落葉の季節が終わる。


隣の家から侵食してきた柿の木から落ちる実やら葉っぱやらで毎年埋め尽くされる我が家の庭。柿を落下前に収穫したり、葉を集めて腐葉土にしたりと勝手に生産性を得ていたが、今年は実も葉も熟す前に、台風で木が倒れた。
根元から切断され撤去される木には、本当だったら庭に落ちてくるはずの実や葉が大量にあった。不可抗力に抗うことはできない。時にそれは運命とも呼ばれる。それが他人の生なら、なおさらだ。



THE 夏の魔物はこの秋、アルバムを作っていた。
偶然の重なりで浅森咲希奈に声をかけ、奇跡の合致によってMai-kouと出会った。ボーカルレコーディングはすぐ始まった。
音楽的な才能に溢れつつ、繊細さとロックンロールマインドを兼ね備えたMai-kouと、
生まれ持ったといえる歌の素質を持ち、直感的な理念で真理の中央を突き進んでいる咲希奈。

_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3024.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2988.JPG


今作はレーベル移籍第一弾ということで、ビクターエンターテインメントからのリリースとなる。THE 夏の魔物としては2回目の、おれや成田にとっては何度目かの、新たなる幕開け。
大手とはいえ新人であるからして、巨額の予算ができるわけでもないし大規模なプロモーションが可能なわけでもない。なぜビクターなのか、それはレーベルの方の「熱意」との合致だ。

今作のキーとなる曲の一つ「コンプレクサー狂想組曲」
一曲10分。多くのセクションから構成され、繰り返されるサビがなく、そしてリード曲の相場をはるかに超える楽曲の長さ…ってボヘミアンラプソディー(旬)じゃん!しかもそれより4分も長い。


作詞は「バイバイトレイン」以来となる大槻ケンヂさん。
ギターには人間椅子のワジーさん、木暮晋也さん、THE NEATBEATSのMr.PANさん(PANさんは歌も)、
さらにROLLYさんが参加する。あとラップでユキテロも。これがめっちゃ良い。

_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4518.PNG
xcIv7Aagn4.jpg

たくさんの勇士。もちろんメジャーだからといってお金をかけて参加してもらっているわけではなく、成田が一人一人に連絡し、これまでのフェス出演や楽曲制作なども含め、電話や手紙やメールで思いを伝えて参加してもらうスタンスで作っている。…とはいえ、これは今までの作品と同じだけどね。
 
そういう意味でこの曲はバンド「THE 夏の魔物」フェス「夏の魔物」の総決算で集大成であり、
マージービートから始まり歴史を辿りTHE 夏の魔物スタイルで終わるこの曲は、
「一曲でロックフェス」。ロックンロール・タイムスリップ。


レコーディングには過去最大の時間を要した。昼に集まり、翌日の始発までノンストップ。うつみようこさんも深夜遅くまでディレクションを手掛けてくれて、各メンバーがそれぞれの力をそれぞれのパートで発揮した。
THE 夏の魔物しか実現できない曲だ。フルサイズが聴ける時を楽しみにしていてね。

qjvRiAfH7t.jpg




誰にも邪魔されない部屋で始まる君のための協奏曲、第壱楽章」

フェスの開催というタイミングでリリースが決まったこのアルバムの制作に当たって、フィーチャリングやゲストを迎えた楽曲を作ってみてはどうか、という案が上がった。
敬愛する先輩方を迎えた「コンプレクサー狂想組曲」がある中で、違う方向のコラボとは何かと考えた時に連絡をしたのが、これまでの6年間で魔物と何度も関わってきた渡辺淳之介氏である。
 
2012年のSILLYTHING(THE 夏の魔物の前身の前身の前身)のツアーに同行してもらったのはBiS、
その後2013年のDPG(THE 夏の魔物の前身の前身)のデビューの際に「対抗戦」として両国国技館で戦ってくれたのもBiS。フェスにおいても伝説的なライブを見せてくれた。
今回も、WACKアーティストとのコラボ案について、淳之介さんから「じゃBiSがいいね」と快すぎる返事が5秒で来たことにより、このプロジェクトは動き出した



