随分ご無沙汰しておりました。
先月の末に同居していた義母が亡くなりました。

入院してわずか3日の出来事でした。
急だったものでもうバタバタで、幸いだったのは歳相応だった事と、介護もなく、誰も悲しまず笑ってお別れ出来た事です。

ハッキリ言って、結婚する前から義母とは印象が悪く苦手・・・、いや、嫌いでした。それは亡くなるまで同じで、亡くなってホッとしたぐらいです。

仕事人間で家事はまるでダメ。自慢好きで自信家。私の子供と自分のムスメの子供を差別し、かと言って人より優れている訳でなく、自分でも分かってるくせに直さない。私はずーっと距離を取って生活してきました。

おかげで、義母との思い出は殆どありません。それは良かったと思います。

実母の時のように悲しみに暮れる事もありません。このほぼ1ヶ月恐ろしい程の物の処分に明け暮れていました。

コロナウィルスで外出も出来ないので
ちょうどいい仕事だったのですが、今日終了しました。
45Lのゴミ袋で30袋以上の洋服が出ました。殆どがクリーニングに出されて2度と着なかった物と、新品のタグの着いた物でした。
きっと義母の生きていた時代は仕事の心配もなく、裕福に暮らしていたのだと思います。

それだけの物を溜め込んでいたと思うと何ともやるせない気持ちになりました。本人は物のない時代に生まれて捨てる事が出来なかったとは言え、今生きている自分たちはとても考えられない事です。

人に譲るとか寄付するとか考えつかなかったのかと思います。
結婚した当初義母が、「ボランティアって、お金も貰えないのに何で仕事するの?」と言っていたのが、ものすごく心に残っています。

そういう人でした。
平気でバレる嘘もよく付いていました、

本人は好き勝手に生きて良かったんだと思います。

今でも、義母に言いたい事は山ほどあります。でも、死人に口なし、
死んだ事でイーブン、私も自由になりました。
ちゃんと毎日お線香はあげてるから恨まれる筋合いはないと思ってます。

どうぞ安らかに・・・。

これからもあなたがいてもいなくても
日々は過ぎていきます。

私は変わらず、私で生きて行きます。