c70UIoOFPB.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9365.JPG
Sad
And
Die
In
Effect

ピアノ、ヴァイオリン、チェロというスタイルでのSadieの楽曲でのコンサート。

2曲のみアコースティックギターで演奏させていただきました。


一曲は、
愛しさは孤独の支配者

この曲はあのリフレインのギターフレーズが降りてきた瞬間にもうこの曲が大切になるって確信したの思い出した当時。

アレンジとしてあのフレーズを弾くとなるとコード感がなくなりなんの曲かわからなくなる、だけどあのフレーズがなくコードだとあの曲の良さがなくなると音楽的な話をした時に、ギターを弾こうと思う実はと彼に聞いた時にその心意気にそれならばやろうと。
彼が弾き語り。
あのアルぺを弾く。
何年ぶりに弾いたろうかあのリフレイン。
あの頃と変わらず俺は歌を聴いて感情を聴いて弾く。
斜め向けてボーカル見ながら弾く。
右斜めから歌と呼吸と弾き語るギターを聴きながら弾く愛しさは孤独の支配者は慣れなかったけどこれがあの人景色かななんておもいながら感情で弾きました。
左斜めから弾くのはあん時にとっておく。
音源ではアコギだったけどライブでは当時システム上できなかったけど初めてみんなの前で愛しさは孤独の支配者のギターソロを音源どおりアコギで弾くことができたのは嬉しかったです。

まさか貴方と弾き語りで演奏する日がくるとはね。

響きましたよはい。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9395.PNG


そしてもう一曲は。
決めていいよと言われて決めた曲。
もう本編で何をするのか聴いていたのでそれ以外の曲で決めました。

最初せっかくのアコギだからRegret弾くか?
とも言われましたが。
アコギの見せ場はあるけど自分がどうこうというのは考えなくて。
自分がこの日聴くならば何がいいかなって考えた時に浮かんだのがlittle prayerとMESSAGE FROM HEREでした。

アコギ一本で合うのはMESSAGEかなって思ってそうようかとおもったけど。

どうしても当時からずっと

“例えばもし君の明日を変えられるならば
魂くらいは掛けてやるさ”

という歌詞がみんなへ伝えたい想いすぎて感情が入りこんで乱れるてしまう曲だったから。

そして、

その想いが今も何ひとつ変わらないから。
そんなのも伝えたくてlittle prayerに決めました。

この曲をどうアコギで表現しようかと悩んだけど、この歌詞に重ねて見て。
愛しさは孤独の支配者の、愛しさ弱さを表現するアプローチとは違うアプローチで。
little prayerには力強い想いが込められてる曲だからこそストロークで掻き鳴らす感情をぶち込む熱い想いのまま乗せるアレンジにしました。
想いをぶち込むように叩きこんだり弦が強く弾きすぎてフレットにあたって音が乱れるビビるという現象もあえてNGとしないそれくらいの感情こめて。
スラップもその強さをイメージして演奏しました。

そんな想いで選曲し演奏させていただいたlittle prayerでした。

どうだったかな??



自分の出番のあとはみんなと同じように1番後ろから触れていた。
亜季くんのピアノももちろん。

演奏者ではありましたが、どこかこの日はみんなと同じような感覚でした。
今聴くこの曲たちはどんな風に聴こえるのかなって想いがつよくて。
だから出来るだけリハーサルは聴かないようにしていたし。
準備の都合上自分の出演以降は全てホールで見てました。

ZEPPでは泣かなかったのに。
この日はダメでした。

理由はまたくるべき時に話そうかな。

改めて聴いた曲たちは痛いくらい突き刺さったな。
リアルを生きてたからこそ産まれた嘘のない曲だなと。

そして改めて。
ライターさんの言葉を引用させてもらうならば。
公演タイトルの。
ALIVE
の主語は楽曲たちでありSadieなんだと、この公演後想いました。


そのためにもやるべき今に全身全霊注がなければと思いました。

待つのではなくもぎ取りにゆく。

そのために始めた今を全身全霊に。
形は変われど動きだしたメンバーもいてるんだから。
それぞれに信念があってやってるからこそそれぞれの戦いに意味しかない。
心のそこにはちゃんと“哀しみ”は生きてるよ。

