2016.7.10
この日へのカウントダウン。
なんとなくわかるような、実感があるようでない日々。

活動休止と、解散じゃ少し意味が変わっていくのかもしれないけれどなんかメンバーの感情が予想できたりして。

迎えたこの日。
解散発表のあとに綴らせていただいたブログを見てくれた人はわかると思うけど。

なんてゆうか腐れ縁的なバンド。

解散の話をメンバーからきいた日からこの日はスケジュールNG出していた。

何より上記のリンクのブログにも書いた許すかどうか問題を確かめるためにもこの日は見届けると決めていました。


エントランス入ればたくさんのファンの方々と関係者とバンドマン。


エントランスには数十個のスタンド花。
これが彼らが愛されていたということがわかるほどの凄まじい数でした。



そんな中自分も。


勝ち逃げしやがったあいつらには怒っているため
なんとかメッシュ宛になんか花出すつもりもさらさらなく
あんなバカ共を支え続けてくれたファンのみんなに感謝をこめてお花を。




そして会場の中へ、
奇しくも自分の隣側にはlynch.のメンバーがいてオレたちはやっぱ並べるんだって彼らのスタッフなのか彼らなのか中々粋なことするなと始まる前から泣かせる気かとおもったりと。笑

とか思ってたら始まったラストライブ。
なんというかラストライブってたくさん見てきてなんなら自分も一旦とはいえ経験して。
それなのにこいつらはなんだか違うかった。


ラストを感じさせるそぶりなんて全くなく。
"らしさ"を存分にぶつけてくれるライブ。
それこそたくさんの笑いが起きたりくだんない企画があったりして。
あいつらしさのどこまでも突き抜けたライブが目の前に繰り広げられていた。


ライブも2部構成になっていて、だからたくさんMCもあったけれどいわゆるラストのようなシリアスなMCもたった一回。
あとは相変わらずのバカ共がバカしていて。
こいつらほんまに解散ライブってわかってんのかな?笑
って疑うようなライブでした。



でもやっぱりあの頃戦ってたさ、リハも本番でも散々聞いて曲を聴くと自然と涙が溢れたりしたな。
遮断とかMAD PAINとかあのあたりはやばかったな。
13's rebornのアルバムメドレーとか。




あのアルバムに嫉妬して
あの頃のライブに嫉妬して
自分が奮い立っていたのは事実だから。




あの頃の何もかもがフラッシュバックしたら泣いてました。
数年ぶりにあのアルバム曲をライブ聴いてもやっぱかっこええんだよ。


でも。
いちばん悔しかったのはさとしに泣かされたくらいか。笑
この不器用全開な男がメンバーにありがとうを伝えるところはダメだったなぁ。
楽屋じゃ言えないからってのが、、、
あのバカの性格を知るからこそ重みを増して伝わったから。
大泣きして恥ずかしかったわ。
たぶんあいつより泣いてたわオレ。


あとevolutionはダメだったなぁ。
相変わらずのかっこよくてステージでどこまでもバカをみせてくれる4人とこんなかっこいい曲を聴くのも最後なのかと思ったりしたらあんな楽しい曲なのにevolutionはほぼ泣き崩れて覚えてねえや、、、。笑



そしていよいよラスト曲。
バカ達のラストライブ最後の曲。
あいつら イコール BreakDownといえるくらいの楽曲がラストでした。

こんな突き抜けた明るさが逆に痛いBreakDownは初めてでした。

今まで聴いたどのBreakDownよりも伝わったラストでした。

そしてみんなで写真撮って最後の最後のまで4人で並ばずバラバラにかえるヤツらにほんま、あいつららしくて最高なラストだなって最後を見届けた。




ほんとすげえらしいラストで。
終わってもアンコールが鳴り止まない。
そりゃそうだよな?
愛してやまないみんなのがまだまだ聴いていたいよね?

