⬇︎下描き
色鉛筆で塗るとき下描きの線が残らないように薄く描きます
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6102.HEIC
⬇︎カラーインクで下塗り
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6104.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6107.HEIC
⬆︎全体の下塗り終了
正直なところ下塗りはしなくても大丈夫です、笑
全体の完成イメージが先にできていた方が
気持ち的に楽なので、自分は全体の下塗りを先にしちゃいます
色鉛筆の場合、少しずつ描き進めていけるので、慎重に描きたい方はあまりオススメはしません、笑

⬇︎下塗りが終わったら
形を整えながらひたすら描きこんでいきます
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6127.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6130.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6149.HEIC
iBb31gQk3u.jpg
⬆︎白の絵の具で光をつけていきます

⬇︎今回は影だけではなく、ウインナーから出る油も描きました
タコさんウインナー特有の黄色い油?
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6179.HEIC
⬆︎この写真が一番立体的に見えますね、笑
部屋の明るさやライトの当たり具合で見え方が変わってしまうので、写真撮影は少し大変です
0_cmLZYuIk.jpg
⬆︎はい、そんな感じで完成ですー
タコさんウインナーの赤い色は人工的に作られた色?なので作り物感が多少でちゃいましたね
ちなみに左上のウインナーが一番リアル
と言われたのですが、最初は頑張って必要以上に焦げ目をつけたりして美味しそうになるように描いていたのですが、途中で集中力が切れてしまい、後半ほとんど焦げ目をつけてないです、笑
作業的には簡単なんですけど
また描く気力が無いので、また描く気になったら描き足します、笑
描く気力が無いっていうのは、この絵に対してで、新しい絵は早く描きたいです、笑
毎日そんな感じです
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6793.PNG

⬆︎スキャンしたデータです

最後まで見ていただきありがとうございました(^^)


お久しぶりです
ブログ更新全くせずでしたね

なのでしますよ

絵とは関係ないブログっぽいやつ

画材のカラーインクを置く
棚をずーーっと探していたのですが
ちょうどいいサイズの棚が無くて

もう自分で作ってしまえ

と思いまして
作ることにしました
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3832.JPG
⬆︎こんな感じのやつ作る
木材はホームセンターで
カットしていただきました

⬇︎サイズを測ってキリで穴を開ける
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3838.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3839.JPG
クソめんどい…。

手痛い。肩痛い。腰痛い。
電動ドリルがあればなぁ…。
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3850.JPG
ジャーーーーン
イエーーーーーイ

近所のドンキ行って買ってきた
一番安いやつ

うおーー!
めっちゃラク!!
楽しーーー!!
っていう写真撮り忘れました。
夢中になってしまいました。

⬇︎ってことで
キリで穴を開けていた苦労は何だったのか
ってぐらいあっさり穴を空けてネジで止めることができました
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3860.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3862.JPG
どーーーん
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5595.HEIC
だーーーん
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5596.HEIC
シャキーーーン
フーーーー⤴︎⤴︎

完成しました
カラーインクが見やすく取りやすいです
満足でございます

制作費はカット代も含めて
5000円ぐらいかかりました
うん、、安くはない
自分で作れば安くできるだろうと思ってたけど
そうでもなかったですね
安い木材使えば、安くできましたけどね
ずっと使うからね、いいやつにしたからね、
仕方ないね

大切に使いましょう

ではまた気まぐれで更新します

最後まで読んでいただき
ありがとうございました(^^)

前回描いたイカの絵が
想像以上の反響で驚いております。
たくさんの方に見ていただけて
嬉しい限りでございます。

ってことで浮かれた私は
またすぐ何か描こうとなりました

SNSで話題になることを狙って描くと
ことごとくスベるので
普通に魚でも描こうと思い真鯛を選びました

前回下描きしないで描いたら
失敗しまくって修正作業に振り回されたので
今回はちゃんと下描きをしてバランスをとります
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5695.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5696.JPG
⬇︎カラーインクで下塗りをします
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5699.HEIC
⬆︎着色前に紙全体に霧吹きで水をかけます
紙が湿った状態で着色します
水貼りっていう
絵を描く前にやる技法?があるんですが
やり方がよくわからないので
いつも霧吹きで湿らせて、乾かしてを繰り返してます。
これをやらないと紙がベコベコになってしまいます。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5701.HEIC
全体的に下塗りが終わったら色鉛筆で描き込んでいきます
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5702.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5703.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5708.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5717.HEIC
⬆︎絵の具で着色するのは最後なんですが
ちゃんと描けてるか不安になるので
ある程度最初に描いちゃいます

⬇︎ひたすら描き込んでいきます
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5728.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5749.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5765.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5777.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5783.HEIC
パンパステルという画材で影を塗ります
化粧品のファンデーションとほぼ同じような画材です。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5789.HEIC
6fnStEtXZq.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5795.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5798.HEIC
⬆︎死んだ魚なような目をしていたので
目に光を入れてあげます
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5799.HEIC
⬆︎完成です!
イカと比べてると面白味がありませんが
イカより上手く描けたと思っております

⬇︎スキャンしたデータです
紙の上に乗ってる感は無くなりますが
こっちの方が原画の色に近いです
若干本物の真鯛より鮮やかになっちゃいました
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5810.PNG
イカを描いたときも言われたんですが
「美味しそう」って意見が多かったので
今度は美味しそうな食べ物を描いてみたいなーたと思っております

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

↑このページのトップへ