いよいよWHITE DUSTです。

こちらは。
完全なるメロディーと歌詞先行ソング。
フレーズどうこうではなく歌と言葉を聴かせたいとつくった楽曲。

これは真緒さんがアコギとメロディーをもってほぼほぼ曲としては完成していたのでバンドサウンドにどうするかというのがテーマ。

リフとかではなくコードの響きをすごく大切にしたので。
コード鳴らしたときに、この音が入ってるから哀愁を感じるように聞こえたりする。
セブンスというやつが満載です。

メロディーと歌いたいことが決まってたのでいい意味でバンドサウンドにとらわれないところを重視したかな。
ギターは王道ロックというか。
ブリッジミュートとコードを分解したようなフレーズ。
もっと最初は手が込んでフレーズ満載でしたが排除してみました。
それほどメロディーと歌詞にちからがあったので。

何よりギターソロでしょうか。
ここには時間掛かったかな。
このパターンにたどり着くまでが。
いろんなのためしてそれこそロック系によくあるオクターブソロとか高音アルペジオとか。

でも最終的にはオクターバーをかけた哀愁ソロって感じ。
オクターバーは、とあるロックバンドのイントロを聴いてこれ13なら新しい風になると確信して入れました。
あと、身近にオクターバー使ってるやつが居てそいつのフレーズをリハで聴いてこれ使ってみようと思いました。
JUNって人ありがとう。

ドラムはこだわったのはメインのリズムかな。
最初はもっと王道な8ビートだったんやけど最終的に王道な中にもひとくせ欲しいなってなって裏打ちのリズムになりました。
できるだけストレートになってるのがあえてのこだわりかな。

ベースはこの曲の裏メイン。
真緒さんからもベースを動いてというオーダーがありデモの時点でかなり動いてるベースラインでkazuさんに提出してます。
フレーズ自体に指定なくてkazuさんの本気みせてくださいとオーダーしました。
やっぱりここまでくると意図もそうだし本職のベースラインはすげえっす。
この曲ベースマニア必聴。

ピアノは脳内でなっていて哀愁をより強調するくらいのものが欲しいってなってマジーにお願いいたしました。
あやつもすげぇ、
印象的なんだけど強過ぎない絶妙ライン。
たまりませんな。


歌詞は見ての通り。
GAMUSHARAもWHITE DUSTもそれぞれの"これから"がつまってると話したけど、

こちらのこれからは切ないながらもどこか強い思いが込められたこれから。

GAMUSHARAのこれからとはまた違う。

大サビは一緒に歌ってほしいな。
力強い想いこめて歌いあいましょう。

ただの別れの歌じゃない。
人を羨んでも生きる強い意志がある。

そんな強い歌。


美月





いよいよ明日!!
The THIRTEEN Spring tour 2017
ANARCHY BOYS & ANARCHY GIRLSツアー初日の横浜BAYSIS公演!!

明日より販売の最新グッズはこちら↓↓

先行物販は15:30より物販席にて!限定商品ばかりですのでお早目に!!

ANARCHY_GOODSLIST.jpg

はい。
GAMUSHARAの通常盤のみ収録されておりますSONGでおま。

これはこの両作品の中で一番最後にできた曲。
コレはなんというか少し変化球な曲作りたいなと。
ミクスチャーなイメージ。
混ぜまくる感じかな。
めまぐるしい展開のある曲です。

とはいえこの曲おいしいところは。
ファンクチックなカッティングギターのところかな。
全てがユニゾンするのがこの曲の肝。
Aメロはギターもベースもボーカルラインもドラムも合わせてるのが楽しい。
超絶ヘビーからファンクパート。
ツーバス全開だったり飛び跳ねれるところだったりと。
忙しい曲だけどなんともクセの強い曲。
それがまたいい。

