ALONE 楽曲解説
"A Matter of Life and Death"

美月でおま。
楽曲解説を意外と求められるので今回も私見ですが書いて見ました。
あくまで私の偏見ですのであしからず。
歌詞はわたしわかんないんで媒体さんインタビューまで。


この作品を締めくくるラストソング。
ですが実は制作段階ではこの作品のオープニングの曲を作るという意図で制作してました。

サイレンが出来上がってこの作品の方向性が見えたところで儚さと綺麗さと哀しさの序章をというのでこのイントロが出来上がりました。
これはもうベースありきでそこから作りました。
コードは変わってるんだけどキーコードとオンコードでずっとフレーズがリフレインしているイメージだったのでメインイントロのベースフレーズから出来上がった曲。

そこにアコギで儚さを演出した時点でもうこの曲が見えたと言っても過言ではないです。

空間系のエフェクターを駆使してギターはこの曲の世界観を表現してます。
フレーズというより曲の印象となる広がり感。
これがほんと普通のパワーコードだと壊滅する曲です。

ギターソロはここだけメジャーコードに変わるのでタイトル通り天国への階段の意訳。
駆け上がるイメージでトレモロ弾きでエモさとのぼってくイメージにしました。


ベースはもう。
ベースのための曲というくらいこの曲の比重のほとんどを占めています。笑
ベーシストのための曲。
このフレーズありきで出来上がって世界感です。
ベースがリフレインして搔き消すコード感こそ、この曲の良さです。
デモで今のフレーズのプロトタイプを提示してその後kazuさんにさらにブラッシュアップしていただきました。
これがやばいんです。笑
まるまる一曲ベースラインを追ってライブみるのも絶対いいとおもいます。
というくらいベース曲。

ドラムもマイナス。
あえての四分打ちがミソです。
この淡々とした色のない雰囲気が引き立たせてくれてます。
リムショットもすんばらしい世界観だしてくれてるし。
ちゃんとマイナスを理解してくれてることに感謝。
デモだともうすこし細かかったけど最終これがすごくハマってていいですね。

個人的にはサビ後のAメロの途中でベースだけがフレーズ弾いて他が抜いてるとこのアレンジがたまらんです。笑

そして何故オープニングとして作ったのにラストソングになったのはサビのアレンジのため。

実はここメジャーキーに転調してるんですが、元々転調せずそのままの浮遊した空気の中サビ予定だったのを開けるサビに変えたためです。
それによってかなり曲の印象が変わってEPの6曲のみで並べた時にラストになったわけです。
まさに哀しみを浄化する曲になったのでラストにしました。

とはいえライブでは1曲目なことも多いです。
元々サビまではオープニング要員でしたのですごく世界観が作りやすいのと、ライブの過去曲やライブの流れを考えるとオープニングにも使えるから。

ほんとそれもたぶんライブで聴いて聴こえ方も変わるかなと思います。
そんなのも踏まえてまた聴いてもらえると印象変わるとおもうので聴いてみてね。

https://linkco.re/q2fPPs3x


ALONE 楽曲解説
"last period"

美月でおま。
楽曲解説を意外と求められるので今回も私見ですが書いて見ました。
あくまで私の偏見ですのであしからず。
歌詞はわたしわかんないんで媒体さんインタビューまで。

とても真っ直ぐなメロディーの生きる曲を作るという意図で制作。
敢えて今までは抑揚や展開を求めてしまうんですが敢えてほぼニュアンスを変えずに心がけました。
1番のBメロくらいかな大きくリズムが変わるのも。
ギターはほぼほぼアルペジオです。
テンションコードと開放弦色々使い分けてあの空気感が出来上がってます。
1Bとソロ以外はアルペジオのみですから。
ニュアンスと空気感とても大切にしてます。

Aメロは同じコードでもテンションコードが別の押さえ方しててここもサビとは聴こえ方変わるのでその辺も踏まえて聴いてもらえたらと。
あとはギターソロ。
あえてキャッチーにあえて90年代ニュアンスに今の自分のソロの代名詞的なオクターバーをかまして弾いてます。
これも最初はもっと今っぽいソロにしたけど曲に合わないなーとおもい変えました。
マイナスの美学が産んだソロです。

あとは導入のイントロも実はレコーディング開始しても出来ていなかったというか別のパターンでしたが。
レコーディングで歌だったりを聴いてみてこの形に変えました。
エピローグ的なものにしたいと思い。
シンセとギタークリーンのリフにしてます。

