月別アーカイブ / 2016年09月


TOKYO NADESHIKO MERIです。



匿名希望さんから、

コメントがきてました。


既婚者の彼と、
MERIさんの恋愛記事を読んで
サヨナラする事にしたと。



私が既婚者の男性とお付き合いしてる、
独身の女性に思うことは、ひとつ。



勿体無い。



結婚相手というのは、
人生のパートナーです。


だからこそ、
一挙手一投足が目に付きます。




自分の子供を産む人だから。

自分の子供を育てる人だから。

自分の親と付き合う人だから。

自分を看取る可能性がある人だから。


細かい事が、ぶつかり合う。



お互い遠慮がなくなって、
口が達者になった妻に 

辛辣な言葉を投げつけられて、
夜の生活を断られ続けて、
はたまた抱く気にもならなくて、

癒しを求めてるのかもしれません。




不倫相手は、
デザートであり、
結婚生活の
栄養剤なんです。



男と女の「恋愛」
という美味しい所だけ頂ける。


将来の事、
子供の事、
親の事、
家のローンの事、
家計の事、、、


そういう「生活感」あるものから
逃れられる癒し。


例え、不倫相手の子が
感情が高ぶって
泣いてしまったりしても
時には責めてしまったりしても


それは、


「貴方が好き!!!」


という愛情の叫びに過ぎません。


生活にくたびれた男性からしたら、
その涙すらも、甘美。


「あぁ、俺は男として求められてるな。
   恋愛してるな〜!
やっぱりいいなぁ〜!」



そう相手に対して余裕綽々に
振る舞えるのです。


優しく、いたわりの言葉を
たくさんかけて慈しむように…。


将来がかかってない関係だからこそ。




そして、

恋愛しているという、
充実感をたっぷりと胸に

自宅へ帰り、夫、父の顔になる
栄養剤にされているのです。



勿体無い。



それでいて、
訴えられるリスクまである。



きっといつか、
匿名希望さんが
素敵な人と結婚した時に
勿体無いの意味を


あぁ、なるほどな。


とスッと理解してくれると思います。



 
その時、
夫をよその女性に走らせない為には、
どう振る舞ったらいいのか?

ただ妻の座に胡座をかく女性ではなく。

そういう事を私とお互い考えて、
メス力高めていきましょうね(^-^)





100%断言します。



将来、苦渋の決断を下した自分に


「いや、あれは、
英断だったんだ。」


そう胸を張れますよ!



好きな男に別れを告げる苦しさ。



これが出来なくて、

「でも」「だって」をたくさん並べ

相手にすがりつく女性は多いのです。




辛い決断を勇気を持って下した
匿名希望さんの勇気を讃えたいです。









LOVE AND FREE

MERI

おはしこ♡


TOKYO NADESHIKO MERIです!





今日は恋愛コメント返信を。



好みじゃない
男性はアリか?




えれのあちゃん。


好みじゃない男はアリかナシか?


自論に基づいて考えてみますね。

まず、私的にはアリ。



それは、恋愛における優先1位が、

「ど本命として大切にされること」

だからです。


この優先順位は、
人それぞれ違います。

「好みの男性と付き合うこと」

「お金持ちであること」

「笑いのツボがあること」

その他…


優先順位の1位を変える事って、
人間難しいです。

えれのあちゃんにとって、
恋愛における優先順位を
一度ハッキリ考えてみると
いいと思いますよ(^-^)





好みのタイプ以外に
求める
MERI的条件


1、生理的に無理じゃないことw

その基準で
よく言われるのが、
💋できるか?否か?www


2、清潔感のない男性はイヤ!

爪が伸びてる←無理無理無理
歯が汚い(歯石、虫歯の放置)