この日があったからこそ再確認。
今を全身全霊やる。

改めて、
Sadie、
The13、
を見つめられた機会でした。

素敵な機会を与えてくれてありがとうございました。

美月
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9383.PNG

美月です。
ABAGツアー無事ファイナルを迎えることができました。
このツアーで再確認した"ライブの在り方"があってこんなに熱く求めあえる関係性に愛を感じました。


この熱を帯びたまま夏は13アーティストとやりあう所存。
自慢のオーディエンスを自慢したいな13アーティストとそのオーディエンスに。
だからこそみんなの激情と激声が必要不可欠なんです。
この夏をかっさらうのはThe13。
どうか激声の援護射撃よろしく。
この聖戦を乗り越えれば必ず今以上に絆は深まる。
愛を証明しよう夏。

そして。
いよいよThe THIRTEEN応援してくれるみんなへの"特別"を作ることができました。

モバイルファンサイト的な。
ここでしか見れないものがたくさん。
ここでしかないコンテンツがたくさん。
ムービーや画像やウェブラジオやQ&AやThe13に関するチケット先行も、のちにはファンサイト限定のイベントとかもしたいなーって思ってる所存です。

何ヶ月に一回定期的なイベントしたいもの。
やりたいことあるんです実は、、、。

月額タイプなので気軽に特別な関係になって下さい。
よろしくお願いします。





SadieにはUNDEADがあって。
The13にもそんな存在なるものをつくりました。
これは変なこだわりなのかもしれなけどファンクラブなるものはUNDEADがあるからファンクラブじゃなくて、The13ではモバイルファンサイト的な形で、特別で居たかった想いがある。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
特別な愛には特別な愛で返す所存です。

そしてそしてモバイルサイト開設を記念いたしましてファン旅行も開催が決定いたしました。

より知ってもらえるためにそしてよりみんなを知るために設けさせていただいた企画。

企画はサイト見ればもう明らかになってることがありますが。
どこの旅行よりも濃厚に手作りで愛込めて楽しみたいと思います。

フォークダンスなんて、、、死語
それだけでもう楽しさが、、、

さらにナイトクラブ13とは何か?

とかもうみていただければ未知数だらけで楽しみです。

初回はどなた様もご応募していただける形になっておりますが、モバイルサイトにご登録して参加頂けた方には、会員様限定の特別な企画も考案中ですのでぜひご登録くださいね。

秋はギュッと距離を縮めましょう。
知りたいです愛してくれる野郎とお嬢様のこと。
全国からご応募くださいませ。



美月


The THIRTEEN公式モバイルサイト
「The THIRTEEN MOBILE SITE」開設!!

モバイルサイト開設を記念してファン旅行開催決定!!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9393.PNG

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9162.JPG

THEE MAD COUNTRY'S STOREにてTHE MALEVOLENT EDUCATIONの取り扱いが始まりました。
自身のオンラインストアも検討してるのですが業務人事で当面難しそうなので、ここの代表者と話し合いを重ねた結果こちらのサイトでお取り扱いしていただくこととなりました。
そうです、このサイトの代表者はずっとバンドで闘ってきたヤツです。
そんな意味でも、また別の道でもある意味ライバルだったり時には仲間だったり。
縁ってのは不思議だなーと感じるこの頃。笑


取り扱い以来速攻売り切れた商品もあり。
お得意様関係者様用に残していたものも追加しての最終販売になります。
数に限りがございますのでお早めにお買い求め下さい。
先日代表者様に在庫聴いたら残り3を切ったものもあったりします。
追加の予定はございませんのでお早めにどうぞ。

み。


_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9160.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9176.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9177.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8992.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9178.JPG

友だち募集。

GREMLINS summer tour2017
『錆びた音連れ世に嘆き』

に美月の参加が決定致しました。


Vo.&Gt. Hits
Dr. KNZ
Support Ba. Chiyu(SuG)
Support Gt. 美月(Sadie,The THIRTEEN)

7月26日(水)仙台darwin

8月4日(金)新宿BLAZE

8月15日(火)umeda AKASO

8月16日(水)名古屋CLUB QUATTRO




この4公演サポートさせていただきます。
ここは最高の遊び場です。
エンターテイメント集団の本気の遊びをぜひ体感してください。
The 13とはまた違う楽しさが溢れてます。
そしてギタリストとして修行の場。
ここで新しいものに触れて自分にまた新しい引き出しをつくる素敵な場所。

夏をかっさらう。
よろしくどうぞ。

み。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9139.JPG

↑このページのトップへ