月別アーカイブ / 2018年05月



IMG_20180511_122718_722.jpg
今日は仕事でした。大好きなアルビの試合が観られなくて残念だったけど、ネットで結果を見て、ひゃっほ~いと歓喜の雄叫びを上げて、只今祝杯中。
大好きな家飲みです。

ふと、思い返すと、私はしょっちゅう上を見上げていると言うことに気がつきました。空を見るのは大好きですが、飛行機が飛んでいるのを見るのも好きです。
機体が大きく、低く飛んでいるときはきっと新潟空港に降りるんだろうなと思ったり、新潟から遠くへ飛んでいるときは福岡かな?大阪かな?と思いを巡らせて楽しんでます。


IMG_20180511_122718_723.jpg
小学生の頃、近くのスーパーの向かいの家からザクロをもらってスーパーのベンチで食べていたとき、ボーっと空を眺めていたら雲が動いて行くのを見て、初めて雲は動くのだという事を発見して、猛ダッシュで家族に言いに行ったのを覚えてます。

夜も空を見ます。今度は星座です。私のスマホには星座のアプリが入っています。寝る前にみんなが寝静まっている頃、窓を開けてアプリを起動して星座を探します。今なら蛙の声をBGMに少しだけ星を見ます。
じっくりは無理でも、ささやかな楽しみです。

都会でも上ばかり見るので、長男はおのぼりさん丸出しで恥ずかしいからと一緒に歩いてくれません。おかげで街灯にぶつかったり、人にぶつかったり、ちょっと迷惑ですね。

でも、うつむいて歩くより新しい発見がたくさんある気がするんですが、
どうでしょうか?
やっぱり危ないかな?



DSC_0363.JPG
連休最終日、次男を連れてサッカー観戦へ。さすが連休、どこへ行っても人だらけ。天気もそこそこで、試合こそ負けたけど、ゴールも出たし、いい試合だったと思う。

次男は後半戦になると観ないで、売店のある辺りでゲームをしながら待っている。それで、私は試合終了10分前にスタジアムを出る。混雑を避ける為と、観ないで待っている次男が気になるから。
そこまでくれば、だいたい結果も分かるし、次男の目的はもう帰る事になっているから、ちょっと残念だけど、帰る。
一番のシャトルバスに乗り、新潟駅へ。すぐさま乗れる新幹線に乗り、あっという間に燕三条。
DSC_0360.JPG
カラオケに行きたかった次男はカラオケ屋へ。やっぱり混んでて、アウト。
機嫌が悪くなり自宅へ歩いて帰ると言う。いつもそうなので、どうぞと別れる。
私は電車で帰ろうと駅に戻り、時刻表をチェック。

え?

電車ない!

1時間後!

苦悩する…。どうしよう、タクシーに乗るか、いやいやさすがにもったいない。1時間待つか?それも時間がもったいない。電車に乗ってる時間はだいたい3分、距離にして2キロはない。と、いうことは30分あれば歩ける。新潟だって、駅から万代、古町まで歩こうと思えば歩ける。
最近歩いても片道15分ぐらいだったから、ちょっと不安。ま、歩くか。

燕三条からてくてく歩く、歩く。でもここら辺は庭みたいなもんだから、裏道だってお手のもの。子供のころよく遊んだ所を通り、車があまり通らない道を行く。

空き地が多くなった。
逆に遊び場だった広場が宅地になってた…。

夕方近く曇り空、少し寒くなってきた。橋を渡り、駅に向かう。
駅のコンビニで夕食を買い、手ににぶら下げて自宅へ歩く。

見慣れた景色にほっとする。さすがに脚が痛い。膝にもきてる。
歳とっても結構歩けるんだなぁ。明日からの筋肉痛が心配だけど、家に帰ろう。

時刻表の確認はするべきだな。
車社会に慣れすぎてた自分を反省。

今日は久しぶりに主人が自宅で麻雀大会。朝から夕方という予定で、私はフリー。
次男を連れてこちらも久々のカラオケへ。

次男は燕三条店がいいというので、飛び込みで行ってみました。
ちょっと嫌な予感したんですが、案の定予約で一杯。
事情を話したら次男も、予想通り予定が変わったので機嫌が悪くなり自宅へご帰還。
私だけフラストレーションがたまり、
そのまま吉田店へ。
DSC_0358.JPG
初1人カラオケ。
でも、いつも次男がいても勝手に帰ったりするので、あまり違和感なし。
いつもの店員さんもにこやかに「おひとりですか?」

いつも通りに2時間で、1人だから時間余るかな~?なんて思ったけど、とんでもない!
延長しようかな?なんて思うほど。
どんだけ好きなんだ!

もともと歌うのは大好きで、次男とともに通うようになったら、上手くなったんですよ。
採点ランキングが大好きで、次男がいるとできないので、採点しまくり。

一丁前に点数気にして次の曲選んだり、1人だと、プチボーカリスト。
気分いい~🎵

雨も上がって、店を出る頃は天気もココロもすっきり❤️

家でもんもんとするときはカラオケだな。
相手がいなくても楽しいことはたくさんある!

病み上がりのおばさんが再発見したことでした。

↑このページのトップへ