ギターはほんとファンクパートがすべてかな。

ドラムもユニゾンしてるところの抜き差しが絶妙。
めっちゃ計算されてできてるフレーズです。
ライブも見て楽しいんじゃないかな。

ベースもユニゾンしてるけど3Aのところはかなりベースが狂ってます。
あそこやばくないか?
あれはもう手元フェチにゃたまらんね。笑


あと、イントロのファンクパートで4つ打ちドラム入るところは四分音符で全部クラップして欲しいかな。
Aメロも2と4の音符の時にクラップすると楽しいよん。
音楽の授業みたい。笑
わかるか?笑

あと、声だすとこもあるぜよ。
ウォーオってとこと。
ウーハイ!ってとこ。

ウーの時は一回しゃがもうじゃないかって話してたからやってみて。笑

こんな曲やるよるになったんだなーって思える曲。
でもこれ初出しの時もかなり乗れてたからこれからが楽しみです。
The13流王道ミクスチャー。


こうゆう曲どう?

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8997.JPG

はい、GAMUSHARAカップリング行きましょうか。

この曲。
ご存知の人はたくさんいるでしょう。
そうです前回のツアーからやってるあの曲です。笑

もうこれは飛び跳ねようぜboysアンドgirls的な曲。
130前後のBPMはもうあるから。
この縦ノリ系のジャンプ曲が目的でした。
ラッパー的なあれね。

これはテンポとドラムビートから作りました。
そのあとギターのリフで。
このリフの肝はあえてオクターブ上のフレーズを弦飛びせずに同じ弦を弾くことによってでるゆるーい音像というかそれがこの縦ノリの良さが出ることかな。
洋楽っぽいニュアンスを出すコツです。
これが弦飛びで同じフレーズ弾くと綺麗になりすぎるので不思議。

あとはフレーズというより音像かな。
リフがパワーコードではなく単音なのもそのためです。

ドラムのこだわり。
ドラムはキックの位置かな。
これが入れすぎるのと抜きすぎるのでニュアンスが変わりまくるのです。
入れすぎると縦ノリ感が減るし抜きすぎるとラウドさが出ないのでこだわってます。
スネアの音もあえて高音が強めなのも意図的。

あと、ドラムだけが走るってのが好きなのでイントロにしても曲終わりにしてもブリッジにしてもドラムフィーチャーな曲。
ドラムフェチな人は好きかも。
ドラムソロのドラムは誰でもかっこよくなるけどドラムビート叩いてるのがかっこいいってほんとレア。
でもそんなかっこよさがにじみ出る曲。


ベースは音像。
フレーズ云々ではなくラウドさ。
子宮どれだけゆらせっか的な。
とはいえサビだけはフレーズが見えて欲しいのでアプローチも変えてます。
大サビのベースラインが秀逸な。
ここベースライン好きすぎてすこしついてます。笑
あとは3Aのベースラインも実はなかなか動いてる。
わかったかな??


この曲も歌って欲しい曲であり叫んで欲しい曲。
Bメロは一緒に叫んだら楽しいよ絶対。
そしてサビはもう歌いあげようぜべいべーです。
サビあとは飛びながら叫ぶんだぜ。
です。

この曲好きなんよ。

ツアーでみんなとやってみてこの形にすこし変化、いや進化しました。

そしてこの曲も音源からはYOW-ROW巨匠のマニピュレートが。
もうやりたいことが明確すぎたのでこのまま伝えてど真ん中を作ってもらいました。
最強ノイズですよ。
ワブルベースばちこーん。
本物じゃ。

これ無条件でかっこよいべ??
のってきなってサウンドであります。

パワーアップしたこのサウンドでライブツアーまわるのがほんと楽しみです。
前回のツアーよりさらに狂ってもらえるはず。
期待しておりますよろしくどうぞ。


_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8953.JPG

解説を求める声が多数あったので。
完全なる主観的解説を。笑
よろしくどうぞ。


まずこの曲は。
ライブでのキラーチューンとなりうるものがつくりたいなと話して作った楽曲。

この曲はメインイントロのリフから出来上がった感じ。
乗れやすいようにといつもの8ビートにしてはすこし遅めにしてます。
早い方がかっこよく聞こえる魔法もあるのですがグッとおさえて。
すこし気持ち遅めで慌ただしいより楽しくのれるようにとこのBPM。
リフも単純かつ明るいというか突き抜けるように聞こえるようにと音選びにはだいぶ試行錯誤しました。
キーに対して次の音が半音あげればかっこよくダークに聞こえたりしてとかあるんだけどできるだけ心が高揚するような音選びになってる。
メインフレーズももともとあと1オクターブ下で弾いてたのをあげてあかるくしてます。

