合い長い人や
既婚女性。


ぽっと出の女性に、
掻っ攫われちゃう事件

周りで聞いた事ありますでしょう。




こういうのをお手の物としてる、

略奪楽しみにだにゃん♪

タイプの女性が世の中には
残念ながら、存在します。


「すごーい!!!」

「頼りになるね〜!」

「面白い!ウケる」

「物知りだよねー!」

「こんな話○君にしか出来ないんだけど」


こういう男転がしのワードを連発し、
よそのカップルを
破局させるのが生き甲斐。

身体はとことん焦らして許さない、
男心を知り尽くした
テクニック。
 


「あーん。本当私って悪女♡」


ただの自己満ゲームに
付き合わされるのがオチ。




対策。


脱マグロ女。

これっきゃナイト。
やるっきゃナイト。

 
パートナーの褒められたい、
認められたい欲求を
フレッシュな反応で
満たしてあげるだけ。

ピッチピチすんのよ、ピッチピチ。




洗濯物のたたみ方間違ってても、
皿洗いの濯ぎが甘くても、
連れて行ってくれた
お店がイマイチでも



そういうマイナス面には目を向けない。


「洗濯物たたんでくれてありがとう」
「お皿洗ってくれて助かったよ」
「雰囲気いいお店だったねー」


口らから放つ言葉は、
前向きなものにする。

毎回言い放つ。
当たり前と思わない。



どんな美貌の持ち主でも関係なく、
マグロ女は許されません。

つまらないのよ。



 
文句と無反応しか引き出しのない、
マグロ女に、

誰が尽くして、
誰が優しく慈しむのでしょう?



マグロ女よ、
だだちに蘇生すべし。



愛される女は、反応上手。

ピッチピチすんぞ、
ピッチピチ!!!



さぁ、皆様今週末のテーマは
これでいってみましょう!!!

ピッチピチ!!!





※結局微下ネタ疑惑w






LOVE AND FREE

MERI


↑このページのトップへ