いよいよ来ましたねぇ。
HISが「変なホテル」を都市部にも出店、100店構想へ布石
旅行会社のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)が展開する「変なホテル」はロボットが接客する省力化ホテルとしてハウステンボスや舞浜などに出店してきたが、東京・大阪などの主要都市にも進出するという。勝算はあるのか。H.I.S.でホテル事業を統括する平林朗・H.I.S.ホテルホールディングス社長を直撃した。
diamond.jp
「変なホテル」は一見ハウステンボス専用のネタホテルに見えますが、実はロボットを活用したコストダウンとHISの強みを組み合わせた新しいホテルのビジネスモデルの模索なんですよね。
ある意味テスラが最初登場した時には、富裕層向けのスポーツカーしか販売してなくて業界からは異端児扱いされてたのに似てる気がします。
実は革命ってこういう形で目の前にいるのに敵と認定できないところから始まるのかなと思ったり。
記事を見てる限り現在の利益率とか稼働率はとても順調なように見えますし、100店構想どころか記事中では1,000店発言まで飛び出してますが、ありえない話ではないように思うのは私だけでしょうか。
m4wb5XXaEr.jpg