冬馬です。

2021年5月13日木曜日

心斎橋BRONZE

はじめての個人企画。


--------

弾き語りをやり始めた頃、何の自信もなくて

ただ、

ボーカルは弾き語り出来た方がエエで

って当時出てたライブハウスの店長に

言われたのがきっかけ。


歌が下手で 歌うのがツラくて

でも続ければいつか、って


ちょっと時間かかりすぎたけど

ライブ中に時間足りね〜!!!

って言っちゃうくらいにはなれたよ。

あの頃の自分

勇気持って続けてくれてありがとう。


--------


3月にツアーが終わって

個人的にもバンド的にも

すごく変われたツアーでした。

だからこそ

次のツアーまでの2ヶ月で

更に自分を変えたかった

1人の人間として

挑戦してみたかった。


今ならやれるって、思えたから。


--------


" prayer "

祈る者。


言葉や音楽に、力があって。

簡単に人を、人生を変えてしまうような

大きいようで、ちっぽけで


目を背けたくなるような眩しい音楽も

そっと寄り添ってくれるような優しい音楽も

思いっきり蹴り上げてくれるような力強い音楽も

勝手に込み上げてくるような悲しい音楽も

やっぱり生きていたいと思えるような音楽も


全てが自分の糧になって

それが誰かの糧になる


どうかそんな世界であってほしい

せめてライブハウスの中だけでも


そう願って、やまないです。


--------


2021年5月13日木曜日

心斎橋BRONZE

岡本冬馬×BRONZE pre.

"prayer"

OPEN/START 18:00/18:30
TICKET ADV/DOOR ¥2000/¥2500(+1D)

岡本冬馬(the whimsical glider)
前田典昭(ソウルフード)
石田純一(Day tripper)
木村健人(hananashi)

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1883.PNG

--------
 

まさに、今の僕とBRONZEだからこそ出来る日。

たかが弾き語り、だからこそ出来る日。

きっといい日になる


初個人企画、遊びに来てくださいネ


弾き語りの会場でだけ

弾き語りの音源販売してます。

「たいせつ/アイ」

もう2年ほど前に録ったやつだから

今聴いたらちょっと恥ずかしいけど

一生懸命録ったやつなんで

聴いてやってほしいな

在庫ももう少しなので

今のうちに手に取ってやってください


--------


最近はなんだか

生きることがうまくいかない気がして

落ち込む瞬間もあったりしたけど


スタジオで新しい曲やって、セットリスト決めて

わくわくして

生きててよかったなあ

って思えたので

まだまだ大丈夫です


もっともっと感じてたいなあ

もっともっと通じ合いたいなあ

って思います


--------


とにかくコロナさん、落ち着いてネ

ほんと、全人類願ってます。

みなさんもお身体にお気をつけて。

元気で笑って会いましょう

でわ


とーま

3年ぶりにブログを書きます。



2021年3月27日(土)

the whimsical glider 2nd mini album『Shiki』
リリースツアー"花束を君にツアー"と題し
ツアーを回っていました

そのツアーファイナル大阪が、3月27日。

既にファイナル東京編、愛知編を終え

現メンバーになり丸一年となる節目に
こうして大阪でイベントを企画し
3年前とは考えもつかないほど
たくさんの人に出逢い

今もこうして音楽をやれています

ほんとーーーーーに感謝。




新しく出逢った人たちにもうちらのこと、
というより僕のこと、を少しでも知ってほしくて

そして3月27日という日について
書き留めておきたくて
重い腰を上げてブログを書いています。



---------------
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1352.PNG

こんな感じ。スリーマン。
40分ステージ。


まずはROVING GRANDPA。

ボーカルのナカジと僕。

似てるようで、似てなくて。

かけ離れているようで、意外と近くて。

出会いは、うちらが
1st mini album『Calling』のリリースツアー中
千葉のライブハウスでの対バン。

グランパは当時のギターが怪我?をして、
ナカジが慣れないスリーピースで
マーシャル2台繋ぎで(違ったらごめん)
爆音出してめちゃくちゃ踏ん張ってたのを覚えてる。

すげえ根性あるなって思って、
でも爆音すぎて
なんだかよくわかんなくて(正直でごめん)
その時はあんまり話さなかった。

でも、そのあと大阪で対バンした時
4人でのライブを見て
めちゃくちゃええバンドやん!!
って思ったのも鮮明に覚えてる。
なんなら、ちょっと良すぎて怖かったまである。

