②まっことの出会い
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1674.JPG


昨日はよ大嫌いなオヤジの話ししたからよ

4DmISeVDjU.jpg

今日はよ

命の恩人のまっこの話しするぞ

実はオレはよ!

生まれてすぐ1歳の頃かな〜

オレは今は13歳になるんだが

12年ぐらい前の2月ぐらいだな

母親とはぐれてしまって

迷い猫だったんだよ

迷って迷って

一生懸命にゃーにゃー泣きながら

母親をあちこち探しまくったんだよ

でも自分がどこにいるのかもわからないしよ

母親は見つけないしよ

腹わ減るしでよ

もう動けない状態だったんだよ

そんなときなんか明るい建物が見えたんだ

近づいてみるとそこは病院だった

人間がいっぱい出入りしてたから

入ってもいいのかなと

ササッと中に入ったんだ

そしたらおっかね〜おばちゃんが出て来てよ

『シッ!シッ!』

って言うんだよ

どうやら中には入れてくれないらしい

どうしようか

行くあてもないオレは

そこの入り口でずっと泣いた

このまま母親見つけれなかったらどうしよう

このまま寒くて死ぬんかな〜

と思っていた

そんなときに1人の若いねっちゃんが話しかけてきた

『どしたの?こんな寒いのに〜まだちっちゃいじゃないの』

そうこの若いねっちゃんこそが一生を共にする

まっこ(飼い主)だった

腹が減っていたオレにメシをくれて

いっぱい撫でてくれた

嬉しかった

なんとか生き残れた

その日はまっこはどっかに行ってしまったが

毎日毎日まっこに会えるんじゃないかと思って

病院に通った

まっこは毎日話しかけてくれてメシをくれた

そんなときにまっこから言われた

『もしよかったらウチに来る?私と一緒に暮らす?』

すぐさま
『ニャー(うん)』

と応えた

それがまっことの出会いだった

つづく




今日はここまで

今日も寒かったからねる
NceFrvEYWH.jpg


ティガーマスクTV


↑このページのトップへ