こんばんは!  こーのちゃんです!


今回は今日行った鎌倉の
【絶対自分じゃ見つけられない
アンティークカフェ】
今日使ったアンティークと相性抜群のカメラアプリを紹介します!(アフィリエイトじゃないから安心してね😳)(単なる本当のオススメ 笑)

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3574.JPG




なのでその前に少しだけ宣伝させてください!!

僕は、【ブス界へようこそ】という漫画を描いている者です。


今23歳。
王道少年誌、青年誌での連載を目指していたんですが、
なかなかデビュー出来ない日々が続いたので焦りと現実で心が折れそうになり。

ついに。



編集部め!
「絵がなあ、、」とか
「まず基本的なことがさあ」とかうるっせーんだよ!
俺が漫画を連載したらどれくらい面白いもの描けるかみせてやるわ!!


とついに爆発してウェブ上で自己連載を始めたのが「ブス界へようこそ」という漫画です。
作者自身、万人ウケはしない作品だと思います。


ただ、この【ブス界】は メッセージ性が評価されて婚活支援サイトで紹介されたり(俺が一番ビックリした)
「ヤバい!こんなに熱くなれる漫画久し振りに出会った!」
と男女問わず多くの読者に読んでいただけるようになり、

ニコニコ漫画   6800人
マンガボックス   2800人
ライン漫画   700人
その他 登録システム無し等で未知数

計1万人以上の方に
続きを読んでいただけるような漫画になっています。


なのでもし、
「最近の王道系漫画は全然読む気しないんだよなあ」なんて思われてた方!


僕の漫画、3話まで読んでみてください。
一話と最新話(13話)では全く違う感想を持っていただけると思います。


ので気になっ方は是非よろしくお願いします🙏
【ブス界へようこそ】





すみません😭💦💦💦😱
想定の5倍は長い宣伝になっちゃいました。
こっからは急ピッチで!笑笑


ドン!とバン!とオススメカフェ紹介します!!


鎌倉駅から由比ヶ浜に向かう途中にある、前知識なしでは絶対たどり着けないアンティークカフェ「Wander Kitchen  ワンダーキッチン」さんです。



ここハンパない。
ゴハンもケーキもめちゃくちゃ美味い。
アンティーク家具が、本場のセンス効きまくりで日本人がやりがちなインテリア要素がゼロ。
特にトイレが凄くいい。
こんなトイレのカフェは他で見たことがない。

というような感想でひじょーに
興奮するカフェに一度連れて行ってもらったことがあり、鎌倉に行く機会があったので今日またお邪魔してきました。
いやーまじで良かった。
ミートローフ食ったんですけど、最高でしたね。鎌倉駅周辺、かなり値段が割高なんでそれだけクリアしてれば是非行っていただきたい。


でも安売りもしたくないので
本当に興味がある人だけ
ググって行ってみてください。

ちなみに、このお店で写真を撮るなら
negSeaU79L.jpg
このアプリがマジんがーぜっとで
おススメです。
これすごい。
しかもめちゃくちゃこのお店に合います。
これで撮ると、普通の写真でアンティークカフェを撮ると少し物足りなくなると思います。

まあこれも人の趣味はそれぞれなので気になる人だけ使ってみてください。


参考程度に今日撮ってもらった写真と友達の写真あげときます。



_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3577.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3605.JPG
ランチ。
なかなかボリュームあります。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3583.JPG

a2DlMgYeRp.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3569.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3568.JPG




こんな感じ。
小綺麗なカフェが好きな人にはオススメしないでおきます。
マジで海外に来たと思って楽しんでみてほしい。
オススメ。


(特にトイレは絶対行って見て)←笑笑



ではでは またまた。









おはようございます! こーちゃんです。


今日はこれから夜まで遊びにいくので
友達が起きるまでの時間で今日のブログを更新しちゃおうと思いマンス



よし!ドバン!っと書くぞ!
今日はこちら!
僕のように腰の重たい、なかなかやるべき事が行動に移せない方!
は!



「数十秒だけやってみる」
をオススメします。





これはもう他にも沢山の方が
同じようなことを仰っているかもしれません。


ですが僕自身もこのやり方にすごく助けられているし理にかなっていて納得できるので、
まだ知らない方には是非やってみていただきたい方法なのでごわんす。



やることは簡単。
例えば英単語を覚えるとか。
食器を洗うとか。
部屋の掃除をするとか。
何でもいいんですけど。
いつもなら「やるべきとろこ、やるべきことぜーんぶやろ」って思っているのを「マジでやりたくないけどとりあえず◯10秒だけやろ。そしたらもうやめよ。」
と思って行動することをオススメします。


人間ね、やる前が一番めんどくさいのよ、何事も。
やってしまえばなんてことない。

でもやりたくないんですよね。


何故か???

