おかやま山陽高校のグランドで行われた大阪偕星高校戦を見学しました。

試合前のノックではエラーが多くて、試合でも両チームともエラーがありました。ゲッツーのときにコンビでのエラーもありました。

初回はおかやま山陽のピッチャーのテンポが良くてピッチャーのペースで進んで偕星は全く打ててなかったです。ピッチャーがサイドスローだったので右バッターはアウトコースのまっすぐをほとんどファールにすることが多かったです。

偕星は三振が多くて特に見逃し三振が多かったです。4回にはノーアウト一二塁で2三振をした場面がありました。5回までに見逃し三振が3つもありました。見逃し三振が多いのはあまりよくないと思いました。偕星のバッターは初球から振っていくのがほとんどなかったと思います。

また、偕星のベンチはよく声がでてて雰囲気が良かったように思います。選手間でアドバイスをしたりしていたのはすごくいい事だと思いました。

チャンスをもらって登板してフォアボールでアウトをひとつも取れずに交代や見逃し三振で交代している人もいたのですごくもったいないと思いました。

両チームともヒットが少なくてチャンスで打てないことが多いと思いました。最終回に偕星がツーベースを打って1点取りました。試合は投手戦でした。フォアボールも少なくなかったと思います。フォアボールでチャンスを作らしてしまうのが1番よくないと思います。

この試合を見てやっぱり声かけは大事だと思いました。今回感じたことを今後のプレーに活かしていきたいです。

nMy8TcbQdR.jpg