いよいよ25日、青森での最後の夏の魔物フェス。

去年の川崎のフェスくらいから、あまりにもいろんなことが起こりすぎた。
ウォーキング・デッドのように次々と事件が続き、はじめてぶっ壊れた。
最初にそうなったタイミングは自覚している。
熱が出たり、なにも手がつかずボーッとしたり、
眠れなかったり、怒りっぽくなったり、やる気が起こらなくなったりetc、
とにかく余裕がないし毎日2000万っていうワードがぐるぐるまわっている。

大切な人、大切なことについて考えさせられた1年だった。

「火曜日、青森でライブやるのですが、見てもらえませんか!」と
地元沖館の先輩、てっちゃんにガラケーからメールをした(てっちゃんはスマホを持ってない)。
「必ず間に合わせていくよ」と返信がきた。

前にてっちゃんに「たとえ空中分解してもやるだけのことはやったと言える結果にしてくれ。
お前らが一緒に頑張ってきた時間が嘘じゃなければやれることが沢山あるはず」と言われたメールは
保護をかけて何度も読み返している。

俺たちの共通項といえばザ・ハイロウズだ。
今回フェスをやる青森市民ホールではハイロウズ、ウルフルズ、岡村靖幸さん、
Coccoさん(あの映画で使われていたMCは忘れられない)など、いろんなアーティストのライブを見た。
40度近い熱出しながら朦朧とし見たホテルチキポトツアー、
ホールを破壊してしまうんじゃないかってくらいみんなでポゴダンスしたエンジェルビートルツアー。
そこで最後の魔物をやるっていうのは、ものすごく感慨深い。

正直今回、何度もやめようと思った。
やめるってのはすべてをやめるってことで、歌とかバンドとかフェスとか、なにもかも、という意味だ。
こんな風に思ったのは初めてだった。
あの頃くらい純粋に音楽に感動できなくなっていて、
この3ヶ月間いろんな人に「続けてほしい」と言われるたびに、
やりたいこと、ってなんだろうとずっと悩みこんでいた(ぶっちゃけまだ答えは出ていない)。
もしかしたらまたやろうと思うかもしれないし、そこでもう終わろうと思うかもしれない。
先のことはどうなるかわからないけど、25日は誰よりも良いライブがやりたいし、良い歌を届けたい。

そんな俺個人の事情はさておき、
とにかく来てくれるお客さんたちには全力で楽しんでほしいし、
快適にすごせるよう、できることは全部やりたいと思って今日まできた。

赤コーナー大トリをMOROHA、アイドルのヘッドライナーをBiS1st、
青コーナーのトリをせのしすたぁに依頼したのは、
最後の青森で見せたいもの、魔物らしさってなんだろうって考えてお願いした。
これまで何度も出ていただいているロックレジェンドの方々、
豪さん掟さん政所さんミツロウ先生と能町さん、この日しか見れないKERAさんとのコラボなど、
青森最終回にふさわしい面々が集まってくれました。

今回、9月の反省を踏まえてやるだけのことはやった。
沢山の方の協力のおかげで、きっと良いフェスになると信じている。
フィナーレでのファイナルセッションは盛大に、ハッピーに終わりたい。
9040155503518.jpeg
おかげさまでプレイガイドは完売、追加分のチケットがまだ少し買えるのと、
タワレコ新宿、難波店ではものすごくお得な青森に来やすいチケットも売っておりますので、
今からでも是非、遠方からでも来てもらえたら…!
みんなが最高だった、って思えるような一生忘れられないフェスを、最後に作りたいです。

追伸、
はじめてのフェスDVD、完成しました。
記録として録っていたものを、急遽いろんな方にお願いし、こうして形になりました。
映像を見て、たくさんのアーティスト、スタッフのみなさんのおかげでここまで続けられたし、今があるんだなと改めて思った。
魔物のピンチに無償で参加してくださったファミリーのみなさんには一生頭があがらない。

永遠に赤字は続いているが、もういよいよどうしようもなくなってきており、
会場やオンラインショップでグッズを買ってもらえたら、ものすごく嬉しいです!!!笑
(来年のフェス開催に繋がる1番の近道です!!!)

DVD、もしかしたらレベルですが、
25日当日会場でも何枚か販売できるよう、間に合わせられるように今頑張ってますので、是非!!


