先週は、いわゆるひとつのインフルエンザになり、自宅で謹慎をしていました。

練習もできず、ただひたすらやつれてゆく五日間。運良く月曜に発覚し金曜までのタミフルDAYSでしたので、土曜から試合には復帰できましたが。

そんな自宅でのカンヅメ、2日間は熱で辛かったのですが、3日めあたりからタミフル効いてきて、ひとりの時間を楽しめるようになってきました。なので映画とかみてました。


「カバーガール」
リタ・ヘイワース、ジーン・ケリー共演のミュージカルです。正直かなりビックリしました、リタ・ヘイワースがこんなに踊れるなんて。最強。こんなひとが今の映画界にいたらどえらいことだなあ。
ジーン・ケリーは「雨に唄えば」等が有名ですが、この失恋する人間臭い役の方が私は好きだなあ。単純でわかりやすい、チープと感じる人もいるようなストーリーだけど、わたしはガン泣きしました。ベタでもいい、心がこもってたもん。雨に唄えばより好きです!

_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0703.JPG


「ボイスオブムーン」
フェリーニ監督の遺作で、イタリア国内での評価は高かったものの海外では評判が悪く
、同監督の作品で唯一英米公開されなかった曰く付きの作品。

これが、かなり良かったです。ストーリーも因果関係も無茶苦茶な詩のつらなりのような作品ですので、ダメな人は本当にダメなのかも。腹立ってくるのかも。
でもそんな無茶苦茶ベースがあるからこそ、そのなかで顔を覗かせるリアリティが目立ってつよく光るというか。
女性に対する洞察はこれまでの作品でのそれよりも高みにある気がしました。
結婚、離婚、ひとめぼれ、失恋、興醒め、それらが戯画的に描かれつつ、その戯画的なカバーから滲みでてくるリアリティ。
フェリーニ特有のあざとさも、あるにはあるけれど、この作品においては表立って出し過ぎずに比較的よいバランスを保っている気が。
「ダンスは人生の賛歌だ。」あのへんあざといけど、あのダンスシーンはやはり感動してしまう。花火もいい。なにせベニーニがいい。ベニーニ勝ちかも。
ベニーニとおっさんが話してて、急にいなくなる、あの孤独とか、とてもいい。あの部屋に友だちが突然いる。あの因果関係無視したサプライズがいい。意味わからんのが、いい。でも、語り過ぎちゃう、けど、それは人それぞれの好み。月と井戸のあの感じ、あの良さは感覚でしかない。だから映画でしかできない。
見直したい作品。

_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0704.JPG


「ストーカー」
これはヤバい。わけわからん映画立て続け。
しかし遠いようで近い。あの廃墟、あの「ゾーン」。あれは遠い遠い世界のことのようで、だれしも昔に探検した近所の中庭のように、近い。

タルコフスキー監督の作品はあまり見たことがない。が、これもまた信仰についての作品だと思う。そして奇跡についての映画だ。
ラストはもう驚愕。
わたしはものすごく「肩ぐるま」に弱い。
サタジット・レイの「オプー三部作『大樹のうた』」
ウェス・アンダーソンの「ライフ・アクアティック」
そして「ストーカー」!
弱点を突かれてもう大好きだ。
めっちゃ長いけど見直したい作品。

_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0705.JPG

というわけで、いまはインフルエンザも通り越し、わけわからん映画も充電し、ライフエナジーは充実しています。
3月7日のワンマンに向けてもっとわけわからん映画を見てえらいこっちゃな感じでステージに立ちたいです。



こちらで要チェックだ!

わぁーいブログだよー

雪がふったり最強寒波だったり
ほんと冬って恐ろしいね:(;゙゚'ω゚'):

でも夏の暑過ぎるよりはどちらかというと寒い方が我慢できるので冬派な茉里です。
_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0673.JPG
冬っぽい写真

でも乾燥はやだから
めっちゃタオル部屋干しして湿度保ってる

肌とか昔からめっちゃ乾燥するねんけど
RMKのオイル美容液+保湿液使ってたらここ数年は肌の調子良くなった!
母からのオススメ↑

暖房はあんまりつけないで電気カーペット付けてモコモコに着込んで過ごしてるよ。。
全ては喉と肌のため〜:(;゙゚'ω゚'):
自分に激えらよしよし丸。



そんなこんなで2月になりました!ね!!!
大好きな〜2月〜〜(*・v・*)/

今月もたくさん楽しいことが待ってます!

