04-01.png
はじめまして、スタッフHです。

9thアルバム『9999』の発売まで、約1ヶ月半となりました。
今回は、初回生産限定盤のDISC2とCD先着購入特典のDVDに収録されるライブ映像"全11曲"から、2016年の全国ホールツアー岡山公演より「パンチドランカー」をご紹介します。


2016年、再集結の年。
全国アリーナツアーに続いて開催したホールツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 –SUBJECTIVE LATE SHOW-」。
そのファイナルの地が、岡山でした。

ホールツアー最終日が岡山だったこと。そして、その日「パンチドランカー」が演奏されたこと。
そのことに、偶然ではないものを感じた方も多いのではないでしょうか。

そう、2013年に公開されたドキュメンタリー映画『パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE』でも映像化された、あのシーン。

「 このツアーは失敗でした 」

ボーカルのLOVINがMC中にそう発言した場所。それがまさに「PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99」前半戦、ホールツアー最終日である岡山公演でした。

1998年といえば、インターネットも普及しはじめた頃で、遠く岡山でのその発言は、当時はスタッフではなかったわたしも噂に聞き知っていました。
真意をつかみ得ないなか、その大きな反響は“混乱”に近いものだったと記憶しています。
一年で113本もの公演を行いながら、その間に4枚のシングルをリリース。メンバーは多忙を極め、岡山公演の一ヶ月前にはLOVINが過労で倒れていたことも後に知りました。

あれから18年。
公演当日、公式SNSに『 岡山でのライヴは「PUNCH DRUNKARD TOUR 1998/99」前半のホールツアー最終日である'98年10月6日以来約18年ぶり。』と書き込みながら、わたしは深い感慨を覚えていました。

年月を経て、再び岡山で打ち鳴らされた「パンチドランカー」のイントロ。ANNIEのドラム、HEESEYのベース、EMMAのギターと音を重ね、最後にLOVINのギターが重なって完成していく。
次々にスポットライトに射抜かれる4人のパフォーマンスは、18年前に強烈に叩き込まれたあの興奮を一瞬にして呼び覚まさせるものでした。

さあ、新しいゴングが鳴り沸き立つ瞬間を、もう一度その目でご覧ください。

--------------------------
▼『9999』ご予約はこちら
--------------------------
▼『9999』特設サイトはこちら
--------------------------
▼『9999』世界最速先行試聴会開催!
--------------------------
▼全国ツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-」特設サイトはこちら
--------------------------