どーも、こんばんはトッカグン小野寺です。

本日はなんとなーく、記憶にある統計のお話をしたいと思います。
この世の現実を知る上でも、またはサバイバルの生存率なども、

確率、統計、ですので、マジメな内容になりますが、お話したいと思います。

前にテレビで統計について見ました。
とても興味深いものでした。
その統計は、こんなのでした。

天才がそのまま、その分野で成功する確率。でした。

成功と言うのは、チャンピオンだったり、出世やビジネスとして成功、などトップに君臨すると定義した場合です。
※私の成功、という価値観とは無関係です。この定義は統計するための、仮の定義です。

天才は成功するのか、その結果は、
たしか7割程度でした。

天才をしてその確率でありました。つまり成功する人のほとんどが、運、である。

という結果だったのです。運、と言うと少し誤解があるかもしれません。
成功した人は、努力の結果だ。と考えられるからです。

しかし、ここで言われている、運は違います。努力すべき事や努力の仕方、ヒントを知り得た事、

その環境に出会った事、タイミングも、全て運である。と。
その結びとして、こう言っていた(気がします、笑、すいません記憶なもんで)

努力で成功したと言う経営者は、成功してない人に対して、逆説として努力していないと考えてしまう事がある。  (本当は、成功は運である事が多い
から、成功していないからと言って努力、センスが無いとは限らないのだが。)

努力で成功したと思う経営者→労働体制が悪い会社に多い傾向になる可能性がある。

逆に、運で成功したのだと思う経営者は、成功していない人に対しても、熱心に考えられる事が多い。

であると。

なんとも、気持ちがいい現実。

「正しい練習しないと練習は平気で人を裏切るよ。」  たしかダルビッシュさんが言っていたような。

練習すれば上手くなる、と言う美学を、もっと現実的に語った素晴らしい統計(経験)から出た言葉。

こうなると、
成功した人の本だけが売ってますが。
現実的には、
成功するかもしれなかったけど成功しなかったけど、内容としては成功してもおかしくなかった人の成功したって事にする成功本、が売っていたとしても、説得力は無いですが、本当に成功した人の本と、実は内容は同じ事もあると言うことですね。

んー、ややこしやーーー!!

何を言いたいかと言うと、全てにおいて先入観を無くして、確率で考えようとサバイバル視点でも、申しております。

成功者の話も、成功していないとされる人話も、同じ程度の参考になるので、敬い過ぎず、馬鹿にしたりせず、

先入観無しに聞いて行きましょうって

事っすねーーー!!   
その方が、確かに、歳上にも年下にも優しく出来るンスよね!

いやー、でもそのテレビ面白かったなと!

固い論文みたいなブログなりました。テレビを見た僕の感想でした。

すんませーーーん!!  

という事で!しょーーーーーとーーーーー

⬇︎地元の、神割崎キャンプ場の載せときまーす。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8971.JPG











どーも、トッカグン小野寺です!
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8846.JPG
先日ツイッターでも、お伝えしました、

新チャンネル『トッカグン小野寺の日々』 
を作りましたーーー   (`_´)ゞ
⬇︎
youtu.be/VaDXH-r6MDM
トッカグン ソロ で検索!
チャンネル登録お願いします!

こちらのチャンネルは小野寺のソロチャンネルとなっており、日常をお届けします。ブログの動画版とお考え下さいませ!

なぜ、ソロを作ったのかという所に、動画上で説明しましたが、どうしても誤解してしまう方もいますので、再度説明しますと、

例えば、何となく、実家に1人で帰った様子などは、メインでやるには違うと思うのです。
もちろん2人揃っていてのメインですし、何を伝えたいのか、
先にある程度ちゃんと見えていないと視聴者の方にも、相方にも、何でこの動画やろうと思った?笑

となるのは当然ですね。   しかしながら、我々の個々の趣味、特徴などもありますので、
そこは思いついた時にカメラを回し、視聴者の皆様にお届けする方も、あった方ががイイと思ったのです。
なので、たぶん相方もソロチャンネル作ると思いますよ^_^

不定期ですがアップしていきますので、よろしくお願いしますー!!

あと、また7月には定期ライブ出来たらなと思っております!

バラエティ番組としてYouTubeを、
漫才・コントはライブ舞台で、活動して行きますので、

よろしくお願い致しますー!

それでは、ソロチャンネル開設という事で、しょーーーーとーーー

どうもトッカグン小野寺です。

懐かしい写真が送られて来ました。
昔の実家の庭です。
普通の写真に見えますが、これは僕にとって懐かしい。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8794.PNG
この、真ん中の植物、庭にタラノキが生えています。  新芽を「タラの芽」として、天ぷら等でたべるアレです。
生命力が強く、タラの芽を取って食べても、またすぐに生えて来ます。

皆さん知っての通り、タラの芽美味しいですよねぇ。
これで大分、晩飯の御菜(おかず)に重宝したものです。

さて、そして右の巨大な白い箱のような物。。
まずまず、大きい物、

これは
お風呂です。。

厳密に言うと、人の家のお風呂です。

いや、厳密に言うと、人の家の使わなくなった、、お風呂です。

父が、家の建て替えでいらなくなったらしい親戚の家のお風呂を、ユニットごと取り外し、ウチの実家まで運んで来たのです。

そう、ウチの実家にお風呂を移植する狙いがあったのです。

以前話しましたが、遠い親戚が、家の建て替えをする時に、それに目を付けた父がまず「玄関」もらって来ました。
玄関を貰うって、、、自転車を貰うみたいに、、

斬新なリフォーム。

僕が言うのもなんですが、漫画の貧乏キャラクターじゃあるまいし。

ある日学校から帰ると、レゴブロックの様に他人の家の玄関が、見慣れた実家にハマっているのでした。
玄関だけ色が違う。。黒い家に、白い玄関が、浮いている。

その玄関と同時に運ばれて来たのが、あの白いお風呂のユニットだったのです。

しかし、このお風呂が、ウチの実家のお風呂としてレゴブロックみたいにハマる日は来ませんでした。


予算オーバーでした。

( ゚д゚)

なぜ、それを計算していなかったのだ、父よ。

玄関を実家に付けるマネーで、すでに小野寺家の限界だったのです。

お風呂ユニットは、しかし、またどこかへ動かすマネーもなくそのまま放置、

憧れのシャワーは、あのユニットの中にあるまま、庭には、小野寺家には扱うには高すぎた高級お風呂が佇むのでした。
終わり。

いや、当事者の小野寺家は、当時全然悲しんでもなかったですよ。

悲しい話では無いですからね、笑
父の無茶、な話でした。

なつかしやー!
おやすみなさい!

↑このページのトップへ