『どの色が欠けてもこの夢の続きは描けないから』
久々にモノクロデッサンを聴いて、俺が今やりたいことはそういうことなんだよなって思った。
うまく言葉は表せないんだけど、9人で出している音、今のライブ、すべてに自信があるから、ツアーファイナルも成功できた気がしている。

先輩方に大きな愛とリスペクトを込めて、『俺たちは俺たちらしいライブをしよう!』、と本番前みんなに伝えた。
あそこでもっと狂うことも、もっと高いところに登ることもできたけど、単純に俺は音楽がやりたい、歌いたい、みんなでそれを伝えたいんだ、って思った。

THE 夏の魔物らしい戦い方。9人で一つになってできたライブだった。

011704_fixw_640_hq.jpg
塁さんが撮ってくれた、宝物みたいな写真。

その9人で、はじめて地方にいけた。1年前からは想像もつかない。やっといけた。
普通に、ロックバンドとして、地方に行けたことって大いなる一歩だ。
車内でユニコーンのすばらしい日々が流れる中、1人でジーンとしていた。

名古屋は(過去何回も言っているが)、青森在住のときに、はじめて遠くまで行ったすべてのはじまりの地だ。
当時ETCもなく、金もなく、ナビもなく、スマホもなく、青い看板を見ながらひたすらまっすぐ走った。
どうやってたどり着いたかも覚えてないが、32時間かかった。
またこうして新しい最初の一歩を、この地からはじめることができた。
(3月30日にライブをやる箱は、その時行った箱のクラブロックンロールである)

今回のサーキットイベント。
俺たちの次には、Creepy Nuts、四星球、MOROHAという、最高の並びのところに配置された。本気でやりあいたい相手、全員いた。

前述した方々のファン、知らない顔ばかりの中。
少しでもいいから残るようなライブ、できればいいなって全力でやった。

1組終わるごとに、物販にいろんな人が来てくれた。
この出会いをきっかけに、俺たちの音楽をきいてもらえばいいなって思った。

MOROHAのライブを見た。
『俺は俺の合図で声をあげたい
俺は自分の歌を歌いたい
誰かの合図をまたずに
誰かのためでなく
自分のために
歌い出したいって思ったんだ』
そう歌うアフロさんに、すべてに共感した。

帰りの車で、近道なんかない、とPAの中野さんが言っていたけど本当にその通りだ。
THE 夏の魔物の音楽やライブが、 一人一人の心にしっかりと届けられる、そんな2018年になるために。

一歩ずつ、みんなで前進していきたい。

茉里です!!!

1月17日は渋谷WWWにて全国の魔物最後!
ツアーファイナルでした
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9821.JPG
リンダ&マーヤさん
ギターウルフさん

全身でロックンロールを感じ
熱く凄まじいライブを目の当たりにし
私はこの後にどんなパフォーマンスが出来るのか…と内心で震えて

アウェイな環境でライブを幾度もしてきたけど、そういうのとはまた違う感じで…めっちゃ肩に力が入ってたんやけど
成田さんの"俺たちは俺たちのやり方で勝負しよう"って言葉で肩の荷が下りた気がした(・v・`)

自分の今出せる最高のパフォーマンスをしなきゃーーと!
この日のためのツアーをやってきたわけで、なんのためにこの対バンがあるんや!って気合いを入れ直し、いざ本番!

セットリスト
・リングの魔物
・魔物BOM-BA-YE〜魂ノ覚醒編〜
・恋の天国はケモマモハート
・涙。
・東京妄想フォーエバーヤング
・over the hill
・THE 夏の魔物のテーマ
-----------
・マモノ・アラウンド・ザ・ワールド
・シン・魔物BOM-BA-YE〜魂ノ共鳴編〜
・音楽の魔物
・僕と君のロックンロール

悔しい部分は細かく言えばもちろんあるけど、どの曲も全部今出せる本気を出した!
うまく言えないけど、自分で自分に刺激できたライブをしたかな
見てくれたみんなにはどう見えたでしょうね

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9842.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9843.JPG

ワンマンの様子をこちらから見れるのでぜひ見てみてね↓
https://natalie.mu/music/news/265592
https://ototoy.jp/news/87646

そして、発表したヤバイ仮面さんとのコラボ(主題歌!!)も要チェック!!
https://natalie.mu/music/news/265670
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9740.JPG

ありがとうしか言いたくない
本当にそうなんだよ
ありがとう!
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9844.JPG



今日は名古屋へ遠征!!

しかも9人全員で初遠征!
バンドスタイルで初遠征が名古屋!!!
大好きなところやから嬉しいな!

朝早くから車で向かいまして〜
途中気になってたルマンドアイス買って食べちゃったりして♡
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9845.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9846.JPG

ルマンドで元気をつけて名古屋イン!!