考えてる時点では
「まだやってないから」です。


やる前までは、やるのも終わらせるのもぜーんぶがめんどくさい。


なので、掃除でも片付けでもなんでも。日々習慣化したいことでも。

「◯秒だけ」と決めてやってみてください。
例えば30秒。
タイマーをセットするしないは任せますが時間をわかるようにして

食器を洗ってみます。
スポンジに洗剤つけて、あわ立てて、洗い始める。


結構すぐなんですよね。30秒って。
食器が溜まってたりなんかしたら、全然終わりません。
でも、30秒しかやらないって決めてるんで、30秒たったらもうソッコーで好きなようにやめちゃってください。
ノルマ達成してるんで。
ハイ終わり!よくやった!まあね!やれば出来るからね!

なーんて思ってると、30秒と言わずこんな大した量もない食器くらいもういっぺんにササっと片してやるわ!なんて思い始めちゃって、結局全部やっちゃったりするんですよね。
なんならやり始めて手に泡とかついてんのに途中でやめる方がスゴい、イヤ。

ただそれでもやめたかったら
本当にやめてください。
あなたが今日やることはそれじゃなくて、寝ることか休むことか愛されることか分からないけどとりあえず食器を洗うことではありません。
30秒だけやったもの勝ちなので
どうどうとやめて好きなようにしてください。
で、他のやるべきことも30秒やってみて。
全部やってもだめだったら
その日はもうエロ動画見ながら
横になるしかない。
やることやってんだから全然なーんにもやましくない。(?)



という感じで、
英語の勉強でも(したくない)、
ブログの更新でも(したくない)、
トイレお風呂掃除でも(したくない)、
お金の計算、管理でも(したくない)、
散歩や運動、筋トレでも(特にしたくない)、
エッチなことでも(したい)



なんでも数十秒だけにして
やってみてください。


大体のこと、大体の時は
「やりたくない(でもやり始めると別にそんなに嫌いじゃないむしろ好き)」
なもの、意外とあったりします。





俺、チョロいんだなあ😂😭💦🙏❤️✨



というわけで、ではまた。


いいね増えました!ありがとう!😙


こーのちゃん









こんばんは!  こーのちゃんです。

前回は
「本は買わずに読むと読める」

「〈本を買ったこと〉によりいつでも読める環境に安心してしまい、いつしか目的が「読む」ことになる。でも読書の目的は読むことではなく得たものを「活かす」こと。〈買う〉という行為から〈情報を手に入れる〉という行為に変えるだけでどんどん本を読んで活かせるようになる」

について書きました。
その記事がコチラ↓  
「本を読むなら〈買わずに〉読む事のススメ」




と言うわけで今回は、
「本を買わないで読むのは良いけど、じゃあそもそも本ってどうやって選べば良いの?」

についての回答をしていきます。



オススメしたい本の選び方、

それはズバリ。



「書いてあることがショボそうな、クソだろうなと思える本を読む。」

です。




です。(目を輝かせながら)





どういうことかと言いますとですね、
みなさんやはり、どんなことに対しても
それぞれ多少の偏見を持たれて生きているとおもうんです。

僕もその一人です。

なので本屋さんにいってランキング順に並んでいる本の帯と表紙とポップを見て、



「あーこの本は表紙で言ってるほど大したこと書いてないんだろうな。」

とか

「こういう〈◯◯個の法則〉とか未だに信じて騙される人いるんだな」

とか

「いや、どうせこれ内容もないのに本にしちゃったんだろうな」


とか。とかとか。


読む前から
「これは面白そうな本」
「これは多分そうでもない本」


って決めつけていることありませんか?





まあ、結構僕自身は
そういう自分の感覚をわりと信じている方なので、それに助けられている事もそれなりにあるかとは思うんですが



が、しかし。



読書の場合は、
少しその感覚が当てはまらないかもしれない。
と思ってください。




本は「新たな考え方や方法など、今の自分自身にはないものを与えてくれるもの」。
「今の自分を変えてくれるもの」。



つまり、選んでる時点では
「まだ知らないもの」の中から読みたいものを選んでるんです。

なのに今の自分の「価値観」で
読むものを偏見で判断する行為は
どんなに感覚が優れていたとしても、なかなかナンセンスな事なんです。


なので、本を選ぶときに
今までの自分の価値観で「面白い」「大した事なさそう」を判断するのは、自分を大きく変えてくれる考え方や方法を今の自分が持つ偏見のせいで逃してしまいやすい
ということだと僕は思っています。



現に、僕自身
それを感じ始めてからは、
自分が「面白そう」と思った本と
「うわ、つまんなそ」と思った本と
両方を手にとって買わずに読んでみたりしています。


手応えとしては、著者が好きだから面白そうだと思っていた本がそこまで面白くなかったり、かと思えばつまんなさそうと思ってた本たちが立て続けに大当たりだったりと、

これは引き続きやっていくべきだなというような手応えを感じています。




まあ 面白い!って言われた映画を期待して見ちゃうと面白くない、逆につまんないよって言われてみてみると面白い、みたいなものかもしれませんが、


結局は自分のためになるものを
読むべきなので、
是非、みなさんにこの方法を
オススメしておきたいと思います。




それでは今日はこの辺で。


こーのちゃんでした。

いいねありがとうございます🙏🔥✨






↑このページのトップへ