自分が仙台に最後に行ったのはいつだろう?
と調べてみると、2014年のことだった。
ずいぶんと前のように感じるな。

初めて仙台に行ったのは、学生時代に銀杏BOYZとサンボマスターのツーマンを見に行った時だと思う。
間違ってチケットを買ってしまった後輩から譲ってもらって、東京から鈍行を乗り継いで向かったあの時のことは今でも覚えてる。
ライブ後は終電もなく、無計画だったため深夜バスもとっておらず、道端やコンビニで朝まで時間をつぶす。フラフラになりながら、目を閉じる前に始発の車窓から見えた景色は今でも鮮明だ。

その後バンドを始めてからは、何度も行く機会には恵まれた。
東北自動車道に乗り、我がふるさと栃木の矢板インター、那須高原SAを抜けて、長い福島大陸を越えて、宮城へたどり着く。遠いけど何だか近い、あの感じがとても好きだ。



THE 夏の魔物にとっては初の仙台。
これまではなかなか行く機会がなかったけど、仙台ライブはまた計画と話には出ていたりするので、東北の皆にはこれからも会って行きたい。
なので今日のライブはその第一歩でもある。


都市在住の皆、特にキッズの皆に伝えておきたいのは、
それは君に本当に好きなアーティストがいるなら、遠征は一度でもいいからしておいた方がいいよ!ということ。もちろん、自分の無理や融通がきく範囲でね。
わずか1時間、長くても3時間、あるいは30分しかないライブのために、お金も時間もかけてさ、1日つぶして遠征するなんて、ふつうに考えたらとっても非効率だし、バカげたことかもしれないけど。


無駄か?うつつか?

でもそれこそが、 人生を彩るきらめきだ。


鈍行を乗り継いで行った地方のライブ、
初めて手配した航空券、深夜バスで帰って来た日のこと。
それは数年後、10年後も思い出す記憶のかけらとなる。その日いいライブを見れたとしたら、特にね。


自分の脳裏にも、かつて経験したそんな記憶がたくさん刻まれている。
THE 夏の魔物も、今回、この先、全国ツアーをするにあたって、そんな存在であったら良いなと思う。
今回は7会場、来てくれた人たちに、素敵な記憶を刻みたい

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6617.JPG

本日!
11月9日(木)
仙台CLUB JUNK BOX
『全国の魔物』
開場19:00/開演19:30
(終演時刻及び特典会開始は21:00頃)
当日3500円

出演
THE 夏の魔物
椎名ぴかりん


《ツアーグッズ》
11.9(木)『全国の魔物』仙台公演より数量限定販売!

「WHO THE FUCK IS THE MAMONO? 」 Tシャツ(白)
サイズS〜XL
3500円
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6612.JPG


「WHO THE FUCK IS THE MAMONO?」パーカー
サイズ S〜XXL
6000円
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6288.PNG
白と黒はカラバリじゃないよ!フォントを見るとわかるけど、まったく違うプリントです
いずれの商品も、一点ご購入から特典会への参加が可能!


【特典会レギュレーション】
◆会場物販にてグッズを3000円以上ご購入の方は、2ショットチェキ撮影ができます
◆5000円以上ご購入の方は、メンバー全員と囲みチェキ撮影ができます

◆フォトT(白・黒)をご購入の方には、メンバー全員よりサインを致します

※アルバム販売あり! 特典会参加対象外です


来週は札幌!
月末は名古屋 大阪ツーデイズ。
来月は福岡へも。



世界の涯てでも、案外近い。
そこに見たいもの、聞きたいもの、知りたいもの、感じたいものがあればね。


今日、明日、来年、いつでも待ってます。そして会いに行きます。 
「全国の魔物」が素敵な記憶になりますように



THE 夏の魔物  大内ライディーン

みなさんこんにちは👓
鏡るびいです

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6623.PNG


10月25日にリリースしたファーストアルバム
『THE 夏の魔物』をひっさげただいま絶賛ツアー中のTHE 夏の魔物🍥

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6624.PNG


次回のライブは9日椎名ぴかりんさんと仙台でツーマン!
ツアーで東北に行くのは初めてなのでマンモス楽しみだし、仙台には親戚が住んでいたから何度も行ったことがある街だけど、あの街に今回ライブしに行けるのか〜と思うとワクワクもんです(^。^)

ライブ中に左を向くとメンバー全員の横顔を見られる時があるのですが、
「THE 夏の魔物のテーマ」の最後「いつまでも 変わらない この瞬間を 死ぬほど生きて 死ぬほど生きてやる」と歌う4人のあついまなざしとそれに応えてくれる目の前の魔物チルドレンのみんなの熱を感じた時よっしゃこの全員のバイブスでこれから全国駆け抜けるゾ〜!とさらに気合が入ったのです✌︎

9日は初仙台、JUNK BOXにて19:30開演!

ライブ前は
半田屋(仙台駅東口BiViに入ってるよ)でおいしいお惣菜のおかず🍥とか
新幹線改札の近くずんだパフェとかオススメだよ💙

仙台パルコの茅乃舎で煎り酒(日本酒と梅酢と昆布だしの調味料)買えるといいな〜

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6625.PNG


そしてもう一つ重要なお知らせ!!!!!
夏の魔物2017フェス公式グッズの通販が10日までです!

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6626.PNG
みんなもうチェックしてくれたかな?

