月別アーカイブ / 2018年11月

こんなに体調崩したのいつ以来だっけ?と考えてみたら大内さんと住む前(細身やよしかわと遊んでた頃)、ノロウイルスにかかった時以来かもしれない。

冷静にここ最近を振り返ってみて、余裕がなすぎて極限状態時の自分の酷すぎる発言や暴言にドン引いた。疲れすぎてどうかしてた。全宇宙に謝りたい。
ごめんなさい、、、、

素直になるの難しいタイプなんだよな…とか言い訳してねーで、ストレートに謝るのって大事なんだなって悔いた。
深く考えずに言ってしまったことがこんなにも人に!ショックを!与えてしまったのかと!(しかもそれに気づいてなかった、最悪)
落ち着いて冷静に考えればわかることだし、毛布に入って、グム〜体調悪いよう、、、とかの前に、もう十代の頃じゃないんだから休もうとしないで無理して結局まわりや大切な人に迷惑や心配をかけるのって本当に良くない、、、反省。
ようこさんにライブ誘ってもらって、久々に外出たんだけど、もっと早くゆっくり休んでリフレッシュするべきだった!!!

思い切って、そうだ休んでみようって切り替えてたらいきなりカラダも回復したし(仕事のこと一旦とめてしっかり寝て、風呂に入って、ご飯を食べるだけで全然戦況違う)。
やっぱ人間は限界あるし昔はやれてたことも今はできないんだな、、、この数ヶ月、あまりにもやること多すぎてパンクしたわけだし整理していこう。

行ったことないライブハウスに向かう時、すげーワクワクした。この感覚久しぶり。
そうだ、いつも一人でこうやって行ってたなあって。誰かとライブ行くことが当たり前になってて忘れてた。
そわそわして地下降りて、ドアを開けて、ライブを見て、とてつもなく感動した。

『夢の中』聴けたらいいな…って思ってたらやってくれて心の中でガッツポーズ。
俺はこの感動を作りたくて、音楽を、バンドを、フェスをやってるんだって初心に帰った。

良い音楽を聴いて心のガソリンが満タンになり帰宅。
こうして休んでみて思うことは一つ。キャパオーバーだと真心と思いやり、自分にとってなにが大切かってことを忘れてしまうもんだ。
やっぱ好きな人を誘って好きなモノを一緒に見に行くことも必要だし、
“たまには休まなきゃね”って魂の男 奥田民生大先生も歌っていますが、これからは定期的に休んで、
この歌のように好きな人と熱海にでも行ってみたいなって32歳になって初めて思いました。まる。



数日ぶりのちゃんとした食事。
LとR分け合うイヤホン 二人で聴けば別の曲”。
おいしいもん食べにいって、帰りにパピコ買ってはんぶんこしよう
IMG_8177.JPG

うう、、、また夜がやってきた。俺もこの前見た映画の主人公のように優しい言葉をかける器があればいいが罵詈雑言ばかり出てくる。

ハロウィンのライブを終えて課題だらけで考えすぎていろんなバランスを崩してしまったところもあるだけに、新しい目標、みたいなのをたてて今日夜提案し明日からチャレンジするつもりだったがすべて水の泡になった。「部屋からまったく動けなくて、、、」とようこさんに謝りの連絡をして本当に情けなくなった。

昨日は一睡もできなかった。おそらく今日もそうだと思う。
「今までの良い事思い出して過ごしてみて」と言われましてもこうなってしまったら振り出しに戻る。無、だ。思考停止。
体調が悪いなんてこれまでそんなに考えたことなかったけどさっき確信した。すこぶる体調が悪い!

