この時期になったらバックホーンの冬のミルクが聴きたくなる。
元旦にMOROHAの遠郷タワーが配信されて、歌詞の中に「冬のミルク」が入っていた。
クサクサしてる暇はないんだなって思いつつも、結局年末や正月特有の見えないモヤモヤからなかなか抜け出せずにいた。
が、新年一発目のライブで『毎日仕事のことや私生活のことで嫌なことがあったときに元気をもらってる』とファンの方に言われて、
こんな風に腐ってたらダメだなってハッとした。

そうして迎えた6日のフリーライブで思ったことは、単純に、9人のメンバーと魔物チルドレン、チームのみんながいるから今日という日を迎えれたし、
だからこそ今歌ってる楽曲ができたってことだ。
1人でやるよりもいいこともわるいことも想像もできないくらい壮大な絵が描いていきたい、そう思ってTHE 夏の魔物を結成した。
いよいよこの船で大海原に出て行く、今年はそういう年だ。
泥舟かもしれないけど、全員のおかげで、ようやくここまでこれた。
もっともっとファンのみなさんや魔物をしらない人たちにも色々な気持ちを音楽を通して与えられるバンドにしたい、今年もよろしく。
IMG_1845.JPG


今日は紅布に挫・人間と、古舘くんのバンド 2のツーマンを見にいった。
Instagramに書いたけど、男として、下川リヲくんや、古舘くんに結構嫉妬した。ジェラシーの塊である。
単純に両バンドが鳴らすそれぞれのロックがいいなと思ったし、その一方で魔物が鳴らしているサウンドやライブは負けてない気持ちがある。
2人に負けないくらいのラブソングも今年は解禁してたくさん歌っていきたい。
歌で。ロックで。自分たちの気持ちを伝えること。ずっとそれに憧れてやっとバンドをまた始められたんだなってことを思い出された。
バッチバチに本気でやり合いたいし、今年は対バンできるよう頑張りたいなって刺激を受けた。


終演後、お客さんに『アイドルなんですか?』みたいなことを話しかけられた。
先日のU.F.O. CLUBでのフリーライブでハコの方にライブ後、『バンドっぽかったです!』と言われた。
悔しいなぁ。
そういう思いは歌で届けるので、もっとライブをみてほしいです。


2018年は9人でたくさんライブをやりたい。一本でも多く、やれるだけやりたい。
そういう決意を込めながら、アディダスで青い靴を買いました。