ファーストアルバムレコ発ツアーはまだまだ続いていく。

本日は名古屋、明日は大阪。
ステージから見える名古屋の魔物チルドレンの顔がものすごく良かった。アルバム出す前と、発売後は景色がなんか違うく感じるし、全国のいろんな人の生活の中に自分たちの音楽があるんだなって嬉しくなる。
名古屋、今回のツアーが無事終われたらまた来れるかな?次はバンドで来れるように頑張りたい!!!!!(まずはファイナルで会おう!)

本番直後の俺たち。
IMG_0904.jpg




1月17日渋谷WWW ツアーファイナルの対バン。
ギターウルフとリンダ&マーヤに大決定。
『涙。』のMVに出てくれたセイジさん、そしてリンダさんと、長年お世話になっているマーヤさん。
ここにくるまでいろんな可能性はあったけど、ツアーファイナルはロックンロールの先輩方との真っ向勝負を選んだ。
いつかこんな風になりたい…キッズの頃そう夢見ていた偉大なるバンドマンたち。
過去いろんな道を行ったり来たりしてみたけど、結局自分たちの生きたい場所はココなんだ。
憧れるだけの時期はもう終わったし、この道で、音楽の道を追求していくんだという意思表示が今回の対バンにあらわれている。
「THE 夏の魔物はロックバンドだ」、そう言い続けているけど、真価が問われる日になるはずだ。



札幌。
来てくれた子がモーサムのシャツを着ていて、『未来は今』って大好きな曲を思い出した。
あのとき百々さんが『誰にも想像つかない未来さ』って歌っててそれは今なんだ!って節目にはいつもそのことを考えるんだけど、
気づいたらもうこの曲がリリースされてから15年も経ってしまったことに驚いた(と度々書いてる気がする笑)。
あと会場BGMをきいて、物販買ってくれた子が「スパルタローカルズの渋谷AXラストライブいきました!」なんて話しかけてきたり。
札幌は昔からきてるけど、なんかこう、そういう嬉しい瞬間が今までで一番、たくさんあった。
15年の間何もかも捨ててしまいたくなったことはなんどもあったけど、音楽を続けないと今日みたいな瞬間もなかったんだと思う。

…なんて書きながらこの日も喉ぶっ壊してしまい、、、札幌以来起きてまず白湯を飲んだりこれまで以上にボーカリストとして気を張っている。
名古屋だって、同じように喉を壊してしまったトラウマがある。
今日も確実にあのときの借りを返せた(だろう)し、札幌もいつか必ずリベンジしてみせる。



レコーディング。
中畑さんえらちゃんのリズムどり。今回もマモノBANDにしか出せない音が出てた。

前日に志磨さん、ボウディーズ、9mm、テレフォンズの2人が一堂に集まるライブをチャン、るびい、大内さんと見に行っただけに、
朝スタジオについて西さんの姿を見ただけでエモみ増し増し胸が熱くなった。

IMG_0855.JPG

二期。セカンドシーズンの始まりを告げる3曲(西さん編曲の曲もある)。
メンバー全員の歌詞もすごくリアルで良い。今の自分たちが詰まってる大切な曲たち。

っと、この話は次の機会に。
 
ハロー未来、ぼくらの 格好悪いビートは続いてる?
速さは おとすなよ
守りにはいる事なんか 今 頭にないぜ


いざ夜走りして大阪へ。ではまたライブハウスで!