ALONE 楽曲解説
"alone without equal"

美月でおま。
楽曲解説を意外と求められるので今回も私見ですが書いて見ました。
あくまで私の偏見ですのであしからず。
歌詞はわたしわかんないんで媒体さんインタビューまで。

このepの最大のクセ曲。
このテイストの曲を作りたくてずっとイメージにあったんですがやっと形にできました。

不穏なミドル曲。
コードにもかなり音コードやディスコードを混ぜていてこの空気に。
自分でもコード名わからなくて説明できないので押さえてるギター指板を動画で伝えるという最先端な伝え方。笑
不協和音気味のコードとピアノのアンサンブルがイメージあったのでここ重視でした。

音大卒のピアニストにもコード説明したら驚いてたくらいなのでなかなか渋いらしいです。笑
なのでジャズ調のハーフトーンクランチリードでイントロ。
そこに妖しさの中に綺麗さを入れて余計不気味にしたかったのでアコギもどっぷりと。
気持ち悪いコードを綺麗な音色で弾くと余計不気味になり大成功。
レコーディング後に思いついてアコギは更によくなりました。
あとはトレモロエフェクターのアルペジオがこの空気感をさらに演出してるかなと。
ギターアレンジに関してはこんなの出来るようになったかと自分でも驚いてます。笑

ドラムはねスンバラシイですよ。
打ち込みでも色々と今の雰囲気っぽいドラムは打ち込んでたんやけど。
とても裏ノリが大切な曲。
ゴーストも入ってかなりノリが出ました。
こーゆーのやりたかったってのをやってくれたので。
この曲はドラムみてるのもかなり楽しいよ。
かなり繊細に作り込まれてるので。
めっちゃ難しいと思います。
サビ後のセクションのタムワークとかやばいね。

ベースもデモ弾いてる時からかなりこの曲を支える曲です。
ゆうなれば全パートかなり見せ場のある曲。
イントロもうねりがほしくてこだわりました。
耳でしっかり追えるベースフレーズです。
イントロとAメロのベースラインのオシャレさかなりベーシストファンはたまらんのちゃうかな。
作っててもかなり手応えありましたから。笑

あとはBメロの後半のベースとボーカルメロディーがユニゾンしてるところなんかは完全なるkazuさんの確信犯です。笑
あそこはびっくりしたなー。
めっちゃいいです。
あとは、落としとかに高音でベース和音とかのフレーズもキテるしこれはかなりのベースソングです。

ライブでこの曲が変える世界観はとても大切です。
ライブ聴いてからだと更に音源での印象変わった曲やとおもいます。

今作の中で一番のアダルト曲。
これがあるだけでepのイメージが変わる大切な曲です。

https://linkco.re/q2fPPs3x