月別アーカイブ / 2018年09月

うーむ、これは残念。
グーグルが密かにChromeのログイン手順を変更、ログを収集か ── 専門家が懸念
セキュリティーの専門家は、グーグルが密かにChromeのログイン設定に重大な変更を加えたと指摘した。 マシュー・グリーン氏は9月23日(現地時間)...
www.businessinsider.jp
グーグルも脇が甘いと言わざるをえない逸話ですね。
Facebookのケンブリッジアナリティカの問題以降、世界的にFacebookやグーグルに対する陰謀論が跋扈する状況になってしまってるのに、自ら批判のネタを作ってしまうとは。
まぁ、グーグルのエンジニアからすると、ちょっとした機能改善でしかないんだろうと思いますが、一度陰謀論が主流を占めてしまうと、なにを言っても信じてもらえない状況になるんですよねぇ。
つい東京オリンピックのボランティア募集問題がかぶります。
グーグルの分散型の組織構造が、こういう時には弱みになってしまうこともあるという事例でしょうか。
かといって、こういうケースを避けるために機能実装の全てをトップが管理する体制になっちゃったら、グーグルのグーグルらしいスピード感が失われるリスクが出てくるわけで、ここは悩ましいところですよねぇ。
_LbFtHoQzk.jpg

これは知らなかった。
人気爆発でも「チューハイ」が儲からない理由 | 週刊東洋経済(ビジネス)
9月上旬のある日の夕方。都内スーパーの酒売り場には、色とりどりの缶チューハイがぎっしりと並んでいた。1缶100円前後の商品が次々と買い物客のかごに入っていく。チューハイ市場の拡大が止まらない。英調査会社…
toyokeizai.net
チューハイ市場って、10年で7割も伸びてるんですね。
そう言われると確かにケータリングを頼むときにも最初はビールではなく、チューハイから入る人が増えたかも。
これだけ伸びてるにも関わらず、儲からない市場になっているというのが、やはり価格競争の怖さでしょうか。
最近は値段が安いまま、アルコール度数が上がって来てる感じもあるので、確かに利益率は悪くなりやすいというのは分かる気がします。
こういう市場全体の流れの中で、マーケティングによってどう利益を確保していくのか、というのはケーススタディとしては難しいテーマな気がしますね。。。
H358XH6Kk6.jpg

いよいよ、メルカリの金融子会社メルペイの露出が増えて来ましたねぇ。
メルカリの金融子会社が描く「日本のキャッシュレス社会」の未来
僕と(山田)進太郎さんの間では、未来がはっきり見えている――。『週刊ダイヤモンド』9月22日号の第一特集「新・価格の支配者 メルカリ」の拡大版として、メルカリの幹部たちのインタビューを特別連載でお届けする。4回目は、メルカリの金融子会社メルペイの青柳直樹社長に、メルカリが作り出そうとしているエコシステムの構想について詳しく聞いた。
diamond.jp
現在のビジネスとの相性や、既存メルカリユーザーの決済利用率、決済単体での収益率の必要性の薄さとかを考えると、個人的にはメルペイは日本における本命の一つだと思ってます。
もちろん、かたやLINEペイ、かたやヤフーとソフトバンク連合のペイペイと、資金力を武器に面を取りに来てるサービスも増えてる中で、出遅れてる感もありますが、そこをどうやって突破しようとされてるのかは注目ですね。
シェアリングサービスの普及にしても、デジタルコンテンツにしても、実は決済の容易さ次第でビジネス規模が全く変わる可能性があるはずで。
少額課金のプラットフォームが確立すると、日本のインターネットもまた一つ大きな変化をする可能性があるんじゃないかなと妄想してます。
eTx9JHhXag.jpg

↑このページのトップへ