そしてイントロは何よりクラップをするところとシンガロングするところ。

ここがなによりのこの曲のテーマかな。
もう楽しいってのがイントロできた時点で確信にかわりました。

いわゆる声の俺パートのは基本あんたたちのターンです。笑
オイ!
だったり。
ウォウ ウォウのとこ。
サビの
HEY!!
BOY!! 
keep on
burning
no boy
Don't cry
とか、
ソロ明けの、
一切合切
完全燃焼
もね!
あと2Aは歌詞書いてないけど、
IPPON ですよ。笑
なんて男くさい。。。

これはもうみんなとのコールアンドレスポンスが鍵なのでライブでもよくなるかどうかはほんとみんなにもかかってるのでよろしくどうぞ。笑

ギター的には弾きながらライブに集中できることが大前提なので細かなこと排除。
時折オクターブ奏法で広がりは出してますね。
ソロはライブっぽいロックンロールなソロってなんやろうって考えた時になんかチョーキングかなって思ったので多用してます。
あと一瞬16分音符のフレーズで速さだしてます。

ドラム的にはもう。
クラップを強調してくれるスネアワークが肝です。
あれがあるだけでハネる感じというか楽しく聞こえるんですよ。
あとはサビは好きかな。
ライドのカップが裏拍に入っててノリがでるところから途中で表ノリにかわるところなんかは元々入れてなくてリズム隊の案なんだけどすっごく好きですね。
さすがリズムのプロだなーと。
そんなところも気にして聴いてみて。


ベースもすごいです。
かなり責めてます。
イントロにも込められてる。
動いて欲しいところだけデモからでも伝えてはあるのですがイントロのウォウウォウとかの裏のベースやばくね?
流石パイセンとおもいました私。
この曲のベースライン好みです、はい。

あとは、シンセ関係。
今回意図は伝えさせていただいて今回もYOW-ROW巨匠にお願いしたのですが。
楽しい無条件で上がるテイストとオーダーした中で。
このビッグバンド的なテイストはどうかと、この大胆なアレンジにしていただきました。
最初この手があったかと思ったしなかなか嫌煙されるような雰囲気をあえて前面に出してみました。

そしてギターソロ前はクラップのみのセクションだったのですが、お化粧ロックもこれくらいやってみてもいんじゃない?
と巨匠からのアレンジに僕は迷うことなく行きましょうとのっかりました。
こうじゃなきゃいけないってのぶっ壊したかった。
なのでなかなか斬新なアレンジと曲になりました。
流石YOW-ROWさん。

そのあと当初入れる予定ではなかったピアノも、このアレンジと、とある音楽を聴いてインスピレーションを受けたのでビッグバンドなピアノをオーダーしたらさらによくなりましたね。
これはほんとキラーチューンなるぞと。

歌詞ももう自分たちへの応援歌的な。
GAMUSHARAは男サイドではありますが自分への応援歌ですこの曲もはや。
あと中々際どい単語がちょいちょい。
絶妙な男の子ソング。


MVのオチもわかったかな?
まさかじゃない?
元々同じとは思えないよ。笑
そんな遊び心もMVには詰まってます。

曲からも映像からも楽しもうってのが全てです。

ツアーで育てていきましょう。
バケモノにしてもらえますか一緒に。
そんな曲です。


この曲聴いてライブでも普段の生活でもテンションあがってもらえたらほんとそれだけで嬉しいです。
自分も朝に聴いてるよ。
あげてます。

こんな感じで進めていけたらいきます。笑


み。

↑このページのトップへ