アレもコレも滞っている。わかっているけど今の自分にクリアするのは困難だ。テトリスのように積み上がっていく。
掃除する→中々片付かない→気が滅入る→無限ループ繰り返しである。

この前は5日休んでしまった。また5日潰れるのか?1日1日が惜しいのに体がついていかない。なぜだ。

12月1日に解禁する予定だったものもこのままでは間に合わないし時間がない。そもそもさりちゃんに発注もできてない。困った。
なんとかしたいのだが具合が悪い。まっ暗い部屋の中でベットからインターフォンをみて光ったりしないかな〜、とか何度か見てしまうのだが別に誰もこない。動けねー。自分なりにSOS信号を出していたつもりだったがすべて裏目にでてしまった。

きっと過去はこういう時に俺は悪いことをしてたんだろうな。うまくいかないときにガス抜きとして。
(動けない状態で逆に良かったのかもしれない)

とかなんとか言ってこうしてブログ書いたりしてるのなんなんだろうな、、、起き上がって外でてみようかな、、、って悩んでたら連絡が、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、行きます

調子がすこぶる悪い。体が戻らない。朝日をみたらなんか大丈夫な気がしたし、今日こそはと思ったけどやっぱり難しかった。
もう10年以上一度も止まらず走ってきたからパンクしてしまったのは自分でもよくわかっている。思えば9月の段階でもうかなり危険な状態だった(大袈裟じゃなくフェス両日は立っていることもままならなかった)。るびいと大内さんに何度も助けられた。あの日大内さんが“今は支えてくれている人たちがいるんだから”って言ってくれたことは一生忘れない。

1本取材を受けた。インタビューをしてもらうと、毎回いろんなことが見えてくる。
今月は今後のバンドについて、結論が出た月だった。まあどんなカタチになったとしてもやりきる覚悟はある。
みんなに休め、と言われても本当は休みたくない。ゆっくり休んで考えたいです🙇‍♂️と一度ギブアップしてしまったが、もうすっかり疲れ切って走れません、という状態かどうかと言われたらそうではない気がしている。
例えるなら、ただ水筒の水がもういっぱいで、こぼれ落ちそうなだけ。ちょっと前みたいな体力がない。これからやっていくことは自分の中の水を減らす作業なんだと思う。

よくよく考えたら今の俺でさえパンクしてるのに「(袋小路から抜け出すために)なにか案を」なんて求めることは酷な話だ。23・24の頃の自分にそんな処理能力はなかった。

そうだ今回のPVに違和感があるのはそれだ。嫌なこと、がなすぎる!
「ずっとお前と一緒にいたい的な一途なテーマ」、ってccついたメールに書かれてたけど、そんな幸せな曲を作った覚えがない🙅‍♂️(苦笑)。
生きてれば良いことも嫌なこともあるしどちらかというと嫌なことが多いわけで。そうだとしても一緒に乗り越えよう、そういうことを思っていたはずだ。間にある「いろんなこと」が抜けているし、なによりアルバムタイトルの"俺の部屋"感がない(もちろんこれはこれとして最高なPVだなとは思ってる、けど、って話)。

今の部屋の状態?もう荒れに荒れている。

たぶん、あのときはこういう気持ちだったのかな、とか昨日は考えていた。ずっとこんな思いをさせていたら当然そうなる。思い返せば待たせ続けていたけど、決断できずなにも行動にうつせなかった俺が5億パーセント悪い。そりゃあ気がふれて脳みそはとけそうになるし間違ったことだってしてしまう。23・24の頃なんて特にそうだったでしょうに。
昔みたいにクズ日本代表と開き直って後先考えず悪いことをしまくっていたクソみたいな日々に戻ったらもう人生の終わりですよ。俺のような人間がこんな風な歌を、いま書けてるのは奇跡みたいなもんだ。清志郎さんも歌ってた、“こんな歌歌いたいと思っていたのさ”って。

だからこそもうちょっと変わって進歩しないとな、、、シチュー食べてフィアー・ザ・ウォーキング・デッドの続きを見てたら未来はすこし違ったのかもしれないな〜…無理にダイエットすんのよくないのになんでしちゃうんだろう。反省。

今日の目標は片付けをして、テーブルに立てかけてるこの大きな生原稿を開けることだ(一緒に見たいんだ、ってそういや歌ってるな俺)。

部屋で何かがあるたびに生み出してきたたくさんのメロディや歌詞が今回のアルバムには詰まっているし、これからも良い曲書けるようもっと頑張りたいなって思ったので久々にブログを書いてみました◎
夏の魔物_初回h1_web.jpg

12月19日発売。よろしくお願いします😊

↑このページのトップへ