月別アーカイブ / 2018年02月

なんという壮大な計画。
イーロン・マスク、1万1925個の人工衛星を打ち上げる? —— 謎に包まれた衛星インターネット計画
スペースXはスペインの人工衛星をファルコン9ロケットを使って打ち上げる予定。当初は17日(現地時間)の予定だったが、21日に延期された模様。ファル...
www.businessinsider.jp
1万2000個の人工衛星を打ち上げて、地球上どこでも1ギガのネットへの高速アクセスを実現ですか。
さすがイーロンマスクですねぇ。
テスラにおいても、誰もが難しいと思った新しい自動車会社の立ち上げを計画的に実現してる人ですから、他の人が言うのと違って現実味が出てきますね。
日本にいると、比較的どこでも高速モバイル回線が使えるのであまり問題意識を持ってる人はいないと思いますが、「42億人(世界の人口の57%)は、様々な理由によってインターネットが使えない」んですね。
これは確かに意義が大きそうな事業です。
20年前にNTTに勤務してた時に、夢物語として聞いてた話ですが、実際に実現手前と思うと、ちょっとワクワクしますね。
ちなみに、素人としては、同じ事業をいろんな会社が同時に挑戦すると、大量の衛星で衛星軌道上が混雑しすぎてしまいそうな気がしてしまうんですが、宇宙は広いから大丈夫なんですかね?
B4iWKOA7DM.jpg

これは凄いインタビュー。
トヨタとユニクロが実は日本の繊維産業という業界で繋がるという視点はありませんでしたが、もはや見ている世界観が違いすぎますね。
トヨタが自動車を作れたのは織機を作る技術があったからという指摘は、個人的にも昨年末にちょうどトヨタ記念館に行ったばかりなのでツボでした。
途中のアマゾンやグーグルとの比較といい、実際にトヨタはeパレットプロジェクトという一歩を踏み出しましたし。
これぐらい俯瞰的に見てる経営者だからこそ、世界であそこまで戦えるのかと納得感あります。
ちなみに、このインタビューで1つだけ気になるのは国内でのゾゾタウンの躍進について全く言及されていない点。
世界を見てるからか、敢えて触れなかったのか、意識してないのかがちょっと気になるところです。
Kqm5OXQSTA.jpg

いよいよスタバが日本でもオフィス向け本格参入ですか。
スタバ、「オフィス向けコーヒー」参入の勝算 | 外食
「ずっとやってきたカフェのビジネスを超えて、これまでとは違う市場に入っていく」。スターバックス コーヒー ジャパンの水口貴文最高経営責任者(CEO)は力を込めてこう語った。同社は2月15日、スタバのコーヒー…
toyokeizai.net
アメリカだと3万6000ヶ所もすでに導入されてるんですね。
日本におけるスターバックスって、アメリカみたいにどこでもあるというよりは、お店の雰囲気と店員さんのホスピタリティも含めてのブランド体験というポジションにあるイメージが強いので、このコーヒーマシーン導入によってそれがどう変化するのかしないのか、に個人的には注目したいです。
今のところは有人サービスを軸にするみたいですが、将来的には無人販売も視野に入れてるようなので、そこでブランド体験を毀損しないかどうかがポイントになる感じでしょうか
fpIXypJ_ZP.jpg

↑このページのトップへ