月別アーカイブ / 2018年08月


DSC_0471.JPG
11日から始まった休みも明日で終わり。なかなか予定通りにいきません。
長男からは15日まで帰らないとメール。

13日のお墓参りは突然の大雨で、どうなることかと思いましたが、毎年行くラーメン屋さんで食事をしていた間に止んでくれました。
旧岩室から旧吉田のお寺を回り、夕方我が家と親戚のお墓に参り、終了~。
DSC_0472.JPG
15日に来ると思っていたお寺様と親戚の方が、14日早朝に来てしまい、何も用意してなかったのでバタバタしまして、精神的に疲れました。

その上あの暑さ。居間から出られず、外に行く気も失せてひたすら撮りだめたTV番組を観るのみ。

本日ぽかんと予定が空いて、ダンナはすかさず麻雀のメンバーを集め(こういう時は物凄く行動が早い。何故仕事に生かせないのか、不思議。)
もう朝からジャラジャラ。
急だったんで、次男をカラオケに誘ったら予定変更に対応できない彼は即答でNO!

仕方ない。ひとりで行こう!

歌いまくりました。
日頃のうさを晴らしに。
延長しても良かったなー。

カラオケから帰ってきたら、朝帰って来て、小学校の同級生と会う約束を忘れてて猛ダッシュで出掛けた能天気な長男がご帰宅。
同級生がみんな変わってて分からなかったと言っていたが、自分が一番変わってて、誰も分からなかったそうだ。
その後やっと墓参りに出掛けて行った。

暑さのせいで予定が大狂い。
明日から次男は仕事です。最後の休みはお盆の後片付けです。
夕食はお盆〆の家飲みでーす❤️
ずーっと飲んでたもんね。
ああ、体重が…。
休み明けが怖い😱😱😱

DSC_0467.JPG
お盆休み突入。しょっぱなから身体がついていかず、ダラダラ。

ダンナは恒例の朝から麻雀。私と次男はカラオケ。長男は昨日から東京の友人宅へ。帰ってきてから残り物で中華風にゅうめん。

白だしスープに鶏油を入れて、刻んだ大葉とネギ。昨日のそうめんを入れて食べるときは胡椒で。
んーまいっ!
DSC_0468.JPG
そうめん作りすぎて夕飯もそうめん食べるつもり。自己責任です。
夕飯はトマトとツナ缶のそうめんをしようかなと。トマトとツナ缶とめんつゆを混ぜて、そうめんの上に乗せるだけ。これはトマト農家で、新潟日報にブログを書いていらっしゃる曽我ファームの奥様のレシピ。私も夏の定番になっています。

んーまいっ!

やってみそ😆

サッカーはあきらめました⤵️
暗闇から抜け出せないチーム。
少しでも光が見えるといいな。


IMG_20180811091931_.jpg
活字大好きです。なくてはならない。
電子図書の時代ですが、やはり昭和生まれの私はカバンに入る文庫本が好きです。
今もっぱら読むのは病院の待合室。長男がまだ喘息の薬をもらっているので、2ヶ月に1回は行っています。


DSC_0465.JPGこれでも減らした口です。なるべく読んだらリサイクルショップに出してます。

私と活字の出会いは3才。読めもしないのに新聞を見ていたそうです。父がめずらしかったのか、写真を撮ってくれてました。今もあります

本当に字が読めたのは5才ぐらいだっと思います。幼稚園で先生が読んでいた本の文字を追っていったら分かるようになりました。
嬉しくて先生に言いに行ったのを覚えています。
DSC_0466.JPG

それから怒涛の読書の日々。我が家は裕福ではありませんでしたが、本はいくらでも買ってもらえました。ちなみに、洋服とおもちゃ、音楽関係(レコードとか。)の物は絶対買ってもらえませんでした。

与えられた本はボロボロになるまで読みました。小さい頃は叔父も住んでいて、少年漫画が身近にありました。漫画も大好き。漫画は吹き出しにルビがふってあるので、漢字はほとんど漫画で覚えました。

小学生になったら図書館の本を片っ端から読みました。高学年になったら図書委員もしました。当時私が好きなジャンルは伝記と歴史、昔ばなし。漫画は少年漫画と少女漫画の2刀流。
中学はノンフィクション、天文学、オカルト系も読みました。推薦図書も読みましたね。中学でも図書委員をしました。
高校は部活動が忙しくて記憶にないです。年頃だったんで、雑誌が多かったかも、ファッション誌ですね。

社会人になっても漫画は読んでました。あと、トレンディ系の作家さんの本を読んでました。吉本ばななさんとか、村上春樹さんとか。村上さんはあまり好きではなかったです(今でも。笑)

結婚してからは、ネットでいろいろな本が手に入るので、新聞広告で見たりメディアでお薦めの本があると買ったり、ジャンルはファンタジー系とサスペンス系。刑事ものが好きです。
一番ハマってるのが、小野不由美さん。「12国記」。

大分前にアニメ化もしてたのに知らなかったんですね。全巻読破。この本の前に「死鬼」を読んで、「魔性の子」に繋がり、「12国記」に至ったんだすね。映画になった「残穢(ざんえ)」は映画化する前に読みました。
早く新刊が読みたいです。

あとは、浅田次郎さん。「蒼久の昴」NHKのドラマでもやりましたが、もうこれも大好きです。続編の「中原の虹」もおもしろいです。映画になった
「地下鉄(メトロ)に乗って」も良かったです。

話すとキリがない。止めます。
どうぞ、みなさんも読書してみてください。涼しくなると読んでみたくなる本が出てくるかもですよ。



↑このページのトップへ