映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『ラ・ラ・ランド』といい、
毎回幅広い役を演じる、
表情豊かでキュートな
エマ・ストーンに釘付けだった。

そんなわけで、
『クルエラ』を観ないわけがない。



『101匹わんちゃん』に登場する、
悪名高きヴィラン“クルエラ”の
誕生秘話を描いたのが今回の作品。

白黒ヘアーの少女。
男の子との喧嘩にも容赦なく、
先生と、母親をハラハラさせるなど、
幼少期からすでにぶっ飛んでいたクルエラ。

そんな中、あるきっかけで母親を失い
帰る場所が無くなったクルエラは
同じような境遇の男の子(泥棒少年)2人と出会い
新たな生活を始めるというようなはじまり。

個人的には
突っ込み所はあったものの、
それすら含めて、
飽きる事なく観ることのできた作品。

ホレイスのギャグセンスがツボだったのと、
わんこ達が可愛すぎてどうしようかと思った。。😵‍💫

エンディングには、
Florence + The Machineが歌う
「Call me Cruella 」が流れる。
もう完璧なフルコース。ルンルン気分で帰宅。