どうもみなさんオハニチバンワ、ジョニー"二度あることは三度ある"柳川です。

どうやらまた三度目の緊急事態宣言が出るようですね、色々言いたいことはあれど、まあとても難しい時代ですね、、

またしばらく朝日を見て寝て昼過ぎに起きては粗茶をすすり餅を食って昼寝をし夕方に縁側で干物を焼き夜は自分で割った薪をくべて風呂に入り夜中は月灯りで読書をする、みたいな山籠りの仙人のような人との触れ合いを全くしない暮らしが続きますね。

人によってね、「いやコロナなんて別にさあ確率的に俺がかかるわけないし〜」みたいな人もいるでしょうし、この国のコロナにおける政策そのものに憤懣やるかたない方もいるでしょうし、まあそれはそれとして俺たちに出来ることは、「かからない、うつさない、持ち運ばない」みたいな、まあなるべく外出を控え、手洗い、マスクとか基本的なことやってくしかないですよね。

まあそれで今から明日のライブのお知らせをするってのも自己矛盾してるんですが、、

というわけで明日は以下のライブ。
まん延防止等重点措置の影響により、開演時間が変更になっております。

「2021 春の決勝戦」
2021/4/22(木)KOENJI HIGH
w/The HANGOVERS (Bass 鈴木淳)
開場17:30/開演18:00に変更になりました。
料金:前売り3,000円/当日3,500円
配信:2,000円

配信チケット

ZAIKO

https://koenjihigh.zaiko.io/_item/338197

開演開始時間変更に伴う払い戻し情報は以下をご覧下さい。
http://koenji-high.com/schedule/?sy=2021&sm=4&sd=22


我々の出番は19時からです、時間の都合上、終演後の物販はありませんので、ご了承ください。

諸般の事情が許す方は、STAY SAFE!で遊びに来てくださいませ。

それではまた!




今日4/22は故・チャールズミンガス大先生の誕生日だった!

どうもみなさんオハニチバンワ、ジョニー"ビートモーターズ のライブは昨年12月以来"柳川です。

いやだいぶ空いたね。期間空いたね。
我々に限らず、コだもんでなかなかライブは難しい状況が続きますね。

なんやかんやで3ヶ月期間あいた上に、コ前とコ後では日々の暮らしも変わりますしね、ライブ前にブログを書くっていうのを完全に忘れていた。今3時すぎだから滑り込みセーフだな。

今回の2回目の緊急事態宣言期間中はインスタで主に掃除レコードと題して週5で駄文を書き連ねて、おこがましいというか、恩着せがましくいうと、まあちょいと少しでも人々の暇つぶしになればと自分なりにがんばってみたんですよね。

本来より宣言が延長に延長を重ねて、当初より色々制作ものが重なるなとわかっていた時期まで掃除レコードをやることになったのは想定外だったから後半ちょっと雑になってしまったね、すまないね。

日本はまだ広くワクチン接種できるまでまだまだ時間かかるしね、てかそもそも都内飲食店に限って言えば4月もそんなに制限変わらないしね、しばらくまだこのコの感じは続くだろうので、また機会があればやります。

というわけで明日は久々のビートモーターズ のライブで久々の横浜。

「ザ・ビートモーターズ remote live from Thumbs up」(ワンマン)
2021/3/27(土)Thumbs up
開場17:30/開演18:00
料金:前売り3,000円/当日3,500円
【チケット予約・前売り】
TEL:045-314-8705

Mail予約はH.P.から
https://www.stovesyokohama.com/contact/

ツイキャス プレミア配信♪
配信START 18:00 / 視聴料金 ¥2000-

販売ページ

*2週間アーカイブ配信有り(配信期間3月27日(土)18時〜4月10日(土))
*チケット購入者は配信期間中、PCやスマホから何度でもご視聴頂けます。
*チケット購入方法・視聴方法・その他視聴に関するお問い合わせは
ツイキャスヘルプ
https://twitcasting.tv/helpcenter.php?pid=HELP_PREMIER_LIVE_BUY をご確認下さい。

ワンマンなので当たり前ですがたくさん曲やります。

諸々の状況が許す方は是非ライブハウスで、難しい方は家でみかんでも食べながら配信で是非。

まあね、なんというか、焦ることないですよ、あと色々むずかしく考えることもないです、もうここまできたら手洗いうがいマスクはしっかりして、まあのんびりいきましょう。

STAY SAFE!!

それではまた!





挾間美帆さん、ジョンスコとまでやってたとは、、曲のクセもすごい。

数えたら今日でぴったり30回目でした、、本日で最後の掃除レコードなので、今日は別に掃除せんでただ好きなNick Lowe並べてみたよ、の巻。

なんとなく最後はニックロウでしめたかったから強引に並べてみました。
盤自体は、UK、USのオリジナル盤たち。
あ、「Pinker & Prouder Than Previous」だけカナダ盤なんだけど、盤のピンク色が綺麗だから見てってよ奥さん。てか最近再発ものでカラーレコード特に増えた気がするのは気のせいかな、知らんけど。

私、ニックロウ好きなんですよね、いやニックロウ嫌いな人って今んとこ一人も会ったことないから多分地球上の人全員好きなんじゃないですかね。

ニックロウおじさん、いやもうおじいさんだね、今度の3月24日で72歳になる、イギリスの偉大なるミュージシャンです。肩書きが非常に難しいですが、シンガーソングライターでもあり、ベーシストでもあり、音楽プロデューサーでもあり。

最近でも精力的に音楽活動しておられます、最近はmoreカントリー寄りです。

は?ニックロウだれ?って人でも「Cruel To Be Kind(邦題は「恋するふたり」)」とか左上のロックパイルというバンドの時の「Heart」とかニックロウ自体を知らなくても曲だけは聞いたことあるなって人も多いはず。
ニックロウはロックパイルもそうだしブリンズリーシュオーツとか色々バンドやってたりもするんだけど、リトルビレッジっていうライクーダーとジムケルトナーとジョンハイアットと一緒に組んだスペシャルバンドあるんだけど、あたいライクーダーも大好きだしジムケルトナーももちろん好きだから、もうそれは柴田恭兵と舘ひろしと仲村トオルとベンガルって感じで最高だよ。

いやあうまく言えないな、書けば書くほど核心から遠のくな。

「なんか今日はニックロウ聴く気分じゃないな」って事があんまないっていうか、いつ聞いてもスッと入ってくるんだよね、なんていうのかな、自分にとっての白ごはん?味噌汁?

いやあなんか違うか、、まあもういいか、、最後なのに文章のキレが悪いな、、

というわけでコが一旦落ちついて宣言があけるまでやってみようでやってきましたが、宣言はもうすぐあけるけどなんやらそう簡単でもない匂いがプンプンしますが、一旦これにて閉店レコード。
読んでくれた人どうもありがとうございました!
いやあ音楽って本当にいいもんですね!
さよならさよなら、さよならッ!
STAY SAFE!

#nicklowe
#掃除レコード


↑このページのトップへ