僕のことを先輩として扱ってくれるけど、
僕は全くそんなつもりなく、
ほんまに愛を持って
仲間でありライバルやと言えるバンドやから、
今回呼ばせてもらいました。

尖ってて、でもちゃんと愛を持って
歌ってくれるバンドです。



アルコサイト。

ドラムの森ちゃんは、
お互い前のバンドからよく対バンしてて。
打ち上げで初めて
無理矢理お酒飲ませてきた先輩でした。
(これ言ったら怒られそう!笑)
そもそもがめちゃくちゃ優しい人やから。

でも、それもうちら(前のバンド)のこと
気に入ってくれたからなんやでって
お前も何年かしたらわかるわって
当時出てたライブハウスの店長に言われて
今ほんまにその気持ちがわかるから
(僕は無理矢理飲ませはしません)
ずっと対バンしたくて
でもうちらもメンバー抜けたり
いろいろあってようやく、感でいっぱいやし
即決で出てくれたのもほんまに嬉しかった

ああ、前のバンドでドラムが骨折した時
急遽名古屋でスタジオ一緒に入って
ライブしてくれたこともあったなあ

もちろん、対バンしたいというのは
アルコサイトというバンドが
そもそも最高である、というのが大前提。

ベースのはまも、前のバンドからの付き合いで。
対バンじゃなくバンドマン同士の
飲み会で会ったりして
これもようやく、感がすんごい。
なにせ、嬉しいでしかないの。



---------------

出会いと、別れ。
3月は嫌というほど実感する

"花束を君にツアー"は、いったんここで終わり。

どんな思い出があるかな?
きっと、うちらだけじゃ叶えられなかったこと
あなただけじゃ叶えられなかったこと

一緒にライブハウスにいたから叶えられたこと
ほんとにたくさんあるよ。

悩むこともあるし、
未だにライブハウスに行くことを
躊躇わなきゃいけない立場の人もいる

それでも、音楽を好きになって

ライブハウスを好きになって

あなたの時間を使ってくれること

一生かけてでも恩返しがしたいよ

見せたい景色がたくさんあるんだ

距離だって遠い人もたくさんいる

まだまだ出逢ってない人もたくさんいる

これからが楽しみで仕方がない


その時に、あなたがいてくれなきゃ意味がない、
までは言わないけど

どうかその時その場所で
共に生きられたらと願ってやまないです。



---------------


守りたいもの

失いたくないもの

手放したくないもの


そんなことばかりじゃ、息詰まっちゃうからさ

とてつもなく大事で、あたりまえなんだけどね。


あなたが思うように

あなたがあなたでいられるように

僕もそういられるように

僕は僕のために

そしてあなたのために

歌をうたっていこうと思います。

3月27日(土)

どうか心斎橋BRONZEで会えますように。





---------------

P.S.
また気が向いたら書きます
読んでくれてありがとネ




the whimsical glider
Vo&Gt岡本冬馬

3/13、渋谷club asia

3/14、府中Flight

ありがとうございました。


僕らの音楽を聴いて

CDを買ってくれたあなたが

今の僕にとっては全てだ


ありがとう





目を見てあなたに歌うボーカリストとして


昨日今日みたいな日に関われていることが本当に光栄に思います



また必ずライブハウスで会うんだ


またね


あいしてるよーーーー

↑このページのトップへ