月別アーカイブ / 2018年05月

これは手厳しい指摘。
アンドロイドスマホはオリジナリティ欠如、iPhone Xに似たノッチばかり
2017年9月、アップルは全く新しいデザインのスマートフォンを発売した。 [原文:Android phones everywhere are a...
www.businessinsider.jp
でも確かにこうやって写真を元に証拠を突きつけられると、多くのアンドロイドスマホがiPhoneのデザインをコピーしてるトレンドがあるのは間違いないですね。
現実問題、スマホのインターフェースだと、タッチパネルのサイズの大きさと本体サイズの小ささが1つの競争軸なので、メーカーがみんなこっちに走るのは現実解としては当然な気もしますが。
こうやってiPhoneに追従してる限り、アンドロイド陣営がイノベーションの先頭に立つことがないのも事実ですよね。
iPhoneにイノベーションがなくなったという批判はよく聞きますが、一方でアンドロイド陣営がアップルのポジションを奪えてないのも実際のところだという印象。
この構造を崩すのがアンドロイド陣営のスマホメーカーなのか、それともAIスピーカーとかの全く違うプレイヤーなのかが気になるところです。
mbYAEPrPev.jpg

いやー、これは日本の家電メーカーの方々に是非参考にしてほしい話。
「金は出しても口は出さない」シャオミ、現地を訪ねて分かった驚異のベンチャー育成術
世界で最も売れているウェアラブル端末をご存知だろうか。アップルウォッチやフィットビットも有名だが、忘れてはいけないのが、中国の大手スマートフォンメ...
www.businessinsider.jp
大企業がベンチャーの経営に関わるとせっかくのベンチャーマインドを消してしまうという話は良くありますが、このシャオミのやり方は面白いです。
特に興味深いのは、ハードウェアで儲けすぎないように指導してるところ。
結局ハードで利益が大きいというのは、他社がモノマネして廉価版を作れちゃうということなので、エコシステム全体で顧客にとって魅力的になるというのが必須な時代ですよね。
最近はパナソニックやソニーも、外部企業との連携や、社内ベンチャーの育成に成功しつつあるように見えるので、こういう日本の大家電メーカーとベンチャーの早期連携のエコシステムは是非確立して欲しいです。

ZBj5gKkNuO.jpg

なるほどなぁ。
任天堂も動いた!変わるゲームの「特許事情」 | ゲーム・エンタメ
「まさか任天堂が動くとは」。ゲーム業界内で注目を集める、任天堂とコロプラの特許訴訟。この件について大手スマートフォンゲーム会社幹部に尋ねると、そんな声が返ってきた。昨年12月、任天堂はコロプラの主力ス…
toyokeizai.net
個人的にもゲーム業界における特許って、核の抑止力みたいなもので、それを使ってしまうとお互いがお互いに特許権を主張し合う時代になってしまって業界全体の進化を止めかねないシロモノだという印象が強かったですが、時代は変わってるんですかね。
特にこういう著作権と特許が混ざり合うゲームみたいなクリエイティブは判断が難しいところですよね。
一方でパクリ当然の文化が業界を沈下させるのは、ネットメディアが証明している面もあるので、適度なバランスのところで治るのが良いんだと思いますが。。。
yGbkYlwG2I.jpg

↑このページのトップへ