どうもトッカグン小野寺です。

懐かしい写真が送られて来ました。
昔の実家の庭です。
普通の写真に見えますが、これは僕にとって懐かしい。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8794.PNG
この、真ん中の植物、庭にタラノキが生えています。  新芽を「タラの芽」として、天ぷら等でたべるアレです。
生命力が強く、タラの芽を取って食べても、またすぐに生えて来ます。

皆さん知っての通り、タラの芽美味しいですよねぇ。
これで大分、晩飯の御菜(おかず)に重宝したものです。

さて、そして右の巨大な白い箱のような物。。
まずまず、大きい物、

これは
お風呂です。。

厳密に言うと、人の家のお風呂です。

いや、厳密に言うと、人の家の使わなくなった、、お風呂です。

父が、家の建て替えでいらなくなったらしい親戚の家のお風呂を、ユニットごと取り外し、ウチの実家まで運んで来たのです。

そう、ウチの実家にお風呂を移植する狙いがあったのです。

以前話しましたが、遠い親戚が、家の建て替えをする時に、それに目を付けた父がまず「玄関」もらって来ました。
玄関を貰うって、、、自転車を貰うみたいに、、

斬新なリフォーム。

僕が言うのもなんですが、漫画の貧乏キャラクターじゃあるまいし。

ある日学校から帰ると、レゴブロックの様に他人の家の玄関が、見慣れた実家にハマっているのでした。
玄関だけ色が違う。。黒い家に、白い玄関が、浮いている。

その玄関と同時に運ばれて来たのが、あの白いお風呂のユニットだったのです。

しかし、このお風呂が、ウチの実家のお風呂としてレゴブロックみたいにハマる日は来ませんでした。


予算オーバーでした。

( ゚д゚)

なぜ、それを計算していなかったのだ、父よ。

玄関を実家に付けるマネーで、すでに小野寺家の限界だったのです。

お風呂ユニットは、しかし、またどこかへ動かすマネーもなくそのまま放置、

憧れのシャワーは、あのユニットの中にあるまま、庭には、小野寺家には扱うには高すぎた高級お風呂が佇むのでした。
終わり。

いや、当事者の小野寺家は、当時全然悲しんでもなかったですよ。

悲しい話では無いですからね、笑
父の無茶、な話でした。

なつかしやー!
おやすみなさい!

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8758.PNG
勧められて登録してみました。
TikTokは、16秒?ほどの短い動画をアップして行くもの。

最近は吉本の芸人さんも結構アップしているようです。

私、TikTok内で踊るわけではありませんが、
手軽に色々とアップして行きたいと思います!

よろしくどーぞー^_^おやすみなさいませ!

メガネ見つかったぁーー!!!  
拾って届けてくれる国、日本ありがとうござます!!

どーもトッカグン小野寺です。

本日も何となく思いついた、結果的にカタイ話にはなりそうですが、、、書いてみます。

先日イチロー選手が引退されました。
メジャーリーグの日本人選手の活躍をいつも見ています。

最近の、日本の野球と、メジャーリーグの野球。
野球へのアプローチの違い、その一部。
国民性が見える気がしました。

アメリカの野球は、最近、色々なプレーを数値化する傾向にあるようです。

打球速度、打った時の打球角度が何度だとホームランになりやすい。
このピッチャーは何%の確率でどこに投げる。
この変化球は、空振り率何%   
変化球の回転速度、、、

数値化。

凄いと思いました。

恐らくは、これまで、野球センス、と呼ばれていたニュアンス的なもの、
職人と言われるミステリアスな感覚、

いわゆる聖域の様な事を、何がどう凄いのか数値化して解き明かす。

これは、日本の美徳にはない傾向だと思いました。
苦労の末、身に付けるべきセンス、職人にしかわからない聖域、奥ゆかしさ、何となくわからないけど、あの人は凄い!を日本では美徳とするのが多いと感じます。
日本では、中々やりたがらない事だと思うのです。

数値化する。

例えば、茶道の家元がたてたお茶と、茶道経験5年の方がたてたお茶、
混ぜ方の角度、スピード、出来上がったお茶の温度は何度、お茶の成分、色、どう違うのか、

これは、聖域であって、解き明かしたくない、

と思うのが日本だと思うのです。

どちらが正しいとかではないのですが、数値化が始まってしまうと、勝つためには出遅れまいと対抗するしかない時代になるはずで。

数値化をアメリカが始めた以上、日本も遅れを取られまいとその、センスと呼ばれた聖域を数値化で解き明かす流れは、早い者勝ちであり、結果を出しやすくなりますから、止められない時代の流れだと思います。

そうなると、

お笑いの、『売れる』
は、 、アメリカ的に考えると、どうでしょうか。

賞レースから知名度を上げる費用対効果、
どのテイストのコント、どのテイストの漫才が人気が出る確率が高い、

これもニュアンス、聖域の感じがありますね。
テレビに出ているから売れている、ライブチケットが即完売だから売れいる、
売れた、とする定義が、未ださまざま。

数値化される時が来るのでしょうか。
ファンの人数が何十万、何百万人、以上から売れた、と定義する。
などでしょうか。

現にデジタルの時代になり、

今、日本の俳優のオーディションでは、
インスタ、ツイッターのフォロワーが何人か?と聞かれる事があるそうです。

フォロワー多い方が受かりやすいのだと聞きました。

僕は、奥ゆかしさ、は、心に残したまま、時代の流れにアジャストして行きたいと思った次第です。

本日も1日、お疲れ様でしたぁーー!!!^_^
おわり!










↑このページのトップへ