とよくある"ラスト"を改めて感じてた。

関係者様もちらほら帰り初めて、
でもなんか違和感を感じてさ、

隣にいた葉月に、

なんかやりそうじゃない?
でもさすがにBreakDownでしめたから流石にないか?

ってゆうたら、

いやなんか、お前に捧げる醜い声とかやりそうじゃない?

とか葉月がいいだして。

そしたら真っ暗な中から4人がまさかまさか出てきてさ!笑

こいつら何でもありかよって涙が笑いに変わったわほんま。笑





































そしたら、バカさとしが、


こんな綺麗におわるわけねえだろバーカ!!

って出てきてさ。笑
まさかの。

お前に捧げる醜い声ーっ!!

ってすげぇ狂ったラストソングが始まって。
なんやねんアイツ、やるやんけ!
これがお前ららしいんだよって思ったな。

その瞬間、葉月と目があってヤツには拍手を。
そしてテンションあがって葉月と2人で立って見てたよ。




そんなすべての人を騙したヤツらに音楽の神様が最後の最後までイタズラする。

イントロで弐のギター機材トラブル。笑

からの演奏中止、、、、。笑

もうな最高すぎかよ。

こんなミラクルあんのかよ。

どこまでもなんとかメッシュってこんなバンド。笑

ざまーみろ!!!

ほんまあのトラブルは最高。

そんなことあるか?普通。ほんま持ってるわこいつら!笑

そしてトラブルも解消してまさかのラストソングのやり直し。

今綴ってても笑えるわこの瞬間の空気。笑

泣かせてくれない笑いとバカが共存するバンド。







そしてラストソング。

ちゃんとなんとかメッシュのラストを見届けてやった。

最大の敬意を込めて中指たててね。

そんな最強に彼ららしいラストを葉月の隣で見届けられたのもあの頃からの腐れ縁に違いないよなとかおもいながら。。。


そして4人として最期の演奏が終わり。
流石に4人でステージを捌けるのかと思ったら。

まさかのバカさとしの。

































とっとと帰れぇー!!! 

とマイク投げ捨てて中指たててステージから帰りやがった。笑

そしたらそのあと弐までもが、


ほんとにもうやんねぇからお前ら帰れ


ってゆうて帰ってった。笑
なんやねんコイツら。笑





考えてみてや。
どの世界に。
12年もバンドやってきたバンドの解散ライブの最期の最期。



ととっと帰れ!



と吐き捨てマイクを投げ捨てて中指たてて帰る解散ライブがあったろうか。

最期の最期のまであいつららしい最期でした。

ある意味、最期の最期まで泣かせてくれないある意味鬼畜なバンドだわ。笑

でも最高にお前ららしくて最高のラストでした。

よかったぞバカ共。








改めて、
12年間刺激をありがとう。
間違いなくお前らが俺自身を強くしてくれたバンドのひとつです。
もひとつはてめえらのラストを見届けた隣の人たち。
面と向かっては言えるわけないのでここで失礼。

12年間最期の最期まで憧れのライバルでした。
なんとかメ、、、じゃなくて
ありがとうなギルガメッシュ。












































なんか。

帰ろうとして。

エントランスに行ったらさ。

たまたまあいつらの元マネージャーとあって。

元マネージャーももちろん一緒に戦ってきてる時代をともにしてるからさ、

オレの最高の花みたんかてめぇと言ったら。

え?みてない。

とかぬかしやがるので。

てめぇちゃんとみろ!

と花のところまで案内したらさ。









今日2つ目のミラクル。




というかほんとこれがギルガメッシュ。笑

会場前はこうだったのが。




































































終演後には。


こうなっとる。笑

それを見た瞬間あいつらの元マネージャーと、

まさかの落ちてるやん!!
縁起悪すぎやん!
ってか縁起悪いも何ももう終わりやんけ!!!


