月別アーカイブ / 2016年10月

秘すれば花


MERI的、解釈。




皆様のお母さんは
どんな方でしたか?



うちの母にはよく
お小言を言われましたw


母がお小言モードの時は、
自室にこもって
出来る限り話しない様にして、
休みの日はそそくさと出かけてました。

機嫌の良い時は、
学校でのアレコレを母に話してました。
楽しかった時間…。



友達のお家に遊びに行った時、

「いらっしゃ〜い♪」

と笑顔で出迎えてくれる
お母さんもいれば、

「また遊んで!!加勢しなさい!」

といつもピリピリしてるお母さん。


どういうお母さんなら、
どういう妻なら、
夫もたくさん話を
したいかな?

人生の辛さや恨みつらみを
つらつらと家族に語る
妻とは話したいかな?
耳を傾けたいかな?

 想像してみる。




例えその2


自分にとびきり嬉しい事があった時、
まず誰に報告したいと
頭に浮かぶ?

私なら

「良かったねー!」
って自分の事のように
喜んでくれる人。


「でもそれって…」
「あーそれねw」(その程度感)
「へー」(明らかにつまらなそう)

そんな風に出鼻を挫いたり、
水を差す様な発言をしない人。




どんな人なら話をしたい?
どんな人なら心を開いて
色々な事を話したい?

想像してみる。






「話したい!!」
「知って欲しい!!」


そう思うと、
相手の話を受け止める余裕がなくなる。


私はね
私ってね
私だってね
私なんて!


会話ですらない、
感情の投げつけ。



昔ね、

事細かな愚痴を早朝から 
大長文で送ってくる子がいて。

読んだ暁には、
目覚めから気分が最悪。

その子は文章にして
スッキリするんだろうけどさw

「お願いだから辞めて」
と言っても辞めてくれずw

あまりに自己中心的な、
感情のぶつけ方され続けて
こちらが持たないと思い、
友人では無くなった事があります。。




確かに
生きてると色んな事があって、
どうしても感情が
爆発してしまう事もある。

私だってそうです。


真剣に話し合いを、
言いにくい指摘を、
しなきゃいけない時もある。


だからこそ、
普段は相手に思いやりを
持ちたい。

想像力を働かせて。





「会話」って単語を耳にすると

「話す」「伝える」


そう思いがち。



でも何より大切なのは
「聞く」
なんだろうな。




最近感じるんです。


「人は自分の話を聞いてくれる人の
意見はすんなり受け止めてくれる」





聞き上手な女に
なりたい。


聞き上手になれば、
こちらがベラベラと
余計な負の感情を
開示せずとも

楽しい会話が成立し、

自動的に


秘すれば花になる。




相手にとって、
1番話を聞いて欲しい女
であるという事。

それは女冥利につきると
思いませんか?






おしゃべりで 
シニカル大王のわたくちも

そんな女を目指してま…す…w




メス力の道は長いなァ!!!!!










LOVE AND FREE

MERI


おはしこ!


TOKYO NADESHIKO MERIです♡





女性って、
感情や自分の置かれてる状況、
私生活を打ち明けあい、

たくさんの

「わかるー♡」をシェアすることで

友情が深まる部分があります。




だけどこのコミュニケーション法を
男性に適応すると、

恋心というか、
性的好奇心というかを
削いじゃいますね。


男性の

好きな女性の事をもっと知りたい!
(妄想)))))


そういう探究心をわざわざ
自分からどっかんオープン
にしてさらけ出して阻止してる。



ある意味ゲームと一緒なんですよ。

彼らにとって、
恋愛とは、性とは。


簡単にクリア出来る、
ましてや、
最初からクリア法が
パッケージに書いてるゲームに
誰が夢中になるのか?っていうw

ちょこっとイジって
ポイっと飽きちゃう。



彼らを同性の友達と
同じ扱いするのは、
自分の首を絞める上に
失礼な行為。


こういう男性の
習性・サガから
目を背けて、
 
なんでもかんでも
オープンにどっかんどっかん
し続けると


彼が何も話してくれない。
関心持ってくれない。
反応が上の空。


はい、私も経験ありますw




秘すれば花



おしゃべりが大好きな
私たち女性には
ちょっと忍耐なコレ。



でも、自分がアレコレ
ベラベラ話すことより、


男性が心を開いて、
イキイキ話してくれる。
そういう隙を与えてあげる。


そっちの方がずっと嬉しい!

そう感じる事が出来れば


相手にとっての
花になってあげる
思い遣りを
身につけられると思ってます。 



自分の事を知ってほしい!!!

承認欲求を押し付る、
自己中女になってないか?


本当に
「相手(男性)の目線」
に立ててるか?


立ち止まって考えてみる事も
大人の女の余裕として必要。



女は花となり、 
花を持たせてあげる
余裕もあり。












LOVE AND FREE


MERI

TOKYO NADESHIKO MERIです。


目撃して、感じた事などを。


年配のご夫婦。

男性の方が、女性に

「今日どうだった?」

と会話をふりました。


そこから、
女性は愚痴のオンパレード。

ガッカリ顔になる男性。


きっと、男性なりに気を使って
会話を振ったのだろうな…



男性って、
女性の愚痴苦手ですよね。


自分が振った会話で
キラキライキイキ話す
女性が見たいのだろうな。


会話を振って良かったな!

ってね。






メス力教訓


愚痴は基本女同士で!





それが、女性から男性への思い遣り。


「ごめんね、愚痴って」

「ごめん、
ちょっと愚痴聞いてもらっていい?」


人様に愚痴を聞いてもらう時は、
そういう感覚&
その一言が大切な気がします。


女同士でもね。


自分はスッキリするかもしれませんが、
相手は負の感情の
ゴミ箱ではないのですから。。



思い遣りを大切に。




LOVE AND FREE

MERI

↑このページのトップへ