いよいよセミファイナル終わって残すはファイナルのみか。
終わりたくないなー。
今日楽屋でみんなも言ってたのが嬉しくてさ。
仲良しこよしは全くないんですよ。
ちゃんとリスペクトしあっていて。
セットリストに全バンドの志が色濃く出てるんです。
自分たちの正義が詰まりまくっててとてもエモい。

RAZORには圧倒的な会場を掻っ攫える勢いと凶暴性があってバンド力がそこに相まって一瞬でフロアの熱量温度をあげられる強さがあって。
そこにりょーがの放つ純粋にその空間を楽しむ熱量がどんどんメンバーへ、そしてフロアへ引火してくんよね。
それが心地よい。

GOTCHAROCKAの圧倒的なメロディーセンスと演奏力と楽曲の良さ。
一瞬で楽しいを掻っ攫うバンド。
一度聴いたら忘れない殺傷力の高いメロディー。
メロディーと言っても歌だけではなくてギターもベースもドラムも口ずさめる。
なんておそろしいバンドなんでしょ。
笑顔になれるに決まってるもん。

自分達らしさとは何かと自問繰り返しました。其々のバンドのよさとThe13にしかないもの。

あくまで自論ですがそこでたどり着いたのが。

真緒さんにしかない彼の、人の心に伝えるという表現力。

心を奪う。
というライブになりました。
声ひとつで圧倒してしまう彼こそがThe13の今のような気がして。

ほんと伝えるに特化したこのツアー。
ある意味とても挑戦的なツアーでした。
もっとノレる曲混ぜ込んで盛り上がってるように魅せることも出来たけどそんな保険的な発想では本気の轟音バンドRAZORに敵うはずもなく、なんとなくうちらが耳触りを求めたりなんかしてもGOTCHAROCKAにも敵わないなーと。

だから本当改めてGOTCHAROCKAとRAZORには感謝でしかないです。
本当の意味でのお互いを高め合うツアーだなーと。
そんな幸せなライブも残りはEASTのみ。

どうか盛大に刺し違えましょう。

その先、必ず全バンド、全ファン、愛が強くなってるに違いないですよね。

うん
熱くなりすぎたちゃん

#弦楽器隊
#The13
#GOTCHAROCKA
#RAZOR