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6627.PNG
出演アーティストさんのお名前が一面プリントされた背面デザインのTシャツ!白地なので好きなアーティストさんのところをマッキーで塗るとアピールできるぞ

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6628.PNG

柔らかくて着やすい素材なのですきなアウター羽織っても◎おもちコーディネートしてね♡

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6629.PNG
パーカーは大きめのワンピース丈で着るのもオススメ!(身長162センチXL着用)

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6630.PNG
こちらは背面プリント無しですがフードに魔物マーク🙆‍♂️

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6631.PNG
中はパイル地で温度調節しやすいのでスカジャンやライダース合わせても♡

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6632.PNG
大きめで着ると袖ももてあませるぼ(^。^)

ここでしか手に入らないとてもナウいグッズばかりなので是非ゲットして着まくってみんなに自慢してね♡

私服で合わせてもインスタ映えするかも〜♡?なんちって


それではおしょうゆるびしゃんのコーナー🍥
ラインブログでもばりばりやっていきます👓

_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6633.PNG
🍥ロールキャベツ
🍥きのこ汁
🍥にんじんまるごと煮

最近、毎回お料理の味付けが自分の好みの道を突っ走りすぎて郷土料理みたいな味するんだ…(笑)

きのこ汁は甘味噌的な味付けでほっこり♡
なめこたくさん食べると痩せるらしいとテレビで見て作りました。エリンギとえのき、きのこのみ🍄鷹の爪でピリ辛〜
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6634.PNG

にんじんはあごだしのみの薄い味付けでまるごと煮てみた、インパクト大!
にんじんの甘みが出て美味しかったです。

ロールキャベツはとことん和風!
細切り昆布と一緒に煮たよ!
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6635.PNG

一食のごはんであごだしを2種類使うあたり本当にあごだしが好きなんだなと自分でも思います。
ロールキャベツに使った右から2番目のお醤油は超正統派の(甘くない)お醤油なんだけど味が良すぎて唯一必ず冷蔵庫で保存してるお醤油…
(所持してる調味料多すぎて大丈夫なやつは常温保存してるよ)

スープの味付けにつけてみそかけてみそを使ったのは初めてだったけど超いい感じでした◎
名古屋と山形、離れた土地なんだけど味マルジュウとの相性がいいの、、風味が似てる気がします!

ごちそうさまでした(^。^)

本日もお読みいただきありがとうございました。
9日、JUNK BOXで待ってます!!

ファーストアルバムが発売され、頭の中は次の作品に向かっている。曲曲曲曲曲、作りたくて仕方ないし脳汁が溢れ出ている。
改めて、応援してくれている魔物チルドレンのみんなや、VAPのみなさん、いろんな人のおかげで今日この日がある、と実感しています。

今日みんなで行った先でイエモン、マリーズ、すかんちが流れていて、
恋の天国はケモマモハートっていう曲をバンドでもうワンチャレンジしてみたいな、という気持ちが沸いてきた。

その帰りにみんなで神社に行き、お参りをした。
アントンさんはいなかったけど、単純に俺は『みんなとバンドずっと続けていけるようになりたいなー』そのことだけ考えていた。
あの時、多分全員同じこと願っただろうな。

いろんなインタビューでも答えているのですが、
アルバムを作っている段階から特に「このメンバーでしか出せない音」っていう部分にこだわっていて。
バンドスタイルでやる場合、退っ引きならない事情でトラをたてることが出てくるかも、、、。なんて悩んでたけど、
もうそういう誰かが出れないライブは5人だけで出ようと思った。
西さん、えらちゃん、中畑さん、ハジメさん。THE 夏の魔物のロックンロールを鳴らせるのはこの4人だけだと思っている。
バンドスタイルで毎回やりたいのは山々だけど、今の自分たちではそうもいかない。
メンバーだけで踏ん張るしか無い時も多い。でもそうやってたくさんライブをやって、早くより強硬なバンドになっていきたい。




っと言っても、単純にライブやりまくって、CD作って、そういう日々に憧れていた。
「年間100本ライブやってます」っていうバンドのあの言葉にすごく憧れみたいなのもあったし、
自分もそうやって強くなっていきたいと思ってた。
今やっとそれをできるバンドになれたし、この先の人生ずっとこうしていくために。正念場だって思ってる。


『キングブラザーズやスクービーだってやってきてるんだよ』。
電話でそんな風なことを言われて、俺も大内さんもものすごくモチベーションが上がった。
そうだ、自分たちの好きなバンドはそうしていたんだから、俺たちにもできるなって。
フラカンもザゼンも、みんなそうだ。やるしかない。バンドを続けるために、音楽を続けていくために、やれることにチャレンジしていきたい。


俺は音楽がやりたい。
ライブがやりたい。
俺たちはバンドマンだ。
だからライブハウスで、ライブでみんなに会いたい。


どこに出ても恥ずかしく無いライブをやっていくつもりだし、そういうファーストアルバムが作れた。

1本1本を大切に。
出し尽くして、1日も無駄にせず、『ああやれること全部やったけどダメだった』、そうじゃないと無理だなんて思いたく無い。
人生に徳政令カードはない。前に進むしか無い。

ダセーことはやりたくない。
ダセーと思われるバンドになりたくない。
たくさんの人に音をきいてもらえるライブを、入り口になれるような歌を。
来やすい、楽しんでもらえる環境を。

まずは仙台。ファーストアルバムを全国のみなさんに届けるための旅はまだまだ続きます。次いつ東北に行けるかわからないので、全力でやりますッッッ!!!

news_xlarge_thenatsunomamono_201710_20.jpg

↑このページのトップへ