月別アーカイブ / 2017年12月

これは興味深いインタビュー。
アシックスCEOが語るスポーツ市場の地殻変動
売上高の7割を海外で稼ぐグローバル企業になったが、世界のスポーツ市場は激変期にある。外部から積極的に人材を採用して社内体制の強化を急ぐのは、強い危機感の表れだ。後継者選定の苦悩をにじませながらも本音を語った。
business.nikkeibp.co.jp
最近出たナイキの本でも、ナイキ創業者が当初アシックスの前身であるオニツカタイガーの代理店をやってた逸話が出てきますが、それと合わせて読むとさらに面白いですね。
特に最後の「『フィル・ナイトは俺の一番弟子だ』と言っていましたし、鬼塚さんが亡くなるまで互いにリスペクトし合う関係だったと思います。」というくだりには、激動の時代を戦った経営者ならではの気概を感じます。
巨大な海外のライバル企業とアシックスがどのように戦っていくかという点には、日本企業の方々に参考になるヒントがたくさんありそうですね。
株式会社アシックス コーポレートサイト
株式会社アシックス コーポレートサイト
corp.asics.com
o1DVLHHqj4.jpg

これは耳が痛い。

そもそも自分があまり料理に興味なくて、外食とかデリバリーとかコンビニ弁当でいいじゃない、と思ってしまうタイプなので、自分が作った料理に美味しくないという反応をもらうと、それがトラウマになってますます作るモチベーションが消えてくんですよね。
いや、すいません、言い訳です。
早く「オッケーGoogle、チャーハン作って」というと自動的にキッチンが料理してくれる未来が来てほしいです。
来ないですかね。
FyhaSPdbgL.jpg

これは嫌な未来。
ショッピングセンターの廃墟化ですか。
ショッピングセンターの「廃墟化」が加速しそうな理由
SC先進国である米国のメディアでは、最近よく廃墟と化したSCが映し出される。米アマゾン・ドット・コムの“効果“はまるでブルドーザーのように既存の流通業界を押し潰していく。順調そうに見える国内SCにも、淘汰の波が訪れるのか。
diamond.jp
確かに米国の映画やドラマだとそれっぽいシーンを見ることがある気がしますが、日本でもあまり他人ごとではない気はしますね。
どちらかというと、これまでは車社会の浸透とショッピングセンターの普及が地域の商店街を破壊しているという文脈の報道が多かったように記憶してますが、それでショッピングセンターが無くなったらその地域の人は完全にECに頼るようになるんですかね。
もちろん、住民がいれば何らかの商圏があるということなので、何にも店が無くなるというのはオーバーかもしれませんが、少子化とか人口急減とか地方の過疎化とか考えるとあまり遠い未来でもない気はしてしまいますねぇ。
もちろん今大混雑してるショッピングセンターのことを考えるとあまり現実感は薄いですが、気になる話です。
bybWsvVJLM.jpg

↑このページのトップへ