などなど…

前歯の虫歯放置してるイケメンに
100年の恋も一瞬で冷めた経験ありw


3、こちらに本気であること 

これは例え好みであろうと揺るがずw
何よりも絶対に妥協しない所です。



大切に大切にされてると、
好みのルックスじゃなくても
愛おしく感じるものです。



そして以下は自論。


ただ単に恋愛じゃなく、
結婚をゴールに考えているのであれば、


大切にしてくれる男性


こういう人との出会いを
逃さないこと。


恋愛であれば、
相手を追っかけて振り回されて
スリルを感じるのも
ある意味醍醐味。


でも結婚ってそうじゃありません。


まだまだ日本は、

「家の事は女が」意識です。

配偶者もその家族や親戚も
むしろ社会全体が
ナチュラルに無自覚に
そう考えています。


出産、育児をしながら
家事をこなし
義実家や親戚との付き合い、介護。

共働きなら、
尚の事負担は増える。

自分も歳を重ね、
親も歳を重ね、

色んな事が起きます。


そんな時、パートナーに

「俺は仕事という責任をこなしてるんだから、家の事は知らん!」

「疲れてるんだから、 
お前に任せるよ…」

熱があるのに

「は?俺の飯は?
仕事は簡単に休めないんだそ?!」

「母さんと上手くやってくれよ!」


そんな風に突き放されてたら、
どんなにルックスが好みでも
億万長者でも、

やるせない感情が救われない。

辛い時、支えて欲しい。
共に乗り越えて欲しい。 

怠けたいわけじゃない
ただ労って欲しい…。


お金をポンっと渡されて
「任せた!」って言われて、
確かに有難いのだけど、
(渡さない旦那もいるw)



そうじゃない。
手を取り合って欲しい…!
一緒に頑張ろうな!って
抱きしめて欲しい!


そしたら救われるのに、
力がたくさん湧いてくるのに…
スマフォばかり見て
家庭に向き合ってくれない旦那…

私ってなに…??
結婚ってなに????


よく聞く話ですよ。


振り回される相手との結婚は、
さらなる悩みを増やすだけ。



パートナーからの
サポートがあるのと
無いのでは、
結婚生活全く違ってきますよ。


相手にやらせるのではなく、
相手がこちらを大切に思うからこそ
自然とサポートしたくなる
意味でです。




「大切にされる」

それには、男性側が
相手を心から大切にしてなきゃ
出来ないのです。


もう、これは男性のサガです。

何度も言います。


ど本命以外の女には
扱い雑になるのが
男なんですよぉお!
 



そして本命だからといって、アグラは厳禁!

支えたい、大切にしたい、
という気持ちを、萎えさせない為に


相手を褒めて
感謝し続ける
これがメス力。



本命だったのに、
余計な一言をパートナーに言い続けて
気持ちを萎えさせる女性の多い事。

私も心当たりありですw



結論

まずは茶飲友達として、
相手の事を知ってみてはいかがだろう?

例の食事リサーチw

その男性が
どういった気持ちで
えれのあちゃんを想ってるのか
知るのが一番の目的。

そして、食事すると
色んな事があらわになるしw

やっぱ無理無理無理とかww

おや?意外と盛り上がる?などもw



もちろん、好みのルックスの
男性から寵愛を受けるのが
理想ですけどねw



えれのあちゃんにとって、
素敵な出逢いがありますように!


メス力祈願!!!






 
LOVE AND FREE

MERI


おはよーございます!


TOKYO NADESHIKO MERIです♡



/おはしこ\



気になったコメントに返信しますね。





なおこちゃん


ちゃんと付き合って
体の関係になる前に
相手が自爆してくれて良かったね!

辛いと思うけど
それに比べたら
不幸中の幸いよ!
ダメージが段違い…!

なおこちゃん、
ラッキーだったと思ってね!



おそらくね、
複数人に同時に
アタックしてたんだとおもうわ。


世の中、なおこちゃんに合った

「同じ周波数」
の男がいると思う。
 ↑近々詳しく書くわ。


疲れたら、婚活休んだり
全然関係ない事してね。

力が抜けた時に
スルッと出逢いに  
恵まれたりするもの。

なおこちゃん、真面目で
とことんやる所あると思うから
力が抜いてね!(^-^)


人生、これっ!って男性
そうそう居ないけれど

出会える時はサクッと
意外な場所や人だったりするよ(^-^)

 
応援してます!





あこちゃん


奥義

「最近彼氏が
厳しいから無理だわ✋」


これでも誘ってくるなら、
私なら大スルーかますwwww

下心と判断してw

 

ていうか、

「あんたに興味ないから
行きたくない!」

って言いにくいよね?wwww

その人はすごくあこちゃんに
興味あるんだと思うわ。



興味ない男から、
LINEとか受信すると画面見て

「またこいつか…はぁ…」

ってなったりしない?w


あの手この手で
誘い出そうとしてくる内容に、
心底ゲッソリ。。。。


私だけでしょうかね?wwww


でも、


「わかったよ!!!!
一度だけ遊んであげるわ!」



とスーパー上から目線で登場したら、

「こいつ相当私に本気だな?」

って分かった事があって
付き合うことになった事あるw



人生分からんよ、
あこちゃんもなおこちゃんも!




相談の回答になってるのかしら、これw








LOVE AND FREE

MERI

↑このページのトップへ