ここはMIXしてもらったギルガメさんちのりょー巨匠にも絶賛頂いたので嬉しかったです。

ベースもストレートにとオーダー。
あえてど真ん中なベースラインがとても似合う曲なのでコピーしやすいですね。
シンプルだからこそタイム感や強弱だったりかなり技量が問われる曲ですが流石であります。
音もかなり好みです。
ラインの見えやすさと低音のバランスが絶妙なんです。
ぜひその辺もおさえてみて。
落としサビのペースラインも素敵やね。
はい。

ドラムもよりシンプルな方向に。
シンコペーションが光る楽曲です。
なによりドラムソロから始まるバンドインが肝かな。
このドラムソロからサビ始まりで開ける感じ。
自分のクセなのかドラムからきっかけの曲多い気がしますね。
セクションの表情を変えるのにドラムで変えることが多いんですがだからとても大切です。
ドラムって大切だなとこうゆう曲こそ感じます。

改めて聴いてみるとまた景色が変わるかも。
ぜひ聴いてね。

https://linkco.re/q2fPPs3x

ALONE 楽曲解説
"alone without equal"

美月でおま。
楽曲解説を意外と求められるので今回も私見ですが書いて見ました。
あくまで私の偏見ですのであしからず。
歌詞はわたしわかんないんで媒体さんインタビューまで。

このepの最大のクセ曲。
このテイストの曲を作りたくてずっとイメージにあったんですがやっと形にできました。

不穏なミドル曲。
コードにもかなり音コードやディスコードを混ぜていてこの空気に。
自分でもコード名わからなくて説明できないので押さえてるギター指板を動画で伝えるという最先端な伝え方。笑
不協和音気味のコードとピアノのアンサンブルがイメージあったのでここ重視でした。

音大卒のピアニストにもコード説明したら驚いてたくらいなのでなかなか渋いらしいです。笑
なのでジャズ調のハーフトーンクランチリードでイントロ。
そこに妖しさの中に綺麗さを入れて余計不気味にしたかったのでアコギもどっぷりと。
気持ち悪いコードを綺麗な音色で弾くと余計不気味になり大成功。
レコーディング後に思いついてアコギは更によくなりました。
あとはトレモロエフェクターのアルペジオがこの空気感をさらに演出してるかなと。
ギターアレンジに関してはこんなの出来るようになったかと自分でも驚いてます。笑

ドラムはねスンバラシイですよ。
打ち込みでも色々と今の雰囲気っぽいドラムは打ち込んでたんやけど。
とても裏ノリが大切な曲。
ゴーストも入ってかなりノリが出ました。
こーゆーのやりたかったってのをやってくれたので。
この曲はドラムみてるのもかなり楽しいよ。
かなり繊細に作り込まれてるので。
めっちゃ難しいと思います。
サビ後のセクションのタムワークとかやばいね。

ベースもデモ弾いてる時からかなりこの曲を支える曲です。
ゆうなれば全パートかなり見せ場のある曲。
イントロもうねりがほしくてこだわりました。
耳でしっかり追えるベースフレーズです。
イントロとAメロのベースラインのオシャレさかなりベーシストファンはたまらんのちゃうかな。
作っててもかなり手応えありましたから。笑

あとはBメロの後半のベースとボーカルメロディーがユニゾンしてるところなんかは完全なるkazuさんの確信犯です。笑
あそこはびっくりしたなー。
めっちゃいいです。
あとは、落としとかに高音でベース和音とかのフレーズもキテるしこれはかなりのベースソングです。

ライブでこの曲が変える世界観はとても大切です。
ライブ聴いてからだと更に音源での印象変わった曲やとおもいます。

今作の中で一番のアダルト曲。
これがあるだけでepのイメージが変わる大切な曲です。

https://linkco.re/q2fPPs3x

ALONE 楽曲解説
"Sinister Design"

美月でおま。
楽曲解説を意外と求められるので今回も私見ですが書いて見ました。
あくまで私の偏見ですのであしからず。
歌詞はわたしわかんないんで媒体さんインタビューまで。

