青森が終わって、二千万の請求書を見せられてから気を抜くと常にそのことを考えている。
20000000、2000万、にせんまん、、

にせn、、返していくには時間が足りない、
このクオリティだといつまでたっても何も変わらない、
深く考えてこなかったことと詰めの甘さによってこれまでのツケが一気にまわってきたんだ、と。

もう何年も目を瞑ってきたけど、
そもそも自分が良いと感じていないものを世の中に出し続けていくってどうなの?って、
昨日の那須川天心選手のあの悔しそうな顔を見て、まず思った。

毎ライブ終わるたびにとてつもなく悔しくて、チェック用動画見る度に眠れないレベルで、
もう何年もやったっていつも同じ状況だし、それを良かったとか言われても嬉しくないんだ。
特に昔のライブ動画とか、何もかも、見るのも辛い。
前に進むために無理をして「最高」と言ってきたけど
また今回も無理して「今が最高なんです」、なんて思ってもいない嘘をつくことはできない。
そもそも不完全な姿でステージに立っている時点で、おれは恥ずかしくて死にそうになるし、
バンドメンバーや、お客さん、関わってくれている人たちに申し訳なくなる。

赤羽のホームでエレカシが流れて、情けなくなった。
「すみません、みなさん6日以降すべてキャンセルでお願いします。」
ボーカル陣全員に大晦日にそう告げた。

2019年からは1月6日のようにゲストを呼んだり、その都度表現したいものを考えて、
まず自分自身納得のいく形を1本1本模索していきたいと思っています。
そんなの見たくないって人には、申し訳ないのですがキャンセルとか、払い戻しとか、対応もします。。すみません。。。。
(会場や物販で払い戻し可能となります。お手数おかけして申し訳ありません)

一方的にやめさせた、というのは間違いではないが、
負債2000万抱えて、こんな状況でこれ以上メンバーを巻き込みたくないし、
一緒に返す方法を考えてくれないかとか、負担をかけさせるつもりはない。
こういう状態だから、どうしても今のままで続けていけない、
誰の説得にも答えられる気しないし、とにかく一旦すべてを変えたいんだ。
以前いろんな決断をした時も突然方向性やメンバーを変えたって言われたが、
自分の中ではすべてに理由があるし、ぜんぶ地続きだと感じている。
やりたい音楽、目指したいサウンド、歌いたいこと、伝えたいこと、
それが明確にあるから、1曲1曲命がけでセカンドアルバムを作った。

もう少し余裕があれば違う方法もあったかもしれない。
けど今の自分のキャパ的に色々と限界だ、、、

1月6日はとりあえず、アントンさんとるびいと、福ちゃんと細身と歌う。
どんなライブになるのだろうか。

また動員3からはじまってもいい。
今日は1月2日。あと4日しかない。
無様な姿をさらしたとしても、毎ライブ模索しようと思う。
9月までには、これが俺のやりたいことなんですって胸張って言えるものを仕上げられるように、今から準備をするつもりだ。

IMG_2261.JPG
毎日自主練して、終わった後にぶっ倒れるようなライブを目指したい。


飯田さんとの対談