『BOMBER-E LIVE CIRCUIT 2018』
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9847.JPG

リハーサルも朝早かった!
こんな感じでした
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9848.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9849.JPG
アントンさんは悟りを開いておりました。
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9850.JPG


楽屋では天むす食べた!!!!
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9851.JPG
これ、美味しすぎておかわりしたくなった…
サイズ感、味の丁度良さ、佃煮のうまさ
最高。ありがたい。

またまた元気をつけてライブ!

どれくらい見に来てもらえるのかな〜とドキドキしてたんやけど、後ろまでしっかりお客さん居て安心と同時に嬉しさで
よっしゃーってなった!

ペンライト持って来て振ってくれたみなさんありがとう!!!!
みんなのおかげでTHE 夏の魔物を知らない人に私達がペンライトを振れるロックンロールバンドだということをちゃんとアピール出来たはずだ!!!!!!!

ツアーファイナルでの刺激をまだがんがん抜けきれてない状態なのでそりゃもう体からばんばんエネルギー出まくったライブやった!
終わった後のやったぞーー!っていう気持ち良さがたまらなかったよ。

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9852.JPG

物販では懐かしい人たちに再会できたのめっちゃ嬉しかったし、初めて見ましたって方が物販やCD買ってくれたりして、、もすごく嬉しかった!!!
サーキットフェスに出演するってこういうことよね!!ありがたい!!最高!!
もっともっと名古屋在住の魔物知らない人に知ってもらってね
次に来る3月30日はいっぱい集まってくれてたら嬉しい!!
その時もまたバンドスタイルで来るので!!
楽しみにしててくれーーーーー!!!!!!

ライブ情報はこちらからチェック↓
http://thenatsunomamono.com/live.html


2連戦ということで明日も頑張るぞー!

みんなもインフルエンザなんかに負けるなーーー( ∩'-' )=͟͟͞͞⊃




アントーニオ!


て、いま言った?言ったよなあ。
一番後ろで見ていた私はセイジさんに自分の名前を呼ばれたことに少し動揺し、なかば納得し、大いにキターと思い、階段を駆け下りてステージに向かった。


あれは何年前だろう、青森のフェスの時に私はこれを経験していた。
そのときセイジさんは「レスラー!レスラー!」と叫んだ。らしい。

私はそれを直接聞いてなかった。なぜならそのとき裏でトイレに行っていたからだ。
トイレから出るとフェスのスタッフの人が必死で私を探していた、「アントンさん!セイジさんが呼んでます!」
私は慌ててステージに駆けつけた。
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9815.JPG



あれから数年。
わたしのギターは全く発達していなかった。そりゃそうなのだが。

今回は、前回と異なり不思議な展開を見せた。
セイジさんから、プロレスしたそうな雰囲気が昇り立っていたのだ。
そう感じただけかもしれんが。
セイジさんの取るポーズにプロレスが滲み出ていた。
私は、そしてセイジさんも、どうしたらよいかわからなかったと思う。
ふたりで、その瞬間をただ読み合い、そして身体が動いた。

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9813.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9812.JPG

プロレスでもロックンロールでもなく、プロレスでもロックンロールでもある謎の空間が出現した。

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9811.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9814.JPG

 
出たとこ勝負の衝動爆発力にかけては、セイジさんの右に出るレスラーは少ない。
間違えた、ロックンローラーは少ない。
いや、間違えていないかも。

その爆発力に胸いっぱいの、宇宙最大のリスペクトを込めて、生きていく、
と同時に、自分をコントロールしなくてはならない。
ロックンロールとはある部分狂気であるが、ある部分では最高の正気でなくてはならないだろう。

それを思い出させてくれるのが私にとってTHE夏の魔物なのだ。

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9809.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9810.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9818.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9822.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9817.JPG

私は自由だが、自由ではない。
振りは決まっていないが、歌うとことかは決まっている。全体との調和が、求めるところ、

ツアーファイナルの対バンは2組とも凄すぎた。
だから私は、自分なりに闘おうとした。むしろ闘うという感じではなかった。
ひたすら、楽しんでみようと思った。
お客さんの顔見てたら笑顔が込み上げた。
だから込み上げるままにしてみた。
気張らず自然に、疲れた時は休憩しつつ、心と身体に淀みのないものを探しつつ、やってみた。

リラックスしすぎて、歌間違えた!
ときもあった。

難しいけど、楽しかった。
ステージ上のみんなが好きだった。

_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9816.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9808.JPG


いえーい!

お客さんも好きよ!
ありがとーね


_var_mobile_Media_DCIM_159APPLE_IMG_9820.JPG






↑このページのトップへ