と、
お花の前で関西人たちが大爆笑してしまいました。笑









ほんまこいつら最期の最期までなんやねん!!笑
ともう1日でギルガメッシュの引きの強さを改めて感じてたラストでした。笑










ラストの日に、
音楽の神様だけではなく、
笑いの神様まで味方につけて終わりを迎えた彼らが。

ギルガメッシュ。
12年間お疲れさん。


























あ。
忘れてた。

肝心の。

あのラストライブみて思った結果。

オレの答えは。





























































































やっぱ許さねぇよ、バーカ!!

笑。
許してたまるかバカ共が。





















だから。
男なら黙ってもっかいあん時みたいなオレが嫉妬する音楽きっちり揃えて。

オレんとこ戦いにきやがれ。





わかったか?
どあほうが。

美月より。

RECEPTION LIVE
【WELCOME TO THE BLACK BOX】公演ご応募ありがとうございました。


聞くところによると倍以上の応募があったみたいでとても驚いています。


急遽なのもあり平日という点でも、さらに時間もそう。


それを踏まえてもたくさんご応募いただいて感謝感激雨嵐であります。


残念ながら落選したみんなもありがとう。


みんなの分まで素敵な作品にしてみせます。


そして当選したみんなはご協力お願いいたします。


条件もいろいろあったりで長時間にはなるとおもいますが一緒に作りましょう。


こんな感じでMVってつくられるんだって体験してね。


あと当日スタッフとディレクターの言うことは聞くように。笑


押すとLIVEの時間が減るから。笑


あとは夏だしクローズな空間なので倒れないようにね。


せっかくなので楽しみましょう。


よろしくどうぞ。


そして今日は七夕。


昔みたいに変わらず。


淫乱織り姫待ち。


とか。


もう恥ずかしい歳。


でも言っちゃうあたりが新人。


どうも1年目のThe THIRTEENです。笑

そして。

最後に。

なんとかトリップお誕生日おめでとう。


み。




◯スーパーカップ チョコミント◯

味…4.0
コスパ…4.0
リピート…3.2

オススメの食べ時…さっぱりしたい気分。寝起き。歯磨き後。

発見度…☆☆☆☆

総合…3.7


☆チョコミントアイスの入門の代名詞と言っても過言ではないくらいのコスパや買いやすさあり。
ほどよい量と細かめのチョコにそこまできつくないミントアイスとの兼ね合いが良いです。サラッとしてて味わいが爽やかなので食べやすいです。
関東と関西ではチョコミントアイスの消費量がかなり違うみたいです。関西人にはあまり好まれないみたいです。
僕は好きですが。

◯BEN&JERRY'S チェリーガルシア◯

味…4.8
コスパ…3.5
リピート…4.6

オススメの食べ時…デザート気分なアイスを食べたいとき。自分へのご褒美。大人気分の時。

発見度…☆☆

総合…4.3

☆BEN&JERRY'Sの中でも個人的には上位。チェリーが好きのもありますがチェリーのほのかな酸味と果肉の歯触りとアイスクリームとの味のバランス、口どけの良さは素晴らしいです。チョコのアクセントも味わいの相乗効果を奏でます。デザート感覚でコーヒーや紅茶とも合いますし、オススメの一品です。大人香る味わいなアイスを求めるなら是非ともです。

◯BEN&JERRY'S バーボンブラウンバター◯

味…4.3
コスパ…3.5
リピート…3.8

オススメの食べ時…自分へのご褒美。お酒と共に。しっかり甘い気分の時。

発見度…☆☆

総合…3.9

☆コンビニではなかなか見かけかいが大型スーパーにたまにあるBEN&JERRY'S。お値段高めですが、高いだけの味わい深さはあります。
クルミの入ったアイスはなかなかお目にかかれないので、こちらは貴重。
バターの風味、乳製品の濃厚なまろやかさの中にクルミの食感がたまりません。
硬めに焼いたトーストに乗せたり、クレープなどの温かいものと一緒に味わうと良い感触な印象をうけました。


↑このページのトップへ