農耕民族の血を引き継いだ日本人は静と動が融合した相撲と野球が大好き。

狩猟民族である欧米人などはサッカー大好きである。


動きっぱなしのサッカーに比べ野球には「間」がある。

この「間」が面白いのである。

この「間」で流れが変わりゲームが動くと言われている。

投手の間、バッターの間、攻守交替の間などいろいろ。


言葉の話をしよう。

皆さんが日常で使われる言葉に相撲と関係してる言葉がある。

例えば
・仕切り直し
・待ったなし
・序の口
・あのひとは懐が深い
・肩透かしを食らった
・土俵際に追い込まれる など

野球はどうだろう?

セーフやアウトは普段から使う。

野球場はBallparkと言う。

ballpark figureはおおよそとかだいたいとか概算とかの意味だそう。

観客数をおおよそで使うことや野球場でボールがどこに飛んでもあまり変わらないことからきてるらしい。

三振はStrike Out 日常会話では「失敗」

ホームランHome run はビジネス用語で「大成功」

come out of the left field レフトフィールド

そうです。左翼手ですよね。

この意味は思いもよらない突然の出来事だそうです。

バッターからボールが飛んでくるはずなのにいきなりスタンドからボールが飛んできて驚くことからきてるそうです。



※みんなで野球ができる日まで「我慢」


【最後に】

何のためにスポーツを通じて心と体を鍛えているのか。

なぜ人は強くならねばならぬのか。

それは弱き者を助けるためだ。

力を弱きに向けるいじめは人間のやることではない。


打倒 covid-19

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1403.JPG