今回共演させて頂いたゴ・ジーラさんについて。こんな機会だし、言及してみようと思う。最初で最後。

おれがその存在を知ったのはオーディションの時、ギュウゾウさんがツイートしているのを見たときだ。
(これがなかったら多分ずっと知らないままだったので、先輩ありがとうございます) 

JWvRZ70zLr.jpg
↑ギュウゾウさんは矢板東高校柔道部の直系の先輩です

へーそんな奇特な人もいるもんなんだな…とニコ生をつけると、そこには知った顔がいた。よくお母さんとライブに来ていて、最前列で爛々と目を輝かせていた子だ。
おれみたいな飛び道具人員を応援してくれる人なんて当時両手で数えるほどしかいなかったから、その存在はよく知っていた。

その数日前、オーケンさんROLLYさんとの対談で
「僕らの音楽を聴いて君たちがこの世界に飛び込んだように、そのうち君たちの音楽を聴いてる子たちがこの世界に現れる」と言われたことを覚えている。
そして、それはすぐに現実となる。

「会社をやめたい」というツイートをよくしていたその子は、覆われた日常というベールを勢いよく引き剥がしていた。 
かつてサインを入れてあげたTシャツを着てオーディションをぶち抜き、ものすごく馴染みがあるような名前となって、
やがて対バン相手としておれらの前に現れたのだった


人生は本当にわからないし、不思議だ。
奇跡的な遭遇もあれば、もう一生会えないであろう友もいる。
この世からいなくなってしまった人だって、もう何人も。
 
今回撮影という形でまた再会し、こうして仕事をすることになったわけだけど、
4年前のキッズは、あの頃とはまったく違う目をして、この世界をサバイブしていた。

もう退屈そうではなかったから、よかった。

先輩面なんてするつもりはないけども、 自身の選択で踏み込んだ茨の道を、素足で爆走していけるポテンシャルがある演者であろうと思う。
応援してます。 ありがとう


wv2RbvRVLI.jpg


トリアエズ・ハナさんもとにかくありがとう!おれは基本的に女性、アイドル、女子高生が怖いので、3倍役満を前にして挨拶くらいしかできませんでしたが、素晴らしい歌と華麗なムーブに感謝。

そして何より、今回の諸々に快くGOサインや許諾をくれた淳之介さんにも感謝を。ちなみに淳之介さんの奥さんは、おれの親友の同級生で、彼が高校時代ずっと片思いしてた人らしい  偶然すごくない?笑



今回のビデオでおれがデロリアン(の、ようなもの)を作ったのは成田のアイデアであり、現在から過去と未来を繋げて、バンド「THE 夏の魔物」として今を駆け抜ける作品であるからだ。

_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4802.JPG

DPGの一作目からMVを撮って頂いていたスミスさんに撮ってもらい、
あの頃の悪友(映像の室谷、スタイリングの北谷)に協力を仰ぎ、
当時からフェスに出演して頂いていたロックの先輩方であるオーケンさんROLLYさん、和嶋さん木暮さん真鍋さんようこさん、
個人的にベーシスト時代から交流があるユキテロ、
さらにはあの頃客として来てくれていたゴに参加してもらうという、
過去と今が繋がる、多くの縁にも恵まれた。
今のTHE 夏の魔物ができる上での軌跡。
みんなすごい人達だし、本当におもしろいし、それ故ただ単純に、すごい曲ができてるんだよ。この作品を、一体これからどうやってより多くの人に届けるか、長いスパンでがんばりたいと思う

_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4835.PNG


人の人生は人の人生であり、不可抗力には抗えない。 
それでも運命が交差するのには、きっと何か理由がある。

咲希奈やMai-kou、今のメンバーもそうだし、過去を共に走ったメンバー、チャンはもちろんミスターやシャイボーイであったり、まいぷにやみずほであったり、様々な記憶は交差してよぎる。

何よりライブハウスで会うファンのみんなもそう。
今聴いてくれてる人のことも、過去応援してくれた人もね



2012年から紡いで、そして今、THE 夏の魔物として。
新たな作品ができました。

_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4739.PNG


THE 夏の魔物 2nd ALBUM
『この部屋が世界のすべてである僕、あるいは君の物語』
12月19日、放つ。




落葉の季節が終わる。
も春も、おれは別に嫌いじゃない