1月6日。THE 夏の魔物の誕生日。みんなのおかげで1歳になれました!


フリーライブなので興味本位でもいいから今のTHE 夏の魔物のライブを見て欲しい…そんな思いでこの日バンドでのライブを決めました。イエモンみたいにこれから毎年1月6日にやれればいいな。

2018年はバンドスタイルでのライブがグッと増えると思うので、その予告編的なライブになります!!

IMG_1699.JPG


これまで【魔物】というタイトルでたくさん曲を作ってきた。

■リングの魔物
玉屋くんと作った、今の魔物楽曲の軸になっている曲。遠回りはしたけど、あのとき全部諦めて実家帰らずDPG作ってよかった、と歌う度思い出す曲。
結局このカタチ(THE 夏の魔物)になったのは必然の流れだったんだなと、世に出ている3ver聴き比べると感じられるはずなので是非聴いてほしい!

■魔物BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒~
■シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~
ヒャダインさん、只野さんと作ったボンバイエ二部作。
(THEのverは【、】がありません)

バンドメンバー4人、浅野さんと構築した、自分たちを語る上でかなり大切な2曲。

■マモノ・アラウンド・ザ・ワールド
THE 夏の魔物ではどんな音を出していくのか、という試行錯誤の中行き着いた、重要な鍵を握る曲。
EPのレコーディングではバンドで録ることが間に合わなかったため、現在バンドverを再構築中!!
余談ですが、バンドverのチャンの歌のアレンジは俺たちのボイトレの先生であるうつみようこさんに直伝されたものです。
よりソリッドに生まれ変わってるので、ぜひバンドスタイルでのライブで聴いてもらいたい!!
バンドメンバー4人の爆発した【バンド感】も一番表れてると思います。

■THE 夏の魔物のテーマ
サビ、一緒に歌ってほしい!という思いを込めながら、大合唱シンガロングをイメージして作った曲。
この前ライブハウスで魔物チルドレンの方にこの曲に関して、こんなことを言ってもらいました。
『自分が学生時代に初めて知ったあの頃毎日なんどもなんども聞いていたロックを聴いた時と同じような気持ちになった。
胸の奥が震える感覚とか、どうしても涙が出るとか、何がどうしてそんなになのか自分でも分からないし、言葉にうまくできいないけど自分の感じた何か込み上げるものやあの頃みたいに胸がなる』
たいなことを話してくれたんだけど、ああちゃんと伝わってるんだなと嬉しかった。

音楽ってのはタイムマシンみたいなもんで、再生ボタンを押すだけでいろんな時代へ連れて行ってくれる。この子にとって魔物がそういう役割になれたのなら、それはすごく喜ばしいことだ。

そして6日のフリーライブで初披露される
■○○の魔物
はっきり言って一番【ヤバイ】曲です!
ロックボーカリスト泉茉里のボーカル力(ネクストステージ)。
鏡るびいの新たなる側面。この曲の要であるアントン大内の魂の叫び。
バンドメンバー4人にしかできない・出せない音。
どんな曲か、どんな思いが込められているか、それはすべてライブで感じて欲しい。

最後に、映画【T2 トレインスポッティング】よりこの言葉を送ります!

『人生を選べ。フェイスブック、ツイッター、インスタグラムを選べ。誰かが気にかけてくれることを期待しながら。古い額縁を眺めるのを選べ、違うやり方の方がよかったと思いながら。歴史が繰り返されるのを見続けることを選べ。未来を選べ。』

インターネットの中には、バンドは存在しない。真実はここにある
U.F.O. CLUBで爆音でLust For Lifeが鳴った瞬間、一緒にトぼうぜ。