まずは、マモノハウス〜〜

MAMONO HOUSE 12
場所 新宿NAKED LOFT
日付 2018年2月16日
時間 OPEN18:30 START19:30
出演 THE 夏の魔物
チケット 前売¥2,000
e+にて12月30日より発売

出張!MAMONO HOUSE~大阪編~
場所 Loft PlusOne West
日付 2018年2月22日
時間 OPEN18:30 START19:30
出演 THE 夏の魔物/越川和磨
チケット 前売¥2,000
e+にて12月30日より発売
↑この日は泉茉里が内容を考えてます!!
☆オリジナルフード&メニュー!
☆あの大人気ゲーム大会!
☆アコースティックライブ!

などなどです!

まだまだ他にも企画中!!!!

普段のマモノハウスを大阪の皆さんにも感じてもらいつつ
でも!!やっぱり大事な年1のイベントなんで茉里ちゃんはりきってやりまーす(*・v・*)/

よろしくお願いします♡



そして!!次回のBAND LIVE!!

ヒッピハッピシェイク-イナズマ2マンSP-
場所 新宿レッドクロス
日付 2018年2月21日
時間 OPEN19:00 START19:30
出演 THE 抱きしめるズ/THE 夏の魔物
チケット 前売¥2800 / 当日¥3300
https://t.livepocket.jp/e/180221redcloth
こちらは久々のツーマンLIVEとなっております!!
THE 抱きしめるズさんと!!!初対バン!!
レッドクロスのステージに全員9人が乗り切り無事にライブできるのか!?乞うご期待!!!!!!



対バンイベントもチェックしてな!!!

ROLL OVER THE WORLD
場所 下北沢DaisyBar
日付 2018年2月10日
時間 OPEN18:30 START19:00
出演 The cold tommy/The holy's/the knowlus/THE 夏の魔物
チケット 前売¥2,300
e+で発売中

16SOULS in TOKYO×Beat Happening!
場所 渋谷LUSH
日付 2018年2月14日
時間 OPEN18:30 START19:00
出演 杏子(名古屋)/sachi. /かたこと/THE 夏の魔物
チケット 前売¥2,500


Knock Out Kashiwa Idiot ROUND 3
場所 柏PALOOZA
日付 2018年2月18日
時間 OPEN16:30 START17:00
出演 KOKI/LAID BACK OCEAN/revenge my LOST/THE 夏の魔物/and more...
チケット 前売¥3,000
https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00002697/

2月のハレチカ
場所 代々木Zher the ZOO
日付 2017年2月24日
時間 Open18:00 / Start18:30
出演 リアル3区/吉川友/スロロリス /THE 夏の魔物
チケット 前売¥2500 / 当日¥2800
e+にて発売中
久々の方やはじめての方との共演!楽しみ!
THE 夏の魔物として、自信を持って、どのイベントにも全力でやるど!!!!

ペンライト持って一緒に盛り上がろう!!



【重要】こちら!!!【重要】

THE 夏の魔物 TOUR 2018 BANDの魔物 ※全公演バンドスタイル

初のバンドスタイルでツアーやるぞーー!

