月別アーカイブ / 2016年12月

遅ればせながら、君の名は。鑑賞終了。
いやー、嫌がる長男を無理矢理連れて見に行った甲斐がありました。
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5402.JPG

正直、最初シンゴジラ見る時に予告編を見た時には、なんか普通のラブストーリー的なやつなのかな、と勝手に思い込んでたんですが。
これは良い映画ですね。
中盤の彗星のシーンで、思わずおもいっきし泣けてしまいました。
ただ、あまりのテンポの速い展開に息子はイマイチ理解できなかったらしく、途中の総武線のシーンで、「この電車なに?」と聞いてきて雰囲気ぶち壊す始末だったので、勉強のために帰りに本屋で小説も購入。
まぁ、これは何度も見に行く人が多いのも分かりますね。RADWIMPSのアルバムも買いたいと思います。

今年は、日清食品さんのビートたけしのテレビCMのメッセージに感動したこともあり、今年の振り返りとして日清食品の一連のクチコミ企画について東洋経済オンラインに寄稿させていただきました。

今年初めのおバカ大学第一弾の炎上のとき、カップヌードル好きとしてもいろんな複雑な思いが交錯してコラムを寄稿したもののアンサーソングにもなってます。

正直、前のコラムを書いた時には、炎上の影響でしばらく流石の日清食品も攻められなくなるんじゃないかと思い込んでいたのですが、そんな心配をしてたのが失礼な話だったなと思ったり。
WOMJアワードの授賞式で東さんが日清食品におけるトップのコミットの強さを話されていたのがとても印象的でした。
少し個人的な思いが強く出過ぎてるところは、自他共に認めるカップヌードル好きのコラムとしてご容赦頂ければ幸いです。
i8nfk3MrOD.jpg

USJの森岡さん退任のニュースを読んでどうしても気になってしまうのは、USJの沖縄進出が実現してたらどうだったんだろうという視点。

本社の方針で白紙になったと報道されてましたが、あれが実現してそのままUSJが大阪のテーマパーク会社という枠から飛び出て日本のコンテンツのテーマパークを海外に展開する事業とかにも進出していってくれたら、日本のコンテンツ産業にとっても凄い支援になったような気がするんですけどねぇ。妄想ですけど。
どん底にあったUSJをジェットコースターのように現在の成功に導いた森岡さんからすると、スーパーマリオワールドも決まり、今後の大規模な設備投資は当面できなくなることを考えれば、役目を終えたと退任されるのは予想できた展開ではありますし、次にどんな企業に移られるのかがメチャメチャ楽しみでもあるのですが。
森岡さんのUSJマジックをもう少し見ていたかったなと思ってしまう今日この頃。
xJRXROqou1.jpg

↑このページのトップへ