ピーズのクリスマス聴きながらSEIYUのお弁当食べよ〜。
青森で会いましょう。

いつからか自分は「心から本当に最高だと思ってます」と人前で歌っていて思えなくなった。
これまではそうなるだろうと、今が最良になると、信じとにかく前に進むようにしてきたけど、本心で、本気でそう思うことが、よく考えてみたら音楽活動をはじめてから一度もなかったのかもしれないと思い始めている。

レコーディングと曲作りに関しては「心から本当に最高だと思ってます」までもっていけた。
出来上がったセカンドアルバムは最高だ。
タイトルの通り、この部屋で産み出したメロディたちがたくさん詰まってる。
昔「(Jessus Of Suburbiaとかバトルアンドロマンスとか)こんな音楽がやりたいんだ!」とぶちまけた時に一番近い、
脳内マッシュアップしたような曲、長年寝かされていた楽曲たちがようやく日の目を見る機会を作ることができた。
まあでも音楽シーン的にはどうせ無視されるだろうし、評価もいつも通りだろう。もう慣れたし期待していない。
レビューとか、取材でいろんな人に褒められたり、今まで以上に手応えは感じているが、
ただ、この作品が完成できたこと以外はなにも良くない。

状況も、ライブも、フェスも、「最高」とは今は言えない。
演奏は常にいつだって最高なのに。
大内さんにさっき「そういうライブ近年でありましたか?」みたいな話をしたが、お互いすぐには出てこなかった。
というより昔からそうだ。最初のバンドも、SILLYTHINGも、DPGも、魔物も、THEになってからも
「これヤバくね?」みたいな快心の出来をやれたことがまだない。

あの頃は良かった、みたいなことも一ミリも思わん。
(その時々のメンバーの良さ、みたいなのはあるが、誰が歌っても良い曲を毎回目指していただけに、
例えばあんときの誰々が良かったとか、昔のほうが云々とか言われてもまったくピンとこない)
その時はその時で良い思い出ではあるし過去を否定するつもりはマジでないけど、
「俺自身だけ」の話でいくと、満足したことは一度もない。

さっきゴ・ジーラちゃんとの取材に「スランプとかなったことあるの?」って聞いてしまったけど、100億万点の回答がきて、
ああ、だからあんなに良い歌が録れたのかと。

俺はといえば、はじめの一歩1246話の一歩のように、いろんなことの限界を感じている。
自信もって良いと思えないことをやり続ける。この状態がもう何年続いてるし、いつまでこんなことが繰り返されるのだろう。
すべては俺の率いる能力のなさが原因です。

とりあえずバンドはそんな感じだけど、12.25のフェスはオーガナイザーとしてやれること全部やって納得のいくものをしっかりやって、青森最後の魔物を成功させたい。とにかく来てくれるお客さんのために、最高を目指す。

全国各地いろんなところから来てくれる方が、少しでも楽しんでもらえる空間を作ること。それだけがモチベーションです。

12.25は、最後だと思って最高の歌を歌う。
S__24994024.jpg

昨日は19日のライブに向けてのリハーサルでした。

この日のえらさんは、いつも美しいけれども特に美人で、ニットのセーターを着ていたのだけど、そのセーターには分厚いハードカバーの本のイラストが編み込まれていた。

その本には「mystery」というザックリとしたタイトルが記してある。推理小説なのだろうか

素敵なセーターだなあと思った。

「ミステリー」というのがまた良い。

セーターに編まれたイラストでしかないのだから、その本の内容はまったくわからない。本当にミステリーだ。


それと同じで我々の人生もまたミステリーであろう。明日には何が起こるかわからん。

宝くじが当たるかもしれんし、牡蠣に当たって腹を壊すかもしれん。
トーストを口にくわえて走る髪の青い女子高生に道の曲がり角でゴッツンコするかもしれない。

それが実はコスプレしたおっさんかもしれない。み、ミステリー!


40年間このミステリーを生きてきて、最近やっとはっきりわかったことがある。この私というミステリー本に次々とあらわれるプロットは予想しえなかったけれども、ひとつの正しい攻略法、ひとつの真実があるということ。
それは、ブッダことゴータマさんが言った「良因良果悪因悪果」である。

良いことをすれば良いプロットが待っていて、悪いことをすれば悪いプロットが待っているということ。
これだけは身をもって真実だと言える。
もっと早く気づければよかったのになあ

そんなことを、素敵なセーターをみて考えました。


えーと

我々のセカンドアルバムが出ました!
私はファーストより好きです!

今日キングクリムゾンを見てきたのでキングクリムゾンに例えさせてもらえるなら、このセカンドアルバムは太陽と戦慄だと思ってください。
そして明日のライブはthe great deceiverみたいになります。

メンバーチェンジを繰り返すキングクリムゾン、ファンの方は好きな時期が色々あると思います。

ひたすら開き直って昔の曲を物凄いテンションでやりまくるキングクリムゾンをみて、THE 夏の魔物もこんな感じでいきたいなあと感じました。

昔もよいけど今がイケイケ!いまこそイケイケ!みたいな感じ。


明日のライブはどうなるかわからん、そんなミステリー本を一緒に読みませんか、コーヒーでもいれて。わたしは最近デカフェ。来れない人はアルバムをゲットしてお家で聞きましょうコーヒーでもいれて。
良いライブをかまして良果を迎え入れるよ!
良ライブ良果。


それでは明日お会いしましょう、会場か、お家のスピーカーからか、で!

日付変わってしまったので今日!
アントーニオでした!
IMG_8336.JPG

↑このページのトップへ