月別アーカイブ / 2017年01月

いやー、バイオハザード7無事にクリアできました。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5617.JPG

今回、バイオハザードアンバサダーでお世話になっていることもあり、ひときわ思い入れも強かったんで頑張って深夜プレイしたんですが。
深夜のプレイは正直お勧めできません、怖いです(笑)
これ、VRでプレイしてる人が1割ぐらい既にいるらしいんですが、凄いですよね。
特に序盤のシーンとかVRなんかでやったら確実に夢で見てうなされるレベルの怖さです。
私がビビリなのかもしれませんが。
まぁ、VRでプレイしたくても、そもそもまだPSVRを入手できてないので無理だったんですが、これがVR体験一発目だと、そのままトラウマになってしまいそうです(笑)

なお、バイオハザードでは、それ以外のデータもサイトに公開されててとても面白いです。これもビックデータ時代ならではでしょうか。

ちなみにゲーマーとして嬉しかったのは、何とエンドロールに弊社アジャイルメディアのロゴを入れていただいたこと。

自分が好きなゲームに、自分の会社のロゴが出てくる日が来るとは本当に感無量です。カプコンさん、アンバサダーの皆さん、本当にありがとうございます。
ちなみに実はプロジェクトメンバーの名前も出していただいているんですが、私は入れてもらえなかったので当然私の名前は出て来ず。

無理やりにでもプロジェクトに入れてもらえば良かったと、果てしない大後悔の海を旅しているのはここだけの秘密です。
CAPCOM:バイオハザード アンバサダー 公式サイト
http://www.capcom.co.jp/ambassador/re_bh/

マジかー。
あのアカデミー賞ノミネートの映画ってAmazon配給なんですね。

映画の分野においてもここまでAmazonが存在感を増しているとは知りませんでした。記事中のリンクからマーケットインサイダーの英語記事で、Netflixは映画会社と正面衝突する形で配給初日からのネット配信をする会社だけど、Amazonは従来の映画会社と同様のアプローチを取っててそれが今回のノミネートに両者の違いとして現れていると書かれているのも興味深いところ。
映画というある意味古き良きメディアにおいても、ネット企業がここまで存在感を増しているというのは日本に住んでるとどうしてもピンと来ないですね。
こうやってガラパゴス化が進んでいくのかなぁ。
2jDQYNOHKI.jpg

うお、もうロボットが記事を書く時代到来ですか。

昨日、界隈でちょっと話題になっていたのはこれかぁ。実際問題決算記事とかって、スポーツの速報記事と同じで様式美的な基本構造があるから、AIに書かせる実験としては最適な感じもありますね。
人間の方が数字のコピペとか、計算間違いとか、期間とか桁を間違えたりするリスクが実は多そう。
まぁ、現時点では大多数のサラリーマンにとっては他人事だと思いますが、企業系の新聞にとっては重要な決算速報という仕事がAIに取られることを意味するわけで、生産工場のブルーワーカーが産業ロボットに単純工程の仕事を奪われたのと同様、ホワイトカラーの単純作業がAIに奪われる時代のゴングが鳴った感じはありますね。
実際問題、自分はNTT時代にIRで有価証券報告書作成を担当させていただいてましたが、数値の論理的な間違いチェックとか超苦手だったので、正直あっさりロボットに負けてしまったのは間違いない感じもします。
単純作業が苦手な人からすると良い話ですが、やっぱり人間が給料をもらえる仕事の総数が減るという意味では、他人事に思えない今日この頃です。
HBE9S4tW1Z.jpg

↑このページのトップへ