3月7日 下北沢SHELTER(ワンマン)
時間 開場19:00 開演19:30
出演 THE 夏の魔物
チケット 前売¥3,500
10代男女は入場無料(当日受付のみ。身分証持参必須)

3月30日名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
時間 開場19:00 開演19:30
出演 THE 夏の魔物
ゲスト:呂布カルマ
※THE 夏の魔物は360°完全開放ライブとなります
チケット 前売¥3,500

4月12日仙台enn 2nd
時間 開場19:00 開演19:30
出演 THE 夏の魔物
ゲスト:挫・人間
※THE 夏の魔物は360°完全開放ライブとなります
チケット 前売¥3,000


4月26日 下北沢CLUB QUE
時間 開場19:00 開演19:30
前売 3500円
出演 THE 夏の魔物
ゲスト:X(後日発表)
チケット 前売¥3,500


【オフィシャル先行受付中です!】
2/3(土) 12:00 ~ 2/7(水) 23:59
URL: https://l-tike.com/st1/mamono-h

_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0674.JPG

まだ1ヶ月先だけど、あと1ヶ月なんだ!!
ボーっとしてたらあっという間だよ!きっと!
だから毎日パキッて過ごさなきゃ!!
1日1日を大切に充実した時間を送る!!
最高のライブするために!!

で、もっとバンドスタイルでの私達を
ぜひこのチャンスで沢山の人に見て知ってもらいたい!!!

前回、バンド初遠征した名古屋にも行くし
仙台も楽しみ!!牛タンリベンジ!!

全部熱いLIVEやっちゃうでーーーー

ほんで、このツアーと一緒にステキな春を迎えるぞ〜〜( ^ω^ )サクラ〜〜( ^ω^ )

来れる方はぜひ楽しみして待っててね
_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0675.JPG


実家にはお雛様が飾られたそうです
_var_mobile_Media_DCIM_160APPLE_IMG_0676.JPG

お腹空いたのでご飯食べまーす

『どの色が欠けてもこの夢の続きは描けないから』
久々にモノクロデッサンを聴いて、俺が今やりたいことはそういうことなんだよなって思った。
うまく言葉は表せないんだけど、9人で出している音、今のライブ、すべてに自信があるから、ツアーファイナルも成功できた気がしている。

先輩方に大きな愛とリスペクトを込めて、『俺たちは俺たちらしいライブをしよう!』、と本番前みんなに伝えた。
あそこでもっと狂うことも、もっと高いところに登ることもできたけど、単純に俺は音楽がやりたい、歌いたい、みんなでそれを伝えたいんだ、って思った。

THE 夏の魔物らしい戦い方。9人で一つになってできたライブだった。

011704_fixw_640_hq.jpg
塁さんが撮ってくれた、宝物みたいな写真。

その9人で、はじめて地方にいけた。1年前からは想像もつかない。やっといけた。
普通に、ロックバンドとして、地方に行けたことって大いなる一歩だ。
車内でユニコーンのすばらしい日々が流れる中、1人でジーンとしていた。

名古屋は(過去何回も言っているが)、青森在住のときに、はじめて遠くまで行ったすべてのはじまりの地だ。
当時ETCもなく、金もなく、ナビもなく、スマホもなく、青い看板を見ながらひたすらまっすぐ走った。
どうやってたどり着いたかも覚えてないが、32時間かかった。
またこうして新しい最初の一歩を、この地からはじめることができた。
(3月30日にライブをやる箱は、その時行った箱のクラブロックンロールである)

今回のサーキットイベント。
俺たちの次には、Creepy Nuts、四星球、MOROHAという、最高の並びのところに配置された。本気でやりあいたい相手、全員いた。

前述した方々のファン、知らない顔ばかりの中。
少しでもいいから残るようなライブ、できればいいなって全力でやった。

1組終わるごとに、物販にいろんな人が来てくれた。
この出会いをきっかけに、俺たちの音楽をきいてもらえばいいなって思った。

MOROHAのライブを見た。
『俺は俺の合図で声をあげたい
俺は自分の歌を歌いたい
誰かの合図をまたずに
誰かのためでなく
自分のために
歌い出したいって思ったんだ』
そう歌うアフロさんに、すべてに共感した。

帰りの車で、近道なんかない、とPAの中野さんが言っていたけど本当にその通りだ。
THE 夏の魔物の音楽やライブが、 一人一人の心にしっかりと届けられる、そんな2018年になるために。

一歩ずつ、みんなで前進していきたい。

↑このページのトップへ