2018年3月2日。
本日のバンドリハーサルでは、さらなる新曲を2曲練習しました。
その2曲について少し書いてみたいと思います。

「MATSURI GIRL」
まつりがーる、である。
祭りガール。
読売巨人軍、そしてニューヨークヤンキースで活躍した球界のゴジラこと松井秀喜の追っかけの女の子についての歌ではありません。それは松井ガール。

こちらは祭りガール。

ひとことで言うと、とってもお祭りっぽい曲。ガールちゅうくらいなので、我らが女子が活躍する内容となっています。
振り付けも、なかなかいいですよ。
町内会の盆踊りで、若い女性が盆踊ってる姿をあまり見かけないであろう昨今のジャパンにおいて、我らが女子のこの振り付けを観てしまったら、やはりみなさん日本人としてのアイデンティティをくすぐられて、思わずソースせんべいの味が舌に蘇ることでしょう、ワッショーイ!


「さよならメモリー」
こちらは、西さんが成田くんと一緒に曲を作っています。いやあ、こういった新機軸はたまりませんよね。西さんの曲がやれるなんて我々しあわせだなあ。
とってもシンプルで憂い味のあるメロディでありかつロックンロールです。
「THE 夏の魔物のテーマ」とはまた違うアンセム感があります、あちらがトンカツだとしたら、こちらはわらび餅みたいな。よくわからない喩えで申し訳ないけど、両方美味しいですよね。
なおこの曲ではこれまで見れなかった風景が見れます。これはもうみなさんライブで確認しに来るしかないです、観に来てその目で確認してください、私と大内さんが〇〇を〇〇するところを…


ああ、もうシェルターワンマン観に来るしかないよなあ。

ちなみに昨日3月1日は、鈴木大拙博士の御墓参りにいきました。その写真で今夜はさようなら、グッドナイト。
_var_mobile_Media_DCIM_161APPLE_IMG_1773.JPG