IMG_2101.jpg

今夜はまたまたもつ鍋です!!

少し前にお取り寄せしたもつ鍋が美味しくて、今まであまり得意じゃないって避けてた娘たちもハマった様子だったのです。前回の様子↓


なので、色々なお店を調べて、今回はやまやのもつ鍋を取り寄せてみました!
こんな感じで箱入りで届きます。

DSCF4887.jpg

3〜4人分のセットを注文しました^^
【もつ・濃縮だし・ちゃんぽん麺・にんにく・唐辛子】が冷凍した状態でどどきます。


DSCF4895.jpg

1日かけて冷蔵庫でじっくりともつを解凍しておきました。

鍋に濃縮スープと水を入れて煮立たせます。
(にんにくだけ入れて唐辛子は入れずに作りました)

IMG_2093.jpg

煮立ったところに、もつを入れます。
少し小ぶりのサイズでしたが、臭みは全くありません^^

IMG_2094.jpg

再び煮立ったところで、ちぎったキャベツ、もやし、半端に残ってたしめじ、豆腐を入れて蓋をして煮ます。

IMG_2095.jpg

しんなりとしてかさが減ったら、ニラも加えて軽く煮れば完成〜!!

IMG_2097.jpg

熱々!!【やまや】のもつ鍋の出来上がり〜♪

IMG_2105.jpg

とにかく香りがいいーーー!!

あごだしのしょうゆ味。
私個人的な好みで言うと、前回のものより今回の方が出汁の味が好みでした!
野菜を多めに入れたので、それで味が濃くならなかったと言うのも大きいかもしれないですが
出汁のしみた野菜がとにかく美味しくて、
キャベツ1玉・ニラ2束・もやし1袋、豆腐一丁・しめじをペロッと完食です!!
これだけ野菜が食べられると気持ちいいですよね^^

野菜が安かったから、外に食べに行くことを考えれば安いもんです。

IMG_2108.jpg

もつも甘みがあって、臭みは全くなくて美味しかった〜♪
小さめなのが逆に私は食べやすくて気に入りました。

IMG_2107.jpg

食べ終わったらシメのちゃんぽん!
凍ったままの麺を出汁に入れて煮ます。
入れてすぐに麺がほどけて、スープに馴染んだのには感動。

IMG_2110.jpg

麺がふっくらとして、出汁を吸ったところでいただきました!
モチモチのちゃんぽん麺、旨味たっぷり吸い込んで最高に美味しかった〜♡

IMG_2113.jpg

寒い日の晩ごはんに、みんなで囲んで食べるのがいいですね〜♪
これは、私の中で一番好きな味だったので、すぐにお正月用にもリピ買いして冷凍ストックしておこうと思います!
(長女は前回のスープが好きだったらしい。次女は麺は前回ので、スープは今回の!と人それぞれ好みが違いました〜。笑)

もつ鍋好きの皆さん、食べ比べしてみませんか〜^^

やまやは明太子も美味しくて大好きなんです。ゆずの風味が上品で!これもお正月用に買って冷凍しているので、食べるのが楽しみです。

この鍋、プチプラだけど使いやすくていいですよ〜!何よりも麺が取りやすい♪


さあ、12月も後半に突入ですよ〜!
残り半分も、体調管理に気をつけて、一緒に頑張りましょうね♪


それでは、みなさんにとって明日が笑顔あふれる素敵な日となりますように。
毎日、まいにち、ありがとう!!


クリスマスや記念日のケーキの飾りに♪
チョコプレートの作り方 | toiro note 〜トイロノート〜/家族が笑顔になる、いつものごはんを彩るレシピサイト。"
デコレーションケーキなどに飾る、チョコプレートの作り方です。 【準備するもの】 ・チョコペン(速乾性)必要な色数分 ・OPPフィルム(クッキングシート)1枚(イラストのサイズ) ・イラストの原画 1枚 ・OPPフィルム(グラシン紙)コルネ用(細かい線を書く用) ・色を自作する場合→食紅(Wiltonカラー) まずは、作りたいイラストを実寸サイズで用意します。切り抜きやコピーなどでOK! バットをひっくり返し(厚紙でも可)イラストの原画を貼り、その上にOPPフィルム(クッキングシート)を原画より一回り大きいサイズで貼ります。 透明のフィルムの方が描きやすいです。 ※文字を作る場合は、反転させた原画を用意します。 細かい線を書く場合はOPPフィルムでコルネを自作します。 (コルネの作り方はコッタさんのサイトを参考にしてください) チョコペンの先は割と線が太いため、細かいイラストなどの場合はコルネ型に移し替える方が綺麗な仕上がりになります。 チョコペンは湯煎で溶かします。(マグカップにお湯を注ぐ方法でもOK) 細い線を書く場合は溶かしたチョコをコルネ形に流し込み、テープなどで口を閉じてください。 まずはイラストのアウトラインを描きます。 コルネで描く場合は先端をカットする際に線の太さを決めます。 次に、アウトラインから出来るだけはみ出ないように色を入れていきます。ここは手早く作業します。流すカラーチョコでアウトラインが溶けてしまうので注意! このように同じ色のところは一気に色を入れていく。入れたら固まるまで待つ。 (急ぐ場合は冷蔵庫へ) 余ったチョコはラップを広げて中心に絞り出して巾着形にしておくと再利用する際に湯煎で使えるので便利ですよ〜^^ 続いて市販のチョコペンに無い色の作り方。 基本的に白チョコをベースに作っていきます。ウィルトンカラー(食紅)を爪楊枝の先に少量取って加え好みの色を作ります。 チョコが固まっている場合は、湯煎にかけながらベースのチョコを溶かしてから色を作ります。 使い捨てスプーンなどでムラなく綺麗に混ぜて。 こうして、ない色を含め、全ての色を入れます。チョコが固まるまで待ちます。 (急ぐ場合は冷蔵庫に入れるとすぐ固まります)
toiro-note.com

インスタグラムやってます!フォロー&いいね!お願いします♡
banner_insta.png

私が愛用してるもの、欲しいものを集めてます!
banner05.png

北九州市のふるさと納税もよろしくお願いいたします^^


トイロのレシピサイトが出来ました!

トイロノートのfacebookページです。フォロー&いいね!が更新の励みになります♡どうぞよろしくお願いします!

バナー.jpg

170424.jpg

02main.jpg



コッタのオフィシャルパートナーをさせていただいています。お菓子作り、パン作りの材料はここでゲット!





良かったらLINEのお友達になってくださいね^^お友達19万人突破ありがとうございます!(通知音は消すことも出来ます)
友だち追加数

私が使っているウォーターサーバーです。


日用品はロハコで毎月買っています。ポイントがしっかりつくので嬉しい〜!