これはtypeCのみの収録曲。
ライブチューンですね。
一番最後に出来上がった曲です。
ライブをどう盛り上げたいかなと考えた時にメタル要素なのかラウド要素なのかロックンロール要素なのか。
BPMの速いメタルではないなーと思い。
テンションが上がる感じと激しさを追求しました。
なのでリフも半音アプローチではなく1音アプローチリフで音階もあえて明るくなる様にロック王道てきな音階です。
序章はクラップゾーンで焦らしてます。
その後メインイントロはジャンピングシャウトで彩ってもらえたらとあんなアレンジになってます。
すでにライブでも浸透しつつありますが、ライブで初披露の時にすでにあの盛り上がりはしてやったり感もありつつみんなのポテンシャルの高さにびっくり。

ドラムもゴーストノート多めで16ノリなので上がります。
サビとかも突き抜ける感覚の工夫が散りばめられてます。

ベースもフレージングというよりラウド要素の低音を支える方向性です。
ユニゾンも多めなのでラウドど真ん中ですね。

この曲に関しては空気感と勢い重視です。
敢えて音数少なめのリフの良さがでてます。

クラップとジャンピングシャウトと。
あとは歌ってもらえれば。

サビの追っかけのメロディーレコーディングでもワタシ歌ってますのでよく聞けば判別できてるかも。
真緒ボイスとブレンドコーラスです。

あとサビ前の絶叫パート。
絶望 絶望
ですのでよろしく。
あそこは高らかに叫ぶの気持ちいいですね。
デュエットしませう。

もはやライブで欠かせないアッパーチューンとなりつつあるので今後も楽しみです。
共に育てましょう。

https://linkco.re/q2fPPs3x

ALONE 楽曲解説
"悪女"

美月でおま。
楽曲解説を意外と求められるので今回も私見ですが書いて見ました。
あくまで私の偏見ですのであしからず。
歌詞はわたしわかんないんで媒体さんインタビューまで。

この曲はいわゆるシャッフルビートの曲。
もうこのビートにするだけでガラッと曲のイメージが変わる麻薬的なビート。
そうやけど逆にイメージや曲調が強すぎて似通ってくることもあるビート。

The13的にいえば唯一あるのがPSYCHOPATH BILLY。

そんな中での第2弾となるシャッフルソング。

今回はあえてテンポの速いシャッフル。
シャッフルをミクスチャーしたものに挑戦しました。
導入イントロ部分はゴシックな要素を、
メインイントロはラウドシャッフル、
Aメロもまたゴシック、
Bメロとサビはジャズ、
シャッフルをミクスチャーするのはなかなかないなーと思い挑戦しました。

ドラムはゴシックラウドセクションと、ジャズセクションじゃまるで違うのが聴いてわかっていただけるかと。
ほんとジャズドラムって繊細。
アドリブのようなフレーズもまたジャズのよさですね。
キメが多いのでそれも気持ちいいかな。
ハットワークが好きです。

ベースはもうシャッフル曲のメイン楽器じゃないかと思っています。
なのでこれまたギタリストがつくるベースフェチソング。
デモもジャズっぽく弾いてますが、この手の曲はやはりホンモノのベーシストには天と地ほどの差がありますね。

唸るような低音リフから、曲の核となるジャズプレイまで本当にベースファン必聴ソング。
なんといっても2サビあとの、ピアノ&ベースソロバトルでしょうかね。
ここはギタリストなのにかなりこだわりまくってます。笑

ギター的にはゴシックラウドはよりヘヴィにおどろおどろしく、ジャズセクションでは軽快に。
リフも抜群に気に入ってるしこのゴリゴリがやっぱり好きだなーと思うし低音ラウド好き。
あとは、サビのコード進行がかなりハイレベルです。
普通の繰り返すコード進行でいいんだろうけど敢えて順当コードにデミニッシュ入れてよりジャズらしくあやしくしました。

これもいろんなセッションイベントで初めてやる曲から吸収したアレンジ。
そこから学んだことで出来上がったサビです。

そしてピアノ。
ゴシックジャズラウドです。
導入イントロの高速フレーズもやばいし。
Aメロのゴシックフレーズもこの空気感を広げてくれてる大切なフレーズ。
あとは、Bメロのぬけのピアノはたまらん。笑
そしてピアノ&ベースソロが命。
ここはマジーのセンスが光る。
この曲もピアノがエッセンスとなりまた新たなThe13サウンドを確立できたような気がします。

https://linkco.re/q2fPPs3x

↑このページのトップへ