ALONE 楽曲解説
"A Matter of Life and Death"

美月でおま。
楽曲解説を意外と求められるので今回も私見ですが書いて見ました。
あくまで私の偏見ですのであしからず。
歌詞はわたしわかんないんで媒体さんインタビューまで。


この作品を締めくくるラストソング。
ですが実は制作段階ではこの作品のオープニングの曲を作るという意図で制作してました。

サイレンが出来上がってこの作品の方向性が見えたところで儚さと綺麗さと哀しさの序章をというのでこのイントロが出来上がりました。
これはもうベースありきでそこから作りました。
コードは変わってるんだけどキーコードとオンコードでずっとフレーズがリフレインしているイメージだったのでメインイントロのベースフレーズから出来上がった曲。

そこにアコギで儚さを演出した時点でもうこの曲が見えたと言っても過言ではないです。

空間系のエフェクターを駆使してギターはこの曲の世界観を表現してます。
フレーズというより曲の印象となる広がり感。
これがほんと普通のパワーコードだと壊滅する曲です。

ギターソロはここだけメジャーコードに変わるのでタイトル通り天国への階段の意訳。
駆け上がるイメージでトレモロ弾きでエモさとのぼってくイメージにしました。


ベースはもう。
ベースのための曲というくらいこの曲の比重のほとんどを占めています。笑
ベーシストのための曲。
このフレーズありきで出来上がって世界感です。
ベースがリフレインして搔き消すコード感こそ、この曲の良さです。
デモで今のフレーズのプロトタイプを提示してその後kazuさんにさらにブラッシュアップしていただきました。
これがやばいんです。笑
まるまる一曲ベースラインを追ってライブみるのも絶対いいとおもいます。
というくらいベース曲。

ドラムもマイナス。
あえての四分打ちがミソです。
この淡々とした色のない雰囲気が引き立たせてくれてます。
リムショットもすんばらしい世界観だしてくれてるし。
ちゃんとマイナスを理解してくれてることに感謝。
デモだともうすこし細かかったけど最終これがすごくハマってていいですね。

個人的にはサビ後のAメロの途中でベースだけがフレーズ弾いて他が抜いてるとこのアレンジがたまらんです。笑

そして何故オープニングとして作ったのにラストソングになったのはサビのアレンジのため。

実はここメジャーキーに転調してるんですが、元々転調せずそのままの浮遊した空気の中サビ予定だったのを開けるサビに変えたためです。
それによってかなり曲の印象が変わってEPの6曲のみで並べた時にラストになったわけです。
まさに哀しみを浄化する曲になったのでラストにしました。

とはいえライブでは1曲目なことも多いです。
元々サビまではオープニング要員でしたのですごく世界観が作りやすいのと、ライブの過去曲やライブの流れを考えるとオープニングにも使えるから。

ほんとそれもたぶんライブで聴いて聴こえ方も変わるかなと思います。
そんなのも踏まえてまた聴いてもらえると印象変わるとおもうので聴いてみてね。

https://linkco.re/q2fPPs3x