連日平成最後が叫ばれる中、夜布団に入ってから自分なりに考えました。
ちなみに休みの前日です。平日やってしまったら眠れなくなって仕事にならない・・・。

平成に変わる時は昭和天皇が崩御した時だったので、もう何が何だか。あっという間に「平成」と決まり、会社の同僚と古臭い名前だよね~と言っていました。今回と同じく伝票の年号のハンコを作り、昭和に線を引き、ひたすら押しまくる日々。それでも慣れていくもんですよね。

まだバブルが残ってた時期だったので、楽しい会社員時代でした。中国に行きたくて、ツアーに申し込んだら天安門事件で中止になって、その後別のツアーでオーストラリア行ったり、弟がハワイで結婚式したり、会社に宝石商が頻繁に来てたり。20代そこそこの人間が、毎日飲んで歩いたり、海外旅行とか行ったりしてたんですもん。

その後阪神淡路大震災があり、会社の大阪営業所の方が被災したり、災害を、身近に感じました。

平成1桁で結婚して、会社を寿退社。すぐ子供が生まれて最近まで子育てに明け暮れました。次男は障がい児だったので、平成は子育てと災害のイメージが強いです。

災害は2度ずつあった地震と水害。まさか2度も!と思いました。私達の親世代は地震に関しては3度です。おかげて中越地震の時、義父の経験からあわてずに済みました。

私達の町は被害は少なかったのですが、隣町は水害で大変な被害に合いました。仕事でしょっちゅう行き来していますが、あの時の風景は今も覚えています。

すぐ真夏になったので、土埃と独特の臭い。水位がわかる泥の跡。
人間が1番偉いと思ってはいけない。
自然には逆らえない。
しみじみ思いました。

平成が終わると言っても何が変わる訳ではないし、変わる必要もないです。
1日は24時間で、1年は365日。月は12あって季節は4つある。

朝が来て、ご飯食べて仕事する。
夜が来て、お風呂入って寝る。の、繰り返し。
その間にささやかな楽しみや喜びが挟まってくる。
嫌な事や悲しい事も・・・。

つまんないって思っても、それが幸せなんだよね。宇多田ヒカルの歌で、
代わり映えのしない明日を下さいって言う歌詞があって、胸にグッと来たんだな。そうだなって。
代わり映えのしない明日・・・。

朝